クローンゼロ




 「ゼロを超える者は…ゼロしかいない…」

格闘スタイル: 主に打撃攻撃+カッター攻撃
誕生日: 10月7日(44歳)
身長: 193cm
体重: 88kg
血液型: O型
スリーサイズ: 不明
出身地: 不明
趣味: 仕事
大切なもの: 変身能力
好きな食べ物: 寿司、すきやき
嫌いなもの: 裏切り者
得意スポーツ: ゴルフ、野球
CV: ふとがね金太


THE KING OF FIGHTERS』 に登場するキャラクター。KOF7代目ラスボスとして『2000』に登場。
闇の組織・ネスツによって生み出されたオリジナルゼロのクローンで、組織の上級幹部。
コードネームは「 01(ゼロワン) 」。ゼロの一番目のクローンという意味だろうか。
当初はオリジナルゼロが登場する予定はなかったため、クローンという設定は後付けと思われる。
(スタッフによるとちょうど2000の時はSNKがヤバかった時期でゼロをうまく作りこめず、もう一度出したかったらしい。)
そのため単に「ゼロ」と言った場合はこちらのクローンを指すことが多い。

クリザリッドの上司にあたり、『'99』での世界同時テロ作戦を統括していた。会社でいうと 部長 に相当する立場である模様。
しかし作戦の最終段階で失敗したクリザリッドをあっさり見捨て、隠蔽のため始末した(生きていたが)。
『2000』でネスツ主催と見せかけてKOFを開催し、K'らをおびき出して身柄を拘束しようとした「リング機関」
ヴァネッサセスの所属する組織)の司令官であるリングを暗殺、
クローンを仕立ててハイデルンの部隊と連携を取らせ、情報を錯綜させると共に機関を掌握。
対ネスツ用の衛星兵器としてリング機関が用意していた「ゼロ・キャノン」のコントロール能力を奪う。
……というのがネスツの書いたシナリオだったようだが、自らが新世界の頂点に君臨するという野望を持っていたクローンゼロは、
顔を変えてリングそのものと摩り替わり、KOFを通じて生じる格闘家たちのエネルギーをゼロ・キャノンに転送させ、
これを武器にネスツ乗っ取りを目論む。つまり反乱である。
結局、彼はネスツ本部から送り込まれたダイアナフォクシークーラ・ダイアモンドらによって粛清され、
最後は彼女らの工作によって誤作動を起こしたゼロ・キャノンを発射させた結果、自滅。
そのゼロ・キャノンもクーラによって破壊され、世界中に散らばっていた他の19機も誤作動によって自爆した。

……という話だが、あまりにも ややこしすぎて訳が分からなかった ため、多くのプレイヤーの理解は
チョビヒゲが出てきて倒したら勝手に死んだ 」程度に留まった(実際その通りだが)。
まぁ、それでも次の年よりは遥かに分かりやすいのだが。

なお、ハイデルンを拘束していたのはリングのクローンであり、こちらは大した戦闘能力はない模様で、
原作では 手刀であっさりやられ 、小説版でも 挿絵付で瞬殺されていた
(なお、小説版2000内ではこの人物「自分はリングのクローンではない」と言っているが、どこまで本当なのかは不明。
 原作にある「リングのクローンとゼロが同時登場」のシーンは存在せず、一見彼自身がゼロのような話しぶりだったが、
 彼がハイデルンに倒された後もゼロの声が聞こえる描写があるので、嘘でないとしても「(クローン)ゼロのクローン」、
 でなければ「自分がゼロと思いこんでいたorゼロのふりをしていたリングのクローン」による影武者と思われる。)
また、ネスツを自ら裏切っておきながら、嫌いなものが「裏切り者」となっているあたりに彼の人間性が垣間見える。
ひょっとしたらネスツを裏切った原因は別の誰か(上司?)に裏切られたからなのかもしれない・・・
しかし似たような境遇のウィップには何か同じものを感じたのか、最後に真実の入ったディスクを手渡すという一面も見せた。
韓国チームのEDでは、ギャグ丸出しな情けない姿でスタッフロールに移行したりもするが。
チョビヒゲがG.E.レクイエム食らったようです。

上記のプロフィール通り、好きな食べ物は「寿司とすき焼き」。得意スポーツは「野球とゴルフ」。
これだけ見てると、正直 普通のおっさん である。

で、このクローンゼロ……何も知らずに戦う分には ただのおっさん だが、 技名がもじったりすることもなく羅将ハンの丸パ○リ
実際、 髪型やヒゲの形などもそのまんま 。ただ、顔つきや体型は微妙。
なお、ハンはこんなおっさんではなく、以下の通り渋くてクールなナイスミドルである。誤解なきよう。

一応このスカートはネスツによって開発されたバトルスーツで、クローンゼロの意のままに動く設定だが、
この『2000』の開発段階では既にSNKの経営は相当末期的だったようで、
「見た目だけ?もじるだけ?ええい、 生ぬるいわ!
という、SNKの誇るパク○魂最後の意地が込められたキャラだったのかもしれない。

そして、『2002UM』で復活を果した彼(名前がC-ZEROに変わった)のMAX2の名前は、「 暗琉天破 」。
原作では、ハンが扱えなかった北斗琉拳の奥義だが……
ここまでくると、本当に徹底していると言わざるを得ない。

なお、この顔は元々リングのものであり、本来の顔はオリジナルに準じたもののはずである。
だが、ゼロに見捨てられたことがトラウマとなったクリザリッドは、『2001』で嫌いなものがチョビヒゲの人となっていた。
『99』で見捨てられた時点では、まだゼロはリングと入れ替わっていなかったはずなのだが……
さらに言えば、彼は途中からクローン・リングと入れ替わってゼロ・キャノンのジェネレーターの傍に行っていたわけで、
ハイデルンと同行していたわけではないため、 そもそもリングと同じ顔である必要すらない
というか、最初から「リングを殺して彼のクローンとすり替えた」か「リング(本物)がゼロの傀儡クローンだった」で十分のはずなのだ。
どうやら彼は、もともとチョビヒゲを好む ヒゲマニア だったようだ。
+ ※顔芸注意

なお、冒頭の台詞「ゼロを超える者~」の元ネタは、
寺沢武一のSFアクション漫画『コブラ』に登場するバトル・アーマロイド、ブラックソード・ゼロのセリフ。
「超える者がゼロ(いない)」という意味合いで名付けられたバトル・アーマロイドであり、この台詞も2000時点ではそうした意図だったのだろう。
奇しくも2001でオリジナルゼロが登場したことで上記の台詞は本当になったが(どっちがどのゼロを指すのかは不明)。

また、ゼロがリング機関から奪った衛星兵器ゼロ・キャノンは、
外見や破壊されるシーンが映画『AKIRA』の衛星兵器SOLそのまんまである。

原作中の性能

技性能が高く、特にスカートを使用した技のヒット数、削り値は驚異的。
オリジナルと比べて技が多いのも特徴で、元ネタとなった人の技を 全て搭載 していたり、他の人の技のようなものも使えたりする。
他人の顔を模しているという設定と関係があるのかは不明だが、気絶時には頭部が真っ黒に歪んだものに変貌する。
しかし、搭載AIの関係で『'97』版オロチに匹敵する 歴代最弱ボス候補 であり、
一定の間合いで垂直ジャンプふっとばしを出すとゼロの方から当たりに来てくれるので、これを繰り返すだけで勝てる。
ぶっちゃけレバー上に入れっぱなしにしてタイミング良くCD押してりゃ目をつぶってても勝てる。
そのうち気絶するので、先述の黒く歪んだ顔を見るのも簡単。
またゲージも溜まってると思うので、あとは龍虎乱舞など好きなように。

そうでなくても、小足を振ってると斬風燕破を使ってくるので、それをガードしてからダッシュ攻撃が間に合う。
そこからコンボが入るので、KOFに慣れた人なら出た当初からこちらの方法でも安定して勝てたため、他のボスより苦労したという人はほぼいない。

再登場した2002UMではしゃがみモーション及びしゃがみ通常技が新規に追加され、ふっとばし攻撃にカウンターワイヤー付加、斬風燕破の硬直が減少などの強化が施された。
さらにCPUのAIが大幅に強化され、相応に手強くなった。

+  オリジナル・クローン共通技
+  クローン専用必殺技

参考動画

MUGENにおけるクローンゼロ

ニコニコ動画で見かけるのは主に以下のもの。
ニコMUGENでは白羅滅精を放つ際に「んんんんんん」弾幕が流れることが多い。
+ GONZO-氏制作 2000+アレンジ仕様
+ ICCHA氏制作 2000+アレンジ仕様
+ TightRiam氏制作 2000仕様
+ Men'sClub氏制作 2002UM仕様+アレンジ仕様

アレンジ・改変

+ 製作者不明 ZERO_COL
+ しげふらいど氏制作 HIGE
+ しげふらいど氏制作 Z.E.R.O of N.E.S.T.S
+ (笑)氏制作 Zero_Belmont
+ (笑)氏制作 クローンゼロ-SS
+ Y&K氏制作 02
+ BK氏制作 Not a Number
+ しもつき氏制作 羅将ゼロ
+ RYO2005氏制作 ROTD仕様
+ ピヨ=ブラックバーン氏製作 狂化クローンゼロ
+ shobon氏製作 アレンジ仕様

他にも海外含め改変キャラは存在。しかし、オリジナルゼロのほうが数は多かったりする。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12566192
+ 大会での活躍(ネタバレ注意)
+ ストーリー動画などニコニコMUGENでの扱い
+ 余談:我が拳は疾風ボイスパッチ

出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ 一覧