真崎杏子


「でも私、あの声を忘れないわ……
  だって、あの声の主に恋しちゃったんだもの…」

『週刊少年ジャンプ』誌で連載された高橋和樹の漫画『遊☆戯☆王』、並びに同作を原作としたアニメの登場人物。
「まざきあんず」と読む。「きょうこ」ではない。 昨今は検索するとそっちばっかり出るが…。 なお果物のアンズもこう書くのでDQN読みではない。
アニメ版での声優は、東映版はかかずゆみ氏、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』以降は齊藤真紀氏が担当している。

主人公・武藤遊戯の幼馴染である面倒見が良い少女で、童実野高校の2年生。
高校卒業後はニューヨークに渡ってダンサーになるのを夢とし、
実際に作中でダンスバトルゲームで対決した際には、相手に妨害されてもパーフェクトという実力を誇っている。
原作初期では、渡米の為に校則で禁止されているアルバイトに勤しむ姿も描かれ、最初はバーガーショップで働き、
そこを(校則以外の事情で)クビになった後は海馬ランドのDEATH-Tで再度アルバイトを始めたが、結局そこも辞めている。

序盤では闇遊戯には幾度となくピンチに巻き込まれた際に救われており、彼に恋心を抱いている。
尤も、目隠しされていた・意識が朦朧としていた等の理由で彼を遊戯(もう一つの人格)と認識出来たのはかなり後であった。
声だけは最初に聞けていたが、自信に満ちた話し方やこんな助ける勇気は遊戯にないだろうと認めていなかった。ひでえ。
そして己の想い人を知ったのちも勿論その気持ちは変わらず、でも露骨な好意表現はせず彼を支えていった。

「表の遊戯」は彼女に惚れている為、「もう一人の自分」に杏子が好意を抱いていることには複雑なところもあり一種の三角関係を成していた。
だがのちに彼女と(事実上)デートすることになった際はあえて人格をもう一人に譲るなど、杏子の気持ちを察してあげる様子もある。
しかし杏子も闇遊戯への憧れと同時に表遊戯の成長や自分への真摯な想いを受け止め始めている。
……肝心の闇遊戯は杏子とのデートよりもカードを買うことのほうが楽しそう、という有様だったが。

作品がカードゲーム路線になって以後、デュエルをしている姿は原作漫画では王国編の序盤で
学校で城之内に圧勝した一戦のみだったが、『DM』ではそれ以外にも何度か戦っている。
王国編でのvs孔雀舞、乃亜編でのvs 変態ペンギン BIG2(大瀧修三)と、いずれの勝負も劇中では勝利したが、
前者は舞が勝利を譲った形であり、後者もブラック・マジシャン・ガールをデッキに入れながらも
ブラック・マジシャンのカードを入れてなかったりと、デュエリストとしては未熟な面も散見された。
尤も、杏子は他の面子と違い、正規のデュエリストではない一般人なので仕方ない側面もあるが。
実際、漫画『遊☆戯☆王R』でもデュエリストではない(正確にはデュエリストとしての闘争心がない)と言われていた。
実戦で使用したデッキは「聖なる魔術師」「ファイヤーソーサラー」など、魔法使い系のカードを使用する事が多い。

一応 立場的にはヒロインなのだが、最終的に彼女の好意は形になることもなく『遊☆戯☆王』は終わってしまった。
そのため、真のヒロインは他のキャラだとする声は絶えない。 ちなみに第一候補は遊戯のじーちゃん。
作者のインタビュー曰く、原作最終回で闇遊戯が眠りに着いて以後は、ダンスの勉強のために渡米したとのこと。

戦闘力はかなりのもので、序盤の武藤双六曰く「ついに80の大台といったところかのー」(真顔で)。
後の天上院明日香(GX)や十六夜アキ(5Ds)も見る限り、ヒロインの高身長かつナイスバディさは密かな伝統であったようだ。
でもZEXALでぺたんなロリになりました。まぁ年齢の割には大きいとも言えるけど。

ちなみに『遊☆戯☆王』のヒロインには名前の始めが「あ」で始まるという隠れた通説がある。
真崎「あ」んず、天上院「あ」日香、十六夜「ア」キときていたが、『ZEXAL』に来てその法則が破られた。
GX後半の明日香はユベルと元ロリに持っていかれてたじゃないかって?気にするな!
……しかし、神月「ア」ンナという通説に沿った 巨乳 女性キャラクターが登場し、
主人公とも関係を少し匂わせたことで視聴者間に風を吹き荒らした。 が、従来のヒロイン以上に出番が少ない

ニコニコ動画では、『DM』のドーマ編における台詞、
もう止めて! とっくに HA☆GA 羽蛾のライフはゼロよ! もう勝負はついたのよ!」でお馴染みの人も多いだろう。
まああっちの動画は説明不要として、ヒロインの普通の魅力をどうぞ。 ラストがおかしい? サービスです

「デュエル、スタンバイ!」

また、『DM』では次回予告も担当していた。
しかし、この次回予告の内容にはネタバレが数多く含まれており、次回の核心を予告してしまうことも多々あり、
特に127話における次回予告の
「お願い、死なないで城之内!(中略)ライフはまだ残ってる、ここを耐えればマリクに勝てるんだから!」→「次回、『城之内死す』」
という流れは伝説となった。

(以上、Wikipediaより抜粋・改変)


MUGENにおける真崎杏子

三吉氏が製作した、akkin氏のかすみを改変した杏子が公開されている。
フレンドシップ、ファイアーソーサラー、マハー・ヴァイロなどの原作アニメで使用したモンスターカードを
召喚する必殺技が搭載されている他、映画『光のピラミッド』での発狂蹴り等、原作のネタも幾つか再現されている。
AIは簡易的なものが標準搭載。脱衣KOも用意されている。

2011年11月2日に更新され、マハーヴァイロのドット打ち直しや当たり判定の拡大等のほか、
全ゲージ消費の強力当身技の罠カード「聖なるバリアーミラーフォース」が追加された。
原点のカードゲーム通りに形勢逆転のポテンシャルがあり、決まりさえすれば一気に6割以上を持っていく。
そして決まるたびに上記にもある伝説の「次回、城之内死す」の杏子のナレーションが入る。見てください!
凡骨の命は投げ捨てるもの

+ 大会ネタバレ

出場大会




添付ファイル