オルガ

1999年に公開された映画『ゴジラ2000 ミレニアム』に登場した怪獣。別名「宇宙怪獣」。
身長75メートル、体重4万トン。某アニメの博士や三馬鹿の一人ではないし、某ウクライナ人とも無関係。

元々は6千万年前にUFOに乗って地球に飛来した宇宙人「ミレニアン」だったが、海底に沈んで活動を永らく停止。
そして、遥かな時を経た西暦1999年、鹿島灘沖にて探査艇が当てたサーチライトの光で復活する。
長い宇宙航行に耐える為に量子流体化してしまった肉体を取り戻すため、ゴジラが持つ特殊な細胞小器官「オルガナイザーG1」を狙い、
東海村上空での自衛隊との三つ巴戦を経て、新宿にて遂にゴジラから細胞を吸収することに成功する。
しかし、オルガナイザーG1はゴジラ以外の生物には制御できず、一時は元の姿を取り戻したもののすぐに崩れてしまい変異
怪獣オルガの姿へと成り果ててしまった。

オルガに変化して以後は、左肩から放つ波動攻撃や、周囲の物体を宙に浮遊させる超念動を攻撃手段として用いる。
ゴジラとの激戦の最中、噛み付いてエネルギーを吸収し、身体に鱗を生やすなどして更に変異、
最終的には大きく裂けた口でゴジラを丸呑みして背ビレまで生やしながら完全な同化を図ったが、
ゴジラの体内放射で消し飛ばされる最期を迎えた。

(以上、Wikipediaより抜粋・改変)

ゴジラ由来の細胞組織をベースに生まれるというあたりはビオランテを思わせるが、まさかの死因まで一致というのはなんとも因果を感じる。
(ビオランテも丸呑みを試みて体内からの攻撃で爆散)

ちなみに海外だと、『2000』が劇場公開されていたということもあってかオルガの人気はかなり高いようである。
もとは海外製のゲーム『ゴジラ怪獣大乱闘』シリーズにもGBA版を除く全てに登場していることからもそれが伺える。
また余談だが、2014年版『GODZILLA』に登場する怪獣・ムートーは、オルガに似たシルエットをしていたりする。
ついでに言うと倒され方も微妙に似てる気がする

+ 変身前のミレニアン

ゲームにおいては『ゴジラ怪獣大乱闘』シリーズに登場。
一作目は隠しキャラ、次作『ゴジラ怪獣大乱闘 地球最終決戦』では通常時の最終ボスと割と重要ポストを任されており、
操作キャラではないものの『地球最終決戦』一部ステージではミレニアンも登場する。(なぜかミレニアンの方がサイズがでかいが)
また、海外でのみ発売された続編『Godzilla: Unleashed』でも参戦しているが、ゲームボーイアドバンス版では容量の都合で削られ不参戦。
キャラ性能としては動作は鈍いが、大振りで攻撃範囲に優れた豪快な攻撃を持ち、投げ技も得意。勿論、波動攻撃も使える。


MUGENにおけるオルガ

ザ・ネクスト等の作者でもあるnamasu氏により、手書きキャラとして製作されたオルガが無限ロダで公開されていたが、
現在は無限ロダの閉鎖により入手不可能。
氏曰く、ミッシングパワーカンフーマンの差し替え+流用なので、CNS以外は改変公開OKとのこと。
AIは簡易なものらしいが、本体の攻撃力が非常に高いうえに、同作者のネクスト同様に動きが素早いため、
並キャラ相手なら良い勝負をすることもある。
また、更新によりナイトメアガメラのライフ自動回復が実装され、より手強くなった。

その他、オルガ公開前に同氏による未完成版が「ちびオルガ」として無限ロダで公開されていた(現在は削除)。

出場大会



添付ファイル