ジーノ


「僕は、天空の使者! そして星を追う者!
 その星の欠片は、みんなにとって大事な物だ。返してもらうよ。」

任天堂とスクウェア(現スクウェア・エニックス)が共同制作した『スーパーマリオRPG』に登場するキャラクター。Godzilla In Name Onlyの略語ではない。
カジオーによってバラバラにされてしまったスターロードを直すために夜空の世界からやってきた存在。
こちらの世界で行動するために、ローズタウンにある宿屋の息子トイドーのお気に入りの人形に精神を宿らせる
ジーノ人形>>>越えられない壁>>>マリオ(11:46~)
共同制作しておいて、マリオを自開発側のオリジナルキャラの踏み台にするスクウェアは実に良い根性をしている。
その後、任天堂とスクウェアの間に冷えた空気が流れ込んだのとは関係ない…と思う、多分。

シナリオでは「ハナチャンの森」にてマリオたちと出会い、彼の使命に同意して二人目の仲間となってくれる。
彼との出会いによって今回の旅の目的が明確に定まるので、作中におけるキーマンといえる存在である。
「ジーノ」というのはその人形の名前から取ったもので、スター語での本名は異なるがマリオワールドでは発音しづらい名前らしい。
冷静沈着な性格と少しキザな喋り方が特徴で、攻撃そのものも指先や腕から放つ銃弾やビームなどヒーロー然としている。
果ては輝く円盤カッターを投げたり、空へ指令を送りレーザーの雨を降らせたり、自身が砲台へ変形して巨大な閃光弾を発射する等ロマン溢れるボディ。

+ エンディング ネタバレ注意

十数年経った今も人気のあるキャラクターであり、後の『マリオ&ルイージRPG』にもミニゲームのチョイ役として登場した。
ただしマリルイのジーノは単なるミニゲーム解説役の人形なので、口調は似ているがあの「ジーノ」本人ではないと思われる。
また、エンディングクレジットにはジーノの版権をスクウェア・エニックスが有している旨が記されている。
ちなみにこの『マリルイ』製作元のアルファドリームは元マリオRPGスタッフの一部が立ち上げた会社のひとつである。

その後のマリオシリーズには今のところ出演していない。
版権的に今後のマリオ出演は難しいと思われるが、『いただきストリート』や『MARIO SPORTS MIX』など、
任天堂とスクエニのコラボは今でも時たま行われているので、その内ジーノにお呼びがかかる事もあるのかもしれない。

戦闘では直接攻撃・魔法攻撃・味方補助を使用できる万能タイプ。
物理・魔法攻撃力は全キャラ中2位まで成長し、防御面も悪くはない。
また、素早さの初期値は味方中トップなので、多くの場面で先手を取れる。
味方の攻撃力と防御力を一度に上げられる「ジーノウェーブ」や、
相手によっては9999ダメージを叩き出す「ジーノカッター」など、スペシャル技も強力なものが多い。
対単体への火力が物足りなく、燃費が多少悪いのが玉に瑕だが、それでもお釣りが来るほど便利なので問題ない。
武器は腕に組み込まれた銃やロケットパンチ。防具はマントとなる。
というかよく見るとこの人、裸にマントな出で立ちであるが、人形なので何ら問題はない


MUGENにおけるジーノ

マロと同じく達氏が自作ドットで作成している。AIも11段階のものがデフォルトでついている。
原作と同じく中~遠距離戦を得意とする。ただし、近づかれた際の切り返しにやや困る。
タッグでジーノカッターが当たれば一発逆転が狙えるだろう。
atkが1.5倍でゲジマシ状態になる「ダークジーノ」という特殊カラーもある。

+ 技説明


「サァ!行こう。」


出場大会

  • 「[大会] [ジーノ]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル