ティサ・ウィリング


格闘技:柔術
出身国:ルーマニア
身長:170cm
体重:52kg
生年月日:1978年9月22日
年齢:16歳
血液型:AB
好きな物:やまかけソバ
嫌いな物:乳製品、雨(湿気)

「見たか! 我が柔術の奥技!!
誰が相手でも、私は決して負けない!!」

1994年に彩京が製作した格ゲー『バトルクロード』のキャラクター。
幼年より護身術としてを学び、日本の古武術に深い感銘を受ける。
14歳の時、日本留学を機に藤原流柔術道場に入門し、わずか2年で道場の代表選手となる。
今回、昇段試験をかねて、先輩のゆうきに挑戦する。

バトルクロードキャラにしては珍しく、藤原ゆうき同様モデルとなったキャラが存在しない。
作品の華として女性キャラは自由に作りたかったのだろうか?

藤原ゆうきは内田有紀説と考えても、こいつは非常に元ネタの特定、推測が難しい。
東欧では普通にある名前で、東欧にしたのも「ロシア圏東欧圏は白人美人多いイメージ」でごり押しして「ティサ川」などからつけた可能性もある。
日本で有名になる前のアンディ・フグをモデルにするあたりから、ひょっとしたらオリンピック柔道選手あたりからつけててもおかしくない。
髪型がロングなのは「藤原ゆうきを日本人ショートにするからこっちは白人ロングにしてみようかな?」とかやっててもおかしくなさそうだが、
売れるために両方の髪型を用意するのは普通だろうし。

エンディングでは世界一となり、藤原流柔術の名が世界に知れ渡る事に感動していたのだが…
「フフフ・・・・それはどうかな!!」
「はっ!? ま、まさか・・・・お、お前はぁ!!」
つづく

と、どこからともなく声がし、その姿を見せることなく終わる、打ち切りエンドのような終わり方だった。


原作での性能

藤原ゆうきと共に柔術家枠(というか、同じ流派)での参戦。
「ゆうきスペシャル」が「ティサスペシャル」となっている他の性能は同じである為、詳細はこちらを参照。

「ゆうきスペシャル」以外同じ性能なので、 もちろん彼女も電気アンマをする。


MUGENにおけるティサ・ウィリング

  • ですからー氏製作 アレンジ仕様
エフェクト変更や我慢補正の搭載、超必殺技の搭載など、氏のいつも通りのアレンジ仕様。
藤原ゆうきとの差別化の結果、鼓震脚(電気アンマ)は彼女のみの技となっており、超必殺技に格上げされている。

AIは標準で11段階調整可能なものが搭載されている。

出場大会

その他


添付ファイル