"ミッシングIQ" ゴメス

「おめえ弱えなあ。

 まだフリークのほうが強えんじゃねえか?」

   "失われた知性"
     ゴメス    -Gomes-
+FIGHTERS PROFILE
フルネーム:"ミッシングIQ" ゴメス(Missing "IQ" Gomes)
海外名:King Rasta Mon(キング・ラスタ・マン)
所属:CWA
身長:198cm
体重:150kg
年齢:23歳
出身地:ドミニカ共和国 サントドミンゴ
得意技:かみつき
好きな物:フライドチキン
キャッチコピー:「失われた知性」、「原始の王者」

カプコンのマッスルボマーシリーズに登場するレスラー。
お猿(名前はフリーク)といつも一緒にいる。海外版での名前は 「King Rasta Mon」。
Kingは王、Rastaはジャマイカ音楽のレゲエ、MonはおそらくMonkey(猿のモンキー)の略称?
「ジャマイカの猿の王様」……と書くと、聞こえはいい。ってドミニカ共和国じゃないのかよ
ジャマイカとドミニカ共和国は互いに近い場所にあるので、ひょっとして間違えられた……まさかね

キャラクター設定


ジャングルで生まれ猿に育てられたという噂。年齢23歳も本当の所はわからない(というか出身地のドミニカ共和国は島国だし…)。
「失われた知性」というひどい触れ書きだが、むしろ最初から知性が付くことなく育ったのでは……
性格は純粋。人間の言葉が苦手らしく、口調がかなり不安定。実はTVアニメで人の言語を学習した。
口調が一定しない事は、キャラ崩壊につながる事が多い。しかしゴメスにとってはむしろキャラ崩壊ではない。
これもTVで身につけたのかは不明だが、アピールも豊富だ。
舌をレロレロしたり、尻を振ったり、『嗚呼!!花の応援団』の青田赤道の「クエックエッ!」のポーズだったり。

私生活もぶっ飛んでいる。
久々の休日で日本に来たかと思いきや、彼は自然と動物園に足が向かい、なんと動物園内の猿のエリアに乱入。
ボス猿とケンカして勝利をおさめ、猿山でも頂点を極めるエピソードをカプコンファンクラブ誌にすっぱ抜かれた。

野生育ちと言えばブランカを連想させるが、ブランカよりも思考は単純である。
ブランカはシリーズを重ねるごとに、優しさと母への思いやりあふれる知性がプッシュされたが

「ウキキキッ!フリークぅ疲れちゃったよぅ…」

「フライドチキンでも食って マットの上でおねんねしよ~っと!」

これがゴメスだ。
大会で優勝しリングの上で皆に表彰されている状況のなか、この態度である。
欲望に忠実すぎである。これで強いのだから恐ろしい話だ。まさに純粋な暴力。
タッグ「EXOTIC WARRIORS(エキゾチック・ウォリアーズ)」の相方であるブドーがどう思っているのか気になる。

大会に参加した理由もフリークのためという単純明快な理由である。
しかも野生育ちを生かした戦闘スタイルは、フリークから伝授されたものという。
フリークとゴメスは一心同体なのだ。というかフリークが本体なのでは……

これがフリークだ。
IQ200というビックリ天才頭脳。彼の能力は大企業のトップたちにも評価されているらしい。
企業の識者200人にアンケートをとった結果、特にゴメスをあそこまで強くした指導力を買う声が多いとのこと。
なかには某国の保守政党からもラブコールが来るという嘘のような話まで。
しかしフリークはそんな事よりも、ゴメスの勝ち負けが気になるようだ。
なんだかんだでゴメスとフリークはいいコンビなのだ。

「お、俺は、つ、強いぞ。だ、誰にもま、負けないぞ。」

「フ、フリークのい、言うとおりやって、か、勝って、フ、フリークを喜ばせるぞ。」


+原作での性能
  • マッスルボマー
「ジャングルパニック」B連打
ゴメスがものすごい顔をして両手をブンブン振り回してじたばたする技。鳥ががんばって羽ばたこうとする姿に見える。
発動中は左右に移動可能。ジャングルパニックというより、ゴメスがパニック状態。
「ハリケーンストンパー」相手をつかんで ↓ ↑ + アタックボタン
相手を抱えて縦に回転しながらジャンプし、相手を地面に投げて叩きつける技。

  • マッスルボマーDUO
「これを出しておけばいい」というのがなく、クセのある技が多いが、使いにくいというわけでもない。
実は攻撃、防御、スピードの性能でみると、意外に平均値でまとまってるスタンダードキャラ。
プレイヤーの腕に左右される自由度の高いキャラなのかもしれない。1対1の時も支障なし。
欠点は、このゲームはファイナルファイトっぽくリングを上下左右に動くので、ゴメスには上下の軸からの攻めに対抗策が乏しい。
ゆえに、タッグの相方を助けるためのカットの性能はあまりよろしくない。
「ジャングルパニック」は気絶させやすい技に。ダウンが奪えないので要注意。
ガードさせるタイミングによっては、当て投げに使える模様。先に掴まれてしまう可能性もあるが。
「ハリケーンストンパー」は威力が低いうえに追い討ちもしづらく、スキも大きいので使いどころが難しい。
ダッシュジャンプ中Aの「フライングネックブリーカー」のほうが、追撃もできるしハメも行えるので使えたりする。
「ワイルドタックル」は新技。 ↓ ↑ + B 。
放物線を描く、素早い回転体当たり。ブランカのバックステップローリングっぽい。
発生は早いが、縦には移動してくれないので、奇襲や追撃向けか?一応、対空にも使える。ガードされないように注意。
上級者テクニックだが、ジャングルパニックのようなスキの大きい技の終わり際に出せるようになれば強い。

  • スーパーマッスルボマー
相変わらず平均的な数値にクセのある技をもった、上級者向けキャラ。
コンボも乏しく、飛びが通りやすいくせに空対空は普通。新技のモンキーヘルパーを使いこなせば活路はある。
新技「ジャングルクライム」 ↓ ↑ + K
バタ足でななめ前方に上昇してしまうトンデモ技。こちらもジャングルパニック同様、ゴメスがものすごい顔になる。
密着して出さないと、全段ヒットどころか空振りして反確をもらってしまう。無敵がないので対空には使えない。
新技「モンキーヘルパー」 ↓ ↘ → + P
フリークを呼んで、スタンドやヘルパーのように、自分の傍に待機させる技。
再度Pを押すか、他の必殺技を発動させると、フリークが体当たりをする。ヒットすればダウンを奪える。
フリークとゴメスの距離によって、フリークの移動時間や、ゴメスのスキの大小が変わるというやり込みがいのある技。

MUGENでのゴメス

ですからー氏のものが存在。
ハリケーンストンパーのレベル3が殺す気かというくらい跳ね回るようになっているほか、
Similだと敵のタッグ相手にもあたるようになっている。
オリジナル超必はジャングルクルーズ。回転しながら跳ねて突っ込む、ほぼブランカのグランドシェイブローリングな技。

なんと試合中はフリークの家族(というよりゴメスの家族?)のお猿たちが後ろで応援してくれる
ゴメスの攻撃がヒットすれば手を叩いてよろこんでくれる。いわゆる初期のKOFであった味方応援のアレ。
ゴメス自身もやたら試合中にアピールをかましてくれる。
ボイスはキン肉マンのゲームに登場するワニの悪行超人スニゲーター(声優は二又一成氏。サザエさんの三河屋サブちゃん)
ちなみにスニゲーターの出身はアフリカのコンゴ共和国だったりする。

AIはですからー氏のものが入っている。11段階に調節可能で、デフォだと7。

+大会ネタばれ
MUGENプロレス チャンピオンシップバトル!』で、マーストリウスと紀元前タッグを結成。
マーストリウスの牽制とゴメスの奇襲が噛み合い、対戦相手のグリフォンマスククラウザーを圧倒しての快勝。
MUGENプロレス界に新たな名コンビが誕生した。

なお、この日の最終戦はハガーヒューゴー


「ウキキッ!おれ、つよいッ!」

出場大会

プレイヤー操作