サハド・アスラーン・リュート


  初出作品 : 豪血寺一族2
  出身地 : レバノン・ベイルート
  誕生日 : 1971年12月24日
  年齢 : 23歳
  血液型 : AB
  身長 : 182cm
  体重 : 79kg
  職業 : 魔術師

「あぁー華やかに散る事こそ私の美学です。」


豪血寺一族』シリーズの『豪血寺一族2』と『豪血寺外伝 最強伝説』に登場するキャラクター。
子供の頃から醒めた子でどんな時でも沈着冷静……かと思えば人の言うことを信じ込みやすい単純な面もある。
母方の血筋が魔術を使う家系であり、彼も魔術を扱う事が出来る。
その魔術は彼が感情をすべて開放したときに使うことができる……らしい。
声優は元アトラスの名物広報「流星野郎」こと相原誠吾氏。当時は花小路クララ役の三石琴乃さんと組んでアトラス提供のラジオ番組を放送していた。

礼儀正しく、負けた相手に対しても誠実に接する紳士的な性格。
日本的な物に興味があるらしく、陳念才蔵と戦う際には興味津々な様子。
自分と戦う際には軽くナルシストな面も窺える。
ここまで書くと、とても煩悩にまみれた人物には見えないが、実はEDでは彼も俗物(というか普通の人間)であることがわかる。
腹黒、というわけではないのだが……

新シリーズではお志摩と共に不参加。
あちらは高齢の為と一応納得できる理由だが、こちらは 飛行機に乗り遅れたから という情けない理由となっている。
煩悩開放、先祖供養も続けて不参加だが、彼はいつまで飛行機に乗り遅れるのだろうか・・・。
しかし、なんとパチンコでは出番があった。ピンで出番のある数少ない存在だった。

ちなみにアンジェラ・ベルテとはお互いに好きあう関係。
アンジェラはサハドの理想の女性であり、アンジェラも好みのタイプと言っている。

ステージBGMは「ケチャビアン」。
何故かタージ・マハルでケチャ。

なお、外見及び三日月刀やランプの魔人を呼びだす技などを見る限り「アラビアの魔術師」のイメージなのだろうが、彼の出身地のレバノン・ベイルートは中東のパリとまで呼ばれた街で、
中東だがアラビアではなく地中海沿岸にあり、気候も砂漠がほとんどなくて大樹の森や雪山があったりするなど、かなり一般的な中東のイメージと異なる国だったりする。

また、どういうわけだか戦闘時のグラフィックとそれ以外(公式イラスト・キャラ選択画面・ED画像など)の顔が似ても似つかない。
「その他」は上記のように黒い直毛の長髪でやや色黒青年なのだが・・・

MUGENにおけるサハド・アスラーン・リュート

  • mass氏製作 最強伝説仕様
空中ガードが可能な他いくつか変更されているが、基本的には原作再現。
最強伝説で追加されたオウムへの変身も再現されている。

AIも10段階調整可能なものがデフォルトで搭載されている。
上記のオウム変身も使い高空からの攻撃をしてくる為、対空手段の乏しいキャラ相手には滅法強い反面、変身中はガード不可能なので迎撃手段のある相手にはただの的になったりと相性差の出やすい性能になっている。

出場大会

その他