ケイロン

R-TYPE FINAL』に登場する試作機体。型式番号TL-T
どこかの神獣ではない。生体研究所の事故要因でもない。型式番号も地球解放機構の略称ではない。

運用可能な場面を広げるために開発された人型への可変機構を備えた機体の試作タイプ。
低コスト量産機R-9Kのフレームを流用して開発された。
本機に搭載された「ハイブリッド波動砲システム」は2つの波動砲を機体の形状によって使い分けるというもので、
様々な場面での活躍が期待されたが、高コストのため搭載機体数は数機にとどまった。

第一次バイドミッション時に接触したバイド軍兵器『キャンサー』を鹵獲、研究調査の結果生み出されたものではないかと推測される。
実はキャンサーには可変機構が存在しており、R戦闘機に酷似した形態への変形が可能であるとされる。
軍とTeam R-TYPEがこれを解析・流用、R-9Kのフレームをベースにキャンサーコピーを作り上げ、
波動砲やフォースコンダクター等の装備を追加して対バイド兵器に仕立て上げたという噂は根強いが、
これに対して軍は肯定も否定もしておらず、その説を黙殺しているのが実情である。
また人型可変機体のプロトタイプとは言え、その姿はドブケラドプスを思わせる“頭部”を中心に人間のシルエットをもつとは言い難い。
本機もまた「バイドを以てバイドを征す」という言を向けられる存在の一つであるのかも知れない。

以上、ニコニコ大百科より転載、改変。

波動砲は形態変形によってその性能を拡散波動砲と衝撃波動砲に変えるハイブリッド波動砲を装備。
フォースはラウンドシールド型のレーザーを放射することで防御能力を高めたシールドフォース。


MUGENにおけるケイロン

デルタ氏による手描きのものが存在する。現在の所お試し版2。
原作通り人型形態と戦闘機形態に変形でき、それぞれで性能が異なる。
ただし戦闘機形態への変形は一度ダメージを受けると解除されてしまう。
STGキャラだが基本形態は人型で格闘も出来、残機制ではなくライフ制である。
R戦闘機の一つR-9DP3「ケンロクエン」(パイルバンカー装備機)やTW-2「キウイ・ベリィ」(空飛ぶ戦車)、
R-9C「ウォー・ヘッド」をストライカーとして呼びだしたりもする。


出場大会

  • 「[大会] [ケイロン]」をタグに含むページは1つもありません。