Angry Video Game Nerd


He's the angriest gamer you've ever heard
(ヤツは世界一ムカついてるゲーマー)
He's the angry Nintendo nerd
(ヤツは怒れるファミコンオタク)
He's the angry Atari Sega nerd
(ヤツは怒れるATARI・SEGAオタク)
He's the Angry Video Game Nerd
(ヤツは怒れるゲームオタクだ)

アメリカの自主制作映画監督であるジェームズ・ロルフ、及び彼の出演している人気動画の通称。
意味はそのまんま「怒れるゲームオタク」で、
古今東西のクソゲーを怒りつつレビューすることがその名の由来である。


+Angry Video Game Nerdとは
AVGNとは、ジェームズ・ロルフ氏が、昔発売されたクソゲーをプレイし解説や実況を行う動画である。
短編映画の様にストーリーがあったり、数々の演技やCGを駆使しネタを仕組んだりと、レビューの域を通り越している事が多い。
そのゲームがあまりにもクソすぎる場合、腹の底から湧き上がる怒りを抑えきれずに、ブチ切れたり暴言を吐く
ひどい時にはテレビやカセットを破壊したり、ゲームキャラ(の着ぐるみを着た人を)フルボッコする事まである。
その対象範囲はゲームソフトのみに収まらず、時にはバーチャルボーイやスーパー32Xなどの俗に言う黒歴史ハードや、ファミコンの周辺機器までに及ぶ。

アメリカではPC用のゲームソフト(フリーソフトとして配信)やDVDもリリースされており、特にDVDは発売後一週間もしないうちに完売している。

良く勘違いされるがこの動画における『怒りまくる男』というイメージは
あくまで『AVGN』という動画作品のキャラクターとしての彼なので、
同氏による他の動画では穏やかな性格だったりすることがある。
メイキング ビデオ を見れば彼が如何にゲームを愛し、真摯に動画作成に取り組んでいるかが理解できると思う。

生粋のボードゲームマニアでもあり、「Board James」と言う名義でボードゲームの解説動画も作成している。
こちらは『AVGN』と比べて怒ったりキレたりする描写は少なめで、作品中は子供の格好で登場することが多い。
最初はThe Angry Nintendo Nerd(怒れるファミコンオタク)と名乗っていたが、
  • ファミコン以外のゲームもやるため
  • 商標名をさけるため
この二つが元で今の名前に改名した。

Mario's Time Machine!』や『Superman 64』等といった日本未発売のクソゲーや、
コレコビジョンやCD-i等といった日本人には殆ど馴染みの無いゲーム機をよく紹介するが、
まれに『悪魔城ドラキュラ』や『迷宮組曲』等の日米ともに発売されたゲームのみならず
コンボイの謎』のように日本でしか発売されなかったソフトも所持、レビューしたりもする。
コンボイの謎のレビュー 日本未発売のマリオゲーム二種類
そのほかにも、親友のツテで恐ろしい金額でオークションに出品されている超レアゲーに加え、
かの『チーターマン2』までもを取り扱っている。

またニコニコではあまり知られていないが、AVGN自体はもともと「Cinemassacre」という名義及びサイトでの1企画であった。
そこでは同名義で映画のレビュー・批評をすることもある。
特にゴジラに関しては熱心なファンである。勿論本家本元の日本版であり、あっちの方や当時のNESゲームに関してはむしろボロクソに言っている。
さらに最近は"YOU KNOW WHAT'S BULLSHIT"なるシリーズ(ニコニコでは「AVGN番外編」として扱われている)で日常の不便に対して怒りを訴えることも。
良くも悪くも、一つだけのものに執着しない、平等な人物といえるだろう。

初期は本家アメリカでも無名に近かったが、今では大人気を博しており、
国内のニコニコでも一定の人気を得て、投稿された動画は100を軽く超え、本編作品はほぼ必ず1万再生を超える。

2013年には、AVGNが主人公のゲーム『Angry Video Game Nerd Adventures』が発売された。
ゲームジャンルは、初見殺し要素に満ちた高難度の横視点2Dアクションゲームであり、
AVGNで紹介されたゲームのオマージュを多く含むほか、Cinemassacreで紹介された怪獣映画ネタなども使用されている。

+余談であるが
上記で紹介した『着ぐるみ』であるが、それだけにとどまらず 高度な合成映像 マジギレした際の比喩の上手さ など、
彼の動画を傑作たらしめている理由はほかにも多々存在する。
また、今の時代には珍しい、 女性が一切登場しない スタイルを貫いているのもまた凄まじいところ。
ゲーム中に女性が出てくることもあるが、ニコニコでも人気を得ている寸劇中に女性は誰一人として存在していない。
それなのに彼が人気を得ているのは、純粋に 話として面白い からであろう。
そういう点でも、彼は偉大な男なのだ。


MUGENにおけるAngry Video Game Nerd

SSkye氏が制作したものが存在。ドット素体は遠野志貴と思われる。
基本的な動作は志貴そのままだが、ゲームカセット、スーパースコープ等の速度の速い飛び道具、
パワーグローブを用いたロック式乱舞技等を使う。ボイス未搭載。
なお、SSkye氏はかつてAVGNとコラボした事のある『Nostalgia Critic』も製作している。
+Youtube動画

また、ドナルドの海外版ロナルド・マクドナルドで何故かアシストキャラ(ストライカー)として相手をこうげきしたり敗北時で登場する。
(何故登場するかはわしにも分からん・・・)

出場大会

  • 「[大会] [Angry Video Game Nerd]」をタグに含むページは1つもありません。

バンだ?カワファッキン犬の糞が!」



添付ファイル