ミク





「女の子相手によくがんばったわね えらいえらい ウフフッ」



「タオ体道」に登場する紅一点。緑一点の方はこちら
おてんばなキャラだそうだ。その勝利セリフは相手をイラッとさせることうけあいである。
合気体術を使って戦う。持っている必殺技はこのゲームにしてはまともな方で、
ストーリーモードでは花鳥風月を連発しガン待ちしているだけで勝ててしまう。
しかし当てて反確な技のため、対人戦でその戦法を使うのはやめておこう。

タオ体道とは


1993年にビデオシステムから発売された幻の格闘ゲーム。
インパクトダメージゲージやすり抜け(くらい抜け)といった目新しいシステムに挑戦してはいたが、
残念ながらあらゆる面において物足りなく不可解なゲームであった。

ラウンドコールやパワーゲージ(超必殺技)といった対戦を盛り上げる要素は無し。
グラフィックの使い回しが多い。弱中強どのボタンを押しても同じモーションの技が出るだけでなく、
ラスボスがプレイヤーキャラの1名の使い回しであった。(動きも全く同じ)

操作性も悪かった。せっかくの「すり抜け」だが潰されやすいので容易に出せず、
そのコマンドが→→なため前方向レバー入力を含んだ必殺技が出しづらい。
必殺技のモーションが完全に ニュートンに喧嘩を売っている カオスな動きな上一部は当てて反確、
またキャラの半分が投げを持っておらず相手のガードを崩せない、とバランスも悪い。
更に対戦方式が『ジョイメカファイト』や『ヴァンパイア セイヴァー』に見られるライフ制のつもり(ライフゲージの色が0になるたび、青→黄→赤と変化して赤が0になると負け)なのだろうが、何と0になった方が必ず気絶する仕様のため体力差が付きやすく一方的になりやすい。

ストーリーも謎であり「最強の武術タオ体道の奥義を求めてタオの密林に8人の武術家が集まる」とここまではまあまともだが、なぜかステージクリアごとに「タオの武術を伝えしもの」(文字が8つ集まってグルグル回る演出があり、エンディングを見ると精霊もしくは神の類と思われる。)が挑戦者に何度か「最強の技を持つものにタオ体道の奥義を伝授する、ただし自分の配下のあやかしのものや大気の神を試練として向かわせる。」ような説明をするのだが、実際はラスボス除きプレイヤー選択できるキャラ同士の対決が続くのみである。
その癖ラストステージの2つ前では「湖が割れてセミファイナルステージ(ファイナルステージへの道)登場」という凝ったムービーがあるなど力の入れ具合がおかしい。
また、スコアはなく、それどころか個別エンディングも無く、ラスボス撃破後、謎の仮面(「仮面をかぶった人」ではなく仮面のみ、同じ文字の回る演出があるのでおそらく「タオの武術を伝えしもの」と同一人物。)に 「タオの武術の奥義はすでにそなたの心の中にあるのだ」 といいこと言ってるっぽい雰囲気にされておしまい。ひどいオチである。
あとBGM何故かケチャ(バリ島の民俗音楽)である。

MUGENにおけるミク

+Cerenas氏製作
原作ドットを用いて製作されていた。現在は入手不能。
カオスなキャラに定評のある氏らしく、かなりのアレンジキャラになっている。
まずボイスがなぜか 阿久女イク になっており、エロい。
技性能も大きく変化している。というか完全に別キャラ。
原作の動きが不可解すぎるためかむしろまともな動きになっており、知らない人が見たらこっちが原作だと思うだろう。
派手なゲージ技も追加されている。ゲージはパワー溜めや飛び道具当身などで溜めることが可能。
また、リュウスタンドを纏い技やボイスがリュウに変化するモードや、
ダブルドラゴンのアモンに変化するモードもある。一体どういうキャラ選なのか。


外部AIの方は、ポニテ杯主催者のピッコロ大魔王氏によって、大会で使用されたAIが
その他のキャラのAIと一纏めになって、無限ロダにて公開されていた。
下記動画からDL出来たが、無限ロダの閉鎖によりこちらも入手不能となっている。

『ポニテ杯用AIとして作ったもので、タオ体道モードしか対応しておりません
このAIを入れると強制的にタオ体道モードになります』とのこと。

+mass氏製作
こちらも原作ドットを使用。
原作の不可解な仕様を可能な限り再現しようと努めていたり、あまりにも無茶な部分はアレンジされていたりする。
仕様の詳細はReadmeに記載されているが 本気で意味不明の要素ばかりである

超必殺技、空中ガード、ゲージ溜めなどが追加されたアレンジモードがあり、デフォルトはアレンジになっている。
AIは10段階に調整可能なものが入っている。

+必殺技解説

必殺技

  • 花鳥風月
旋風脚で斜め上に飛び上がる技。発生がやや遅く、無敵も無いため対空にはならない。
隙が大きすぎるため 当てて反確
  • 龍舞
大ジャンプ→斜め下に急降下蹴り→バックステップ→後方大ジャンプ という妙に動作の多い技。
蹴り直後のバックステップ部分にのみ無敵があるためガードキャンセルをスカす事が出来るが、知っている相手には通じない。
ランタイプのダッシュを持っている相手には後方大ジャンプの辺りで追いつかれるため、 当てて反確
  • 白鳥の湖(地)
地上で下段の回転足払いを放つ技。
2Fで攻撃判定が発生するが、持続が無駄に長く頭上がガラ空きのため 出掛かりが当たっても反確
  • 白鳥の湖(天)
旋風脚で真上に七回ジャンプする技。カカッテラッシャイ!!
攻撃中は軸足に食らい判定が無いが、こちらも持続がやたらに長い。
真上から飛び込めたり宙に浮く飛び道具があるようなキャラには 当てて反確
判定の強い技なら普通に正面からでも潰せる。
  • 朧月
全身からオーラを放ち、左右に分身を出して攻撃する技。
見た目は良いが無敵も何も無く、発生が遅い上に終わり際の隙も甚大のため 当てて反確
というかそれ以前にまず当たらない。

超必殺技

アレンジモードでのみ使用可能。元は2ボタンタイプのバージョンにあった技をアレンジしたもの。
  • 超必1
一言で言うと三烈カンフー突き手。当たり障りの無い性能で使いやすい。
  • 超必2
白鳥の湖(天)の強化版で、左右に跳ね回る。
無敵があるため対空としては使えるが、地上の相手にはカス当たりする。
  • 超必3
空中から真横に跳び蹴りを放ち、地面に落ちたら下段のスライディングになる。スライディングが当たると乱舞が発動する。
飛び蹴りの当たり方によってはスライディングに繋がらず、乱舞が発動しないこともある。


出場大会




添付ファイル