アルバス

「なぜだ、師よ、なぜ、あなたは・・・!」
『悪魔城ドラキュラ』シリーズの作品、『奪われた刻印』に登場するキャラクター。 半魚人では無い。
日本語版の担当声優は関俊彦氏が担当している。
主人公であるシャノアの兄弟子で、「エクレシア」の主任研究員。
「エクレシア」の長であるバーロウの助手も務める。
使用武器は魔力を弾丸のように射出する魔銃アガーテ。また、蹴りを主体とする体術も用いる。

「エクレシア」とは、ドラキュラに対抗するために結成された組織のひとつ。
設立者のバーロウは、ドラキュラを滅ぼす力「ドミナス」を研究の末に完成させた。
アルバスとシャノアは、ドミナスの担い手として組織に育てられたが、
最終的にドミナスの適合者として選ばれたのはシャノアのほうだった。
それを知ったアルバスは激怒し、儀式を妨害してドミナスを強奪。
その結果、シャノアから過去の記憶と感情が消えてしまう。
その後も追ってくるシャノアに対し、謎めいた言動を繰り返すのだが・・・

+ アルバスの目的と真意(ネタバレ注意)

ゲーム中の性能

原作ではゲームをクリアした後に隠しキャラとして使えるようになる。
……もうこの時点でイヤな予感しかしないが、蓋を開けたら予想以上だった。
+ フッフッアタランヨ

MUGENにおけるアルバス

IF氏、及びshadow099氏によって制作された物が存在している。
+ IF氏製
+ shadow099氏製


出場大会




添付ファイル