赤座あかり

\アッカリ~ン/ \アッカリ~ン/ \アッカリ~ン/


「はーいっ! ゆるゆり、はっじまるよー!」

百合漫画誌『コミック百合姫S』(廃刊)→『コミック百合姫』連載の、なもり氏による日常系漫画『ゆるゆり』に登場する
メインヒロインの1番手兼主人公。赤い髪に2つのお団子がトレードマーク*1
ただ単に「あかり」というとMUGENだけでも複数の人物が該当するため、こういう所では原作にちなんで「\アッカリ~ン/」と呼んだ方が通じやすい。
アニメにおける声優は三上枝織氏。

七森中学校に通う中学一年生。おっちょこちょいで元気印の女の子。
幼馴染の歳納京子、船見結衣と共に同校の「ごらく部」に所属している。
ちなみにごらく部とは、廃部になった茶道部の部室を勝手に占拠してダラダラまったり遊ぶためだけの部活である。
自分達で部を復興させる気はなく、新しい部を立ち上げて私物化している

作中での\アッカリ~ン/は キャラが薄い 、まずはこれ。
第6話目という初期の段階で既に周囲から影が薄いと指摘されてしまっている(アニメに至っては 第1話 )。
\アッカリ~ン/という効果音もキャラの薄いあかりに友人が提案したもの。
周囲からよく影が薄いとつつかれ、七夕の短冊に「出番が増えますように」と思いを綴るも その短冊が風に飛ばされ
本人も本人で自分の個性がお団子頭影が薄い事だとまあ、あんまりな事を言っている。
当初は単行本の表紙では他のキャラの陰や本の帯の陰に隠れてしまうという有様。
カラーページに登場すれば 登場直後に停電に見舞われ、真っ暗な中会話だけで話が進む始末。
挙句の果てには作者から 「第5話くらいまで別のキャラが主人公だと思っていた」 と語られてしまった。…あかり、不憫な子
唯一担当編集者はあかりが主役だと思っていたらしいが、その理由は「第1話があかりが入部する場面から始まっているから」で
「第1話だけ主役ぽかった」という方が正しい。
そして第2巻でこれを理由に自分が主役じゃないのかと発言したら 周りが驚いていた。 これでは「自称主役」なのでは…。
ちなみに単行本のキャラ紹介でも「暫定・主人公」とか「主人公(仮)」とか書かれていたことがある。
ただし「影が薄い」という描写は話が進むにつれ見られなくなり、現在は単行本の表紙にも堂々と登場するようになった。

アニメでは第1期第2期共にOP前のコールを担当していたのだが、カメラがズレたりピントが合っていなかったり、
突然現れたUFOに気を取られて映してもらえなかったり言い終わる前に切られたり、別の人がコールしたりと、
まともに映って言えた回は数えるほどしかなく、関連グッズやイラストでも尽く 一人だけハブられる 等、
原作における初期の扱いが忠実に再現された。
更に、公式キャラクターソング(タイトルもズバリ「 私、主役の赤座あかりです 」)の歌詞が
「良い子ゆるい子不憫な子」「特徴がないのが唯一の特徴」など、徹底している。
そしてアニメ第1期のベストアルバム『ゆるゆりずむ♪』の初回限定版に 透明素材 のみで構成されたねんどろいど
赤座あかり \アッカリ~ン/Ver. 」が付属したりと、彼女にしかできない芸当を披露した。
第2期でも引き続き影が薄いネタを展開したが、OVA以降はこのネタを扱わなくなった。
私、主役?の赤座あかりです 公式によるあかりイジメの証拠
EDから消えても違和感なし ねんどろいどでも…
唯一の仕事(自称) http://www.nicovideo.jp/watch/sm15657685 メダタナイトの逆襲 http://www.nicovideo.jp/watch/sm15610577
「キャラが薄い」と言われた際に唯一友人達から挙げられた特徴が「良い子」であること。
普通なら全く褒め言葉になっていないのだが、突然の友人の来客にもむしろ嬉しがり、お正月に親戚からお年玉を貰って戸惑い、
困っている人がいればティッシュ・絆創膏・割り箸・ソーイングセットなど必要とされる小物を即座に用意するなどよく気が付く、と
実際に節々でいい子っぷりが垣間見える。
第7巻ではヘビ(実は京子が仕組んだオモチャ)を踏んでしまったときヘビさんが痛くて苦しそうだと心配して泣いてしまうなど、
いい子さ加減が「最早この子天使じゃね?」なレベルに達しており、「良い子すぎて後光が見える!」と形容されている。
このようないい子さから、同級生で生徒会の大室櫻子から密かに尊敬されていたりもする。
まあ逆に言えば、いい子過ぎてあざといアクがないおかげで影が薄くなってしまうという側面もあるのだろうが…。
また、途中からはツッコミキャラとしての一面も見られるようになった。
一方でなぜか学校の机の中でアリを飼育しているという奇妙な一面も報告されている。

さらにアニメ第2期第1話において 他の全登場人物から異常に愛され、ちやほやされまくるという夢をみており
実はとんでもない願望の持ち主ではないか、といわれることも。
(元は原作4巻限定版の小冊子で描かれていたエピソードなのだが、希少であるため、アニメ版で知った人が多い模様)
影が薄いのを克服したいが故の願望なのだろうか…

因みに特技はオセロ。
対戦した大室櫻子曰く「いつの間にか駒が置いてあった」らしく(櫻子はいわゆるバカキャラだが)、
オセロの駒の存在感すら消してしまう 能力があるようだ。

掲載誌が掲載誌であるためこの漫画の登場人物も(タイトル通り「ゆるい」にしても)皆多かれ少なかれ百合的な要素を持つのだが、
これもいい子故なのか、主人公のはずの彼女には特にそのような素養が見られない。
それどころか同じごらく部の吉川ちなつから結衣への明らかに常軌を逸した求愛さえ友情の現れと解釈しており、
ソッチ方面の世界をまるで理解していないらしい。
+ しかしあるエピソードでは…

頭を打って性格変化が起きると、何故か妙にエロい性格になってしまう。
このときは普段とは違って自分から積極的に同性に迫るようになるが、お約束通りもう一度頭に衝撃を加えると元に戻る。
アニメでは妙にハイテンションな性格になる設定に変更されたが、その後も原作では元のままの設定で通されており、
ある意味あかりを百合模様に絡ませる最終手段となっている。
アニメ第3期では、原作通り頭を打った後に同性に迫っていた。

付言しておくと、原作・ファンの双方向から徹底したキャラ付けを受けた甲斐もあり、人気自体は結構高い。
というか人気投票でも 2位か3位あたり の高位置をキープしている。
空気&いじられキャラを生かして人気を取る……どこかで聞いたような話である


ちなみに姉(赤座あかね、19歳)がいるが、妹モノの同人誌を多数所持し、
あかりのパンツを頭に被る、自作のあかり抱き枕にキスマーク多数 などの重度のド変態シスコン。
「ゆるゆりのラスボス」といわれることも。
連載当初は「兄」という設定だったようだが 妹のパンツを盗んで自室においておく兄 というのは
流石に(掲載誌的に)どうかと思われたらしく、現行設定では「姉」になっている。
別に姉ならOKだろ、って訳でもないけどね。
当然あかり本人の前ではそんな本性はひた隠しにしており、あかりにとっては優しい自慢の姉である。
…妹をいじめたり馬鹿にする(前述の影の薄さ云々も含む)者には容赦なき暗黒のオーラを向けるが。

+ わぁい○○ あかり○○大好き
+ 「私、主役の太陽あかりです!」


MUGENにおける赤座あかり

+ YES氏製作 \アッカリーン/
+ sagi氏製作 あかりのお団子
+ マック主氏製作

この他、DDD氏がYES氏のあかりを改変し、お団子がセンチネルの腕になったアレンジキャラを公開していたが、現在はデータが消えて入手不可能。

ゆるゆりのMUGENキャラは他にも、本編に登場したゲーム「ゆるぷよ」(sagi氏製作)、
吉川ちなつを元にした「ちなカレー空間」(一條氏製作)や「ちなつのかみのけ」(mapelao氏製作)が存在するが、登場人物でMUGEN入りしてるのはあかりのみである。

出場大会

【あかりのお団子】

出演ストーリー



*1
因みにこのお団子 『ほどいても髪の長さに変化が見られない』『着ぐるみを着用した際、何故か外側にある』 ため
劇中で「お団子バズーカ、お団子ミサイル(実写版ではおっぱいミサイルに変更されている)」など一種のネタにされているように、
実は着脱可能なオプション(ウィッグや付け毛)の一種とか「実は毛が本体なのでは?」と言われることも。