デモニカ



ATLUSから発売された3DダンジョンRPG『真・女神転生 STRANGE JOURNEY』に登場する装備。
厳密にいうと登場人物ではないが、単体で登場する場合は主人公(が装着しているスーツ)と認識されることが多い。
突如として南極に出現し、周囲を呑み込んで拡大し続ける亜空間「シュバルツバース」。
人類を救うためシュバルツバースへと派遣された、主人公を始めとする調査隊の 標準装備 がデモニカである。
肩の色が役割ごとに違う以外は全隊員共通のデザインである。
それぞれの色は機動班は赤、観測班は青、作戦班は黄、主人公だけが白。
物語後半になると、金属部分が黒く塗装されたデモニカを着用する別部隊も登場する。

DEMO untable N ext I ntegrated C apability A rmor」の略。「Demonic(悪魔的)」ともかけていると思われる。
米軍が開発した着脱拡張型・次期能力統合兵装にして、シュバルツバースの超自然現象に対抗し得るスーパーテクノロジーの結晶である。


人類の生存が困難な過酷な環境に耐えうる耐久性は勿論のこと、
アプリケーションの追加によって、あらゆる状況に対応可能な調査用デバイスを実装する。
その拡張性は多岐に渡り、能力の向上以外にもマップ機能の拡張や悪魔との交渉の効率化なども搭載出来る。

そして、その最大の特徴は 「スーツ自身が進化すること」
装着者の戦闘経験に応じて運動能力の増大・外部ダメージの軽減を行い、
更にはシステム自体が成長する拡張性を持つAIシステムを搭載しており、
セッティングの際にパーソナリティー診断が行われて個々の装着者に最適な反応システムを構築する徹底ぶりである。
よってゲーム中でのレベルアップも、装着者ではなく「デモニカスーツが進化した」となる。

シュバルツバース突入直後は「悪魔」という未知の存在*1に対応できずにいたが、
先史人類の遺産である「悪魔召喚プログラム」をインストールする事で対等に戦えるようになり、
その後もシュバルツバース内の物質「フォルマ」を用いた多数のアプリや装備によって強化を続け、
最終的には地球意志すら打倒する能力を獲得するに至った。
(逆に言うとこの兵装を脱ぎ捨てれば人類の命運を任されるレベルの精鋭とはいえ、ただの人間である。)

ゲーム中においてはDSの上画面がヘルメット、下画面が腕のコンソールに相当する。

一方、その独特なデザインに対してユーザーの第一印象は「ダサい」「金色ヤカン」「バケツスーツ」、
海外のファンからはギャラクタスだのステロイド注入したC-3POだのとかなり辛辣。
デザインした金子一馬氏も「まさに バケツ 」とミもフタも無い発言をしている。
実際、最新鋭の技術とレトロフューチャー(昔の人類が思い描いた未来。アトムとかコブラとか)の融合を意識したそうなので、
ある意味狙ったダサさといえる。
そしてダサいながらも装飾などを一切取り払ったデザインから、軍人達で構成されるシュバルツバース調査隊の雰囲気にはよくマッチしており
ゲームのドット絵で見ると割と格好良く見えるという意見も少なからずあるので、賛否はあれど成功したデザインと言えるだろう。
同作にはオリジナルデザインのデモニカを装着したジャックフロスト謎の悪魔、デモニホが隠し悪魔として登場。ヘルメットがコミカルなキャラクターにマッチしている。


主人公の名前はシリーズ恒例のプレイヤー入力のため特に決まっていないが、公式HP等で出ていた主人公の名前表記の一つが
タダノ ヒトナリ 」で、更にこれが後にドラマCDで採用された為、事実上のデフォルトネーム扱いである。
只の人也 」…どこまでも「普通の人間」を強調するネーミングである。タダノということでアッー!なネタもしばしば振られる。
ちなみにドラマCD版でのCVは小山力也氏が担当している。

通常戦闘からしてクライマックス 人類は滅亡の淵にいるのだ
人類よ。これ以上、何を望むのだ。

人類をダシに内ゲバに明け暮れる地球意志と天使勢で大概ではあるが、一応は彼らに従うロウルート、カオスルートはともかくとして、
ニュートラルルートは、明確な意思で知識と技術と 気合 を以って悪魔を打倒し、地獄の底にまで足を踏み入れ、地球は我ら人間の土地だと言い出す。
神よりも、悪魔よりも、やはり 人間こそが真に最も恐ろしい存在 なのかもしれない……。
ニュートラルルートが全方位ジェノサイダーなのは何時ものことだが。

+ 真・女神転生Ⅳでは

MUGENにおけるデモニカスーツ

レッドスプライト号を製作したArthur氏による手書きのものが公開されている。
攻撃は剣攻撃と銃攻撃の二種類、更に各種悪魔を召喚したりアイテムの使用などで戦闘する。
通常の悪魔召喚はボタン+方向キーで簡単に出せ、しかも実体化した後は発生保障付きである。
また1P他のカラーでも中の人が変わるようになった。声もコレに合わせて追加されている。
9~12Pは特殊カラー(原作のドッペルゲンガーを再現)となっており、悪魔召喚が無くなった代わりに
常時打撃反射状態になる。コンフィグによってこれらは調整可能であり、全開設定にすると
打撃・飛び道具反射で悪魔召喚可能という凶悪な状態となり、狂キャラクラスの性能になる。
レベル設定可能なデフォルトAIが搭載されている。

主に召喚する悪魔

  • 妖虫ミルメコレオ(切なさ乱れ撃ち)
  • 鬼神タケミナカタ(ガルダイン)
  • 妖獣ヌエ(ジオダイン)
  • 幻魔フロストエース(ブフダイン)
  • 霊鳥ヤタガラス(アギダイン)
  • 幽鬼ガキ(マッカビーム)
  • 妖樹スクーグスロー(幸運の銃弾)
  • 鬼女ダーキニー(ファイナルヌード)
  • 秘神カンバリ(ゲートサーチ)
  • 女神ノルン(時空神)
  • 龍神コウリュウ(メギドラオン)
  • 妖精デモニホ(モーンバレット+うちまくり)
  • 大天使マンセマット(メル・ファイズ)
  • 地霊バガブー(悪魔会話)

出場大会


出演ストーリー

それは意味のない交差(タダノヒトナリ)
香霖堂夜想曲(タダノヒトナリ)

*1
デモニカは間違いなく作中の人類最高の発明品なのだが、それでも初見では悪魔を正確に知覚することが出来ない。
そのためシュバルツバース突入直後に初動が遅れ小さくない被害を被っている。
ある程度戦闘を重ねることでデータが蓄積されることで初めて悪魔を正確に認識できるようになる。
とはいえ データさえあればブッ殺せる ので、決してデモニカスーツの性能が低いわけではない。異常である。

ちなみにSJの悪魔はこれまでのような魔界の住人やあるいは唯一神の配下ではなく、
悪魔を模した地球意志の化身たちやその端末というのが正確。
本作に登場する本物の悪魔は「胡散臭いペ天使」こと大天使マンセマットが率いる天使とご立派な魔王マーラ様のみである。