ミク





「女の子相手によくがんばったわね えらいえらい ウフフッ」



「タオ体道」に登場する紅一点。緑一点の方はこちら
おてんばなキャラだそうだ。その勝利セリフは相手をイラッとさせることうけあいである。
合気体術を使って戦う。持っている必殺技はこのゲームにしてはまともな方で、
ストーリーモードでは花鳥風月を連発しガン待ちしているだけで勝ててしまう。
しかし当てて反確な技のため、対人戦でその戦法を使うのはやめておこう。

タオ体道とは


1993年にビデオシステムから発売された幻の格闘ゲーム。
インパクトダメージゲージやすり抜け(くらい抜け)といった目新しいシステムに挑戦してはいたが、
残念ながらあらゆる面において物足りなく不可解なゲームであった。

ラウンドコールやパワーゲージ(超必殺技)といった対戦を盛り上げる要素は無し。
グラフィックの使い回しが多い。弱中強どのボタンを押しても同じモーションの技が出るだけでなく、
ラスボスがプレイヤーキャラの1名の使い回しであった。(動きも全く同じ)

操作性も悪かった。せっかくの「すり抜け」だが潰されやすいので容易に出せず、
そのコマンドが→→なため前方向レバー入力を含んだ必殺技が出しづらい。
必殺技のモーションが完全に ニュートンに喧嘩を売っている カオスな動きな上一部は当てて反確、
またキャラの半分が投げを持っておらず相手のガードを崩せない、とバランスも悪い。
更に対戦方式が『ジョイメカファイト』や『ヴァンパイア セイヴァー』に見られるライフ制のつもり(ライフゲージの色が0になるたび、青→黄→赤と変化して赤が0になると負け)なのだろうが、何と0になった方が必ず気絶する仕様のため体力差が付きやすく一方的になりやすい。

ストーリーも謎であり「最強の武術タオ体道の奥義を求めてタオの密林に8人の武術家が集まる」とここまではまあまともだが、なぜかステージクリアごとに「タオの武術を伝えしもの」(文字が8つ集まってグルグル回る演出があり、エンディングを見ると精霊もしくは神の類と思われる。)が挑戦者に何度か「最強の技を持つものにタオ体道の奥義を伝授する、ただし自分の配下のあやかしのものや大気の神を試練として向かわせる。」ような説明をするのだが、実際はラスボス除きプレイヤー選択できるキャラ同士の対決が続くのみである。
その癖ラストステージの2つ前では「湖が割れてセミファイナルステージ(ファイナルステージへの道)登場」という凝ったムービーがあるなど力の入れ具合がおかしい。
また、スコアはなく、それどころか個別エンディングも無く、ラスボス撃破後、謎の仮面(「仮面をかぶった人」ではなく仮面のみ、同じ文字の回る演出があるのでおそらく「タオの武術を伝えしもの」と同一人物。)に 「タオの武術の奥義はすでにそなたの心の中にあるのだ」 といいこと言ってるっぽい雰囲気にされておしまい。ひどいオチである。
あとBGM何故かケチャ(バリ島の民俗音楽)である。

MUGENにおけるミク

+ Cerenas氏製作
+ mass氏製作

出場大会




添付ファイル