巨大甲殻虫


『レンジャー4、巨大生物とは何か?』

『昆虫です!大きな昆虫です!』


サンドロット開発・D3パブリッシャー発売の3Dアクションシューティングゲーム『地球防衛軍シリーズ』の敵キャラクター。
シリーズ皆勤賞で設定などを一新した『3』にも登場する。まさに地球防衛軍を象徴する雑魚敵でシリーズの顔役といえる存在。
他にも雑魚には蜘蛛型やムカデ型、特撮怪獣型などがおり、これらを合わせて「巨大生物」と総称されている。
外伝作品の『INSECT ARMAGEDDON』(以下IA)においてもアリ型の敵は登場する。

その見た目はまさに巨大化したアリそのものである。大きさは高さだけで5m近くになり全長は約9m。
しかもやたらリアルに細部まで書き込まれており一見するとギャグにさえ感じられるほどの見た目である。
こんなのが何十体とビルを登ったりしながらこちらに向かってくるのだから恐ろしい。

見た目は確かに昆虫で、『1』の通信では完全にアリ扱いされ『3』のミッション1冒頭の無線(ページ冒頭のそれ)でも昆虫と称されているが、
実態はこの星に住む昆虫とは見た目が似ているだけで全く異なる生物だとされている。
そのためか『2』においてはすべて「巨大生物」で統一されアリとは言われない。
また、劇中で敵となるインベーダー(フォーリナー)の正体が全く明かされないため、
侵略者の正体はまさにこの巨大生物なのではとする説もある。
ただし、『IA』においては「かつて地球で繁栄していた昆虫種族が宇宙全体を支配して戻ってきた」という設定なので本当に虫の模様。

人間を餌としており、街中に現れては人を襲う。侵略者の輸送船(キャリアー)から投下されるパターンもある。
ゲーム中では民間人は齧られようが酸を浴びようが転ぶだけで、すぐ立ち上がって走り出すのは内緒だ。
さらに『2』及び『3』では地底に巨大な巣を作り上げそこで繁殖し、街中にアリ塚とでも言うべき巣の入り口を作り上げて現れる。
また、多数の変異種が確認されておりそれぞれが扱う能力は異なっている。
+ 巨大甲殻虫の種類とその能力について

攻撃手段が酸であることや飛行する種類の存在など、同社がかつてゲーム化を手がけた漫画「鉄人28号」の影響が伺えるほか、
SFバイオレンス戦争映画「スターシップトゥルーパーズ」へのオマージュとおぼしき描写も多く、特に『3』ではそれが顕著である。
また、断末魔に非常に甲高い声を上げるのも特徴である(この音声はもともと『ギガンティックドライブ』というサンドロット開発の別のゲームの敵キャラが上げていた鳴き声を流用したものである)。

+ そしてこのキャラとゲームを語るのに決して外せない話題


MUGENにおける巨大甲殻虫

medesu氏によるものが公開されている。
いわゆるボーナスステージ的なキャラで、蟻を倒すごとにダメージを与えられノルマの数だけ倒せば勝利となる。

カラーによってタイプが変わり、黒蟻・赤蟻・金蟻・紅蟻が使える。
巨体に反して投げることが可能。しかし、その代償として複数の種類の蟻が同時に出せなくなっている。(タッグで混在させることは可能)
また、同時に出現する数や難易度も設定可能。
パラメータは細かく設定できるのでreadme参照。
それぞれ技は一つしかなく、ジャンプやガードも不可。そして画面をほぼ占有してしまうほどでかい。
設定次第ではただの雑魚で無双気分を味わえるが、難易度を上げれば原作並みの無理ゲーと化す。
特に最大難易度での各種パラメータがぶっ壊れている(mugenの一般的なキャラの体力は1000なのに対して黒蟻・体力:1700酸:140噛み付き:400 紅蟻・体力:19800噛み付き:7504)が、
これらは原作(『2P』基準)通りの数値である。気軽に絶望を味わいたい方はどうぞ。


(笑)氏による改変版も公開されており、こちらはカラーによってクリアに必要なノルマ数が変わるようになっている他、
同時に出現する蟻のタイプをランダム化させることや、
マザーシップからのジェノサイド砲の使用フラグ(狂クラスまでならだいたい死ぬ)の設定をすることが可能。
氏曰く、ボーナスゲームのようなものではなく、アリを本格的に殲滅しないといけないのが特徴とのことである。

『円盤から巨大生物が降下してるぞ!』

『平和だったんだ…お前たちが来るまでは!』


『こちら本部、巨大生物は強力な酸を吐くことが分かった。

アーマーをも溶かす恐ろしい武器だ、注意しろ!』


出場大会


その他