玉入れとドッジボール


ストライクガンダムゼロスーサイドのミフ氏の製作したミニゲーム
玉入れとドッジボールの両方が楽しめる上、MUGENキャラ作成に役立つおまけも入っているのでお得。
多くのボーナスゲームのようにキャラとボーナスゲームを戦わせてその得点を競うタイプではなく、
ステージサポートのようにキャラ同士の戦いを補佐するタイプである。
「キャラ1&ドッジボール VS キャラ2&ドッジボール」のようにセットして遊ぶ。
同梱した対応ステージを使えばスクロールしないので遊びやすい。


玉入れ

主に運動会で行われる競技。正式名はアジャタ。
対戦開始すると玉を召喚する。この玉は攻撃すると飛びあがるので、それで玉入れに入れよう。
入れると玉入れの体力が減少し、デフォルトでは5個入れると終了(勝利)となる。
呼び出す玉の数や何個入れれば終了になるかを、オプション設定のvar(12)とvar(13)の部分で変更可能。
玉入れを先頭にするかどうかを変えたり、開始イントロを飛ばすと玉入れの位置が変わってしまう。
単に強ければ得点が取れるというものではなく、意外なキャラが得意だったりする。

推奨設定
キャラのattackを0にする。(完全にノーダメージになるわけではない。乱闘有りならダメージ有りでもいいかも)
空中投げ無効のキャラ出場禁止。(ボールや玉入れ撃破時の選手巻き込み攻撃が空中投げ属性)
ステージのスクロール固定(固定するステージのdefファイルを開き、boundleft boundright boundhighを0にする。)


ドッジボール

約70~110年前に出来た遊び。現在では正式にスポーツ化された。
対戦開始するとボールを召喚する。このボールは両チームから攻撃を加えることが出来る。
攻撃を加えると攻撃した人から反対側へ飛んでいくので、飛ばして何度か相手選手に当てれば勝ちとなる。
中央の白線には押し戻し判定がある。飛び越えたり移動技で強引に相手コートに侵入しても味方コートへ吹き飛ばされてしまう。
短時間に多段ヒット技でボールを攻撃するとバグりやすい。
相手コートに攻撃が届くキャラ、判定の小さいちびキャラ、回復能力を持つキャラは大幅に有利となる。

推奨設定
キャラのattackを0にする。(完全にノーダメージになるわけではない。)
キャラのlifeを1000。defenceを100にする。(選手の耐久力を統一。この状態ではボールのダメージは200)
空中投げ無効のキャラ出場禁止。(ボールやラインオーバー時の攻撃が空中投げ属性)
ステージのスクロール固定(固定するステージのdefファイルを開き、boundleft boundright boundhighを0にする。)




出場大会

  • 「[大会] [玉入れとドッジボール]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル