パワードバルタン星人


銀色の巨人を援護しますか?

彼が味方だとなぜ言える?

ハサミを持ってる方は明らかに敵ですから

1993年に円谷プロがアメリカで製作した特撮作品『ウルトラマンパワード』に登場した宇宙人。
ウルトラシリーズの人気宇宙人バルタン星人をリメイクした存在であり、
劇中では単に「バルタン星人」、放送当時の書籍などでは「バルタン星人(新)」とも呼ばれている。
身長:ミクロ - 65m、体重:最大2万3千t。別名は初代と同じ「宇宙忍者」。

登場エピソードは第1話「銀色の追跡者」、並びに第13話(最終話)「さらば!ウルトラマン」。
本作の黒幕的な立ち位置で暗躍しており、最終話ではパワードバルタン星人の元締めとして、
冬虫夏草を髣髴とさせる見た目のサイコバルタン星人も登場している(上記画像右端)。

過去シリーズのバルタン星人とは性質・デザイン共に大きく異なり、特に性質に関しては、
本作では「宇宙の多くの星を侵略してきた宇宙の侵略者」とされ、地球人と意思疎通さえしようとしない
悪の侵略者としての性質が強調されており、地球人と対話するシーンや宣戦布告するシーンなどが一切無い。
外見もシャープな昆虫のようなイメージであり、金属的な甲虫のような紺色のカラーリングと相まって、
他の作品のバルタン星人とはかなり印象が異なる。
アレンジデザインを行ったのは、平成『ガメラ』3部作でガメラギャオスをアレンジデザインし、
樋口真嗣氏と共同でイリスレギオンのデザインを手がけた前田真宏氏である。
視聴者からの人気も高く、ソフビ人形『ウルトラ怪獣シリーズ』では『パワード』怪獣で唯一、
規格変更されるまでラインナップされ続けていた。 パワードはラインナップから外されちゃったのに。

主な得意技としてはハサミから放つ衝撃波があり、これで空間を歪ませてビルを破壊している。
書籍設定では反重力や念力の類とされており、
後年のデータカードダス『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』では「フラッシュ念動波」という名称になっている。
また、口の管から毒ガスを発射でき、射程こそ短く至近距離の相手にしか当たらないが、
接近したパワードに使用して退けた。
他にも飛行中に赤い光弾(当時の書籍設定やゲームでは「バイオビーム」)を追撃するパワードに発射しているが、
劇中では逆にパワードに跳ね返されてしまっている。
攻撃能力以外にも飛行能力を持ち、第1話では背中の青い翼を広げて飛行してパワードと空中戦を繰り広げた。

劇中での動きは若干スロー気味で、動きは遅め(尤もこれは『パワード』怪獣全体の共通項だが…)。
ただしこの回に関しては上手く宇宙人の不気味さを出していたとする見方もある。
また地上では立ち止まって衝撃波を多用していたので、他の怪獣に比べて動きの遅さも目立たなかった。
第1話ではパワードとの激闘の末、最期はメガスペシウム光線を受けて消滅した。

が、以降も生き延びたバルタン星人らは、地球を我が物にせんと暗躍。
第12 - 13話ではドラコゼットンを差し向け、遂にはパワードをエネルギー切れで戦闘不能に追い込んでしまった。

各種ゲーム作品では、上記のような劇中設定など何処吹く風、
シャープな外見から想像される通りの軽快な動きを見せてくれることが多い。
技が過去のバルタン等の技から水増しされていたり、槍状のハサミでの素早い突き刺し攻撃も高確率で搭載されている。
劇中でのハサミ攻撃ってスローな薙ぎ払いぐらいだったはずなんだけど。
後述するMUGENのパワードバルタンは、映像作品よりもこちらのイメージのキャラになっている。

+ ゲーム作品での扱いの詳細

その他、漫画『ウルトラマン超闘士激伝』ではゴーデス編に登場。
パワードの弟子という設定で、同じく『パワード』出身の怪獣同様、パワード流派門下生という設定で登場した。


MUGENにおけるパワードバルタン星人

メルバの作者であるm78氏の製作したものが2011年10月16日に公開された。
ドットは手描きであり、AIは搭載されていないが外部AIが2016年7月12日に怪獣スレ3の711で公開された。

動きは素早く、飛行突進や2代目バルタン星人が使用したバリアなども搭載されているなど、
映像作品よりも3DOの『ウルトラマンパワード』に近い技構成と動きになっている。
攻撃もハサミが細長いため前後に攻撃判定が長く発生も速いので、連発すれば攻撃がつながりやすい。
一見何もしていないようなモーションだがゲージ溜めも搭載されており、使うとモリモリとゲージが溜まって行く。
『大怪獣バトル』版の要素も技名などにあり、赤色破壊光線も強力でかなり派手な光線技に仕上がっており、
3ゲージ消費でカットイン有りの技になっている。
赤色破壊光線とは別に、通常技で赤い光線を放つバイオビームも搭載されている。
が、このバイオビームが非常に強力で、この技と飛行突進を多用して人操作で戦うと隙のある凶キャラなら倒しかねない。
ただし、バイオビームなど以外は割と普通寄りな性能の技が揃っており、ゲージ技の威力も低めである。
人操作で使う時には相手の強さに応じて使う技を変えると(特にバイオビーム、飛行突進、ゲージ溜めの使用頻度)、
色々な相手と楽しく戦えるかもしれない。

+ 特徴的な技の性能解説

出場大会

出演ストーリー

なこるる茶屋(第126話に登場)