ニコ・ロビン


「咲く場所を厭わない私の体は… あなたを決して逃がさない」

『週刊少年ジャンプ』連載の漫画『ONE PIECE』の登場人物。
アニメ版の担当声優は山口由里子氏。『新世紀エヴァンゲリオン』の赤木リツコのイメージが強かった同氏にとって
一つの転機となったキャラクターでもある。なお山口氏が産休で一時降番した際は小林優子氏が担当している。

考古学者の女性で賞金首、懸賞金は7900万ベリー(登場時)。2月6日生まれの28歳(登場時)、身長は188cmと女性にしては長身
そして戦闘力B99(Iカップ)・W59・H89とかなりのもの。これは峰不二子(B99.9・W55.5・H88.8)に匹敵する。

超人系悪魔の実「ハナハナの実」の能力者であり、任意の場所に自分の体の一部を「咲かせる」事が出来る。
手足なのに、なぜ「花を咲かせる」?と思う人もいるかもしれないが、実はこれは大昔の医療関係の業界用語でもある。
手足などを人体に移植するときに、移植する体の部分を「ハナ」、これが転じて「体を移植する」=「ハナを咲かせる」と呼ぶことがある。
この能力で咲かせた手を駆使したサブミッションを得意とし、対人戦、特に集団戦や混戦で無類の強さを発揮するが
技の性質上、実体の無いロギア系の能力者とは相性が悪い。

作中での活躍

原作ではアラバスタ編で「ミス・オールサンデー」名義で初登場。
王下七武海の一角であり秘密犯罪会社バロックワークスの社長、サー・クロコダイル
古代兵器「プルトン」の情報を提供するという条件で副社長として組織に身を寄せていた。
優秀な働きを見せていたようだが、裏でルフィ達を助けたり「兵器を渡すつもりは無かった」と言っており
信頼や忠誠心は薄かったと思われる。まあクロコダイルも元から(誰のことも)信用していなかったが。
アラバスタ編の最後ではクロコダイルに重傷を負わされた事と生きる目的を失った事で死のうとしたが、
ルフィに無理やり助けられ、その後はいつの間にか船に乗り込み半ば強引に仲間になる。

初めは警戒されていたがあっという間に溶け込み、ロビン自身もルフィ達に心を開く様になってきたが、
ウォーターセブンで政府の組織CP9に接触を受け、麦わらの一味へバスターコールを仕掛けない事を条件に
政府に身を預けるよう脅され、そして条件をのみ一味の命を守ろうとする。
+ バスターコール

それを知ったルフィ達はロビンを救う為にエニエス・ロビーへ攻め込み、仲間の為に躊躇無く世界政府に宣戦布告。
激戦の末、ルフィ達に助けられて一味に復帰した。この事件後、懸賞金が8000万ベリーに上がった。

シャボンディ諸島での戦闘中に、七武海のバーソロミュー・くまの肉球によって
東の海のテキーラウルフに飛ばされ重労働に使役されるが、革命軍に助けられた。
革命軍もロビンをオハラの生き残りとして探していたようだ。
その後、ルフィの父であり革命軍リーダーのドラゴンに会うため革命軍に連れられバルティゴに向かう。
その時に「自分以外のために強くなろうなんて、思いも寄らなかった」と心境をつづっている。
他の麦わらの一味同様、ロビンにとってもルフィは大きな存在になっていたのだった。

+ 二年後のニコ・ロビン


MUGENにおけるニコ・ロビン

  • talic氏制作
ドットは『ジャンプアルティメットスターズ』のもので、ちびキャラでボイスは無い。
キャラの特性上ちびキャラの割にはリーチがある。必殺技はゲージ消費のものしかないが発生が早く攻撃範囲も広めなので使いやすい。
AIは無い。

  • Kenshiro99氏制作
ドットは『ONE PIECE 大海賊闘技場』のもので、ちびキャラではない。こちらはボイス付き。
MVCっぽいアレンジになっており、チェーンコンボやエリアルレイヴが可能。
ホルン氏のAIが存在し、元々の性能もあってかかなり強い。
これからの活躍に期待。

出場大会

  • 「[大会] [ニコ・ロビン]」をタグに含むページは1つもありません。