カーラ・ケラー


1994年にデータイーストから発売されたグロ実写格闘ゲーム『タトゥーアサシン』に登場するキャラクター。
マーシャルアーツとフィギュアスケートを組み合わせたまったく新しい格闘技の使い手。
かつては有望なフィギュアスケート選手だったが、ライバル選手の策謀による闇討ちで負傷、代表の座も奪われてしまう。
卑劣な手段で栄光を奪われた彼女は、魔法のタトゥーの力で復讐を誓うのであった。
モデルは恐らく当時現役のスケート選手であったナンシー・ケリガン氏。というか襲撃のくだりとかそのまんまである。
色んな所から怒られそうな気がするが、まぁ設定以外は原型留めてないから大丈夫だったんだろう……多分。

原作は国内ではロケテスト後にお蔵入りになったゲームなので、日本での知名度は皆無。
フェイタリティの演出が非常に豊富かつバカバカしい物(例:ケツから火を噴く毒々しい色の屁をこく更に盛られた大量のカレーをケツから発射等)が多く、
モータルコンバット』に準拠しただけのゲームでは終わらない、デコゲー特有の妙なセンスが発揮された怪作である。


MUGENにおけるカーラ・ケラー

mass氏が製作したカーラ・ケラーが存在する。
原作準拠のオリジナルモードと様々なアレンジを加えたアレンジモードを選ぶ事が出来る。

29種類のフェイタリティ演出を再現しているが、KO後にコマンド入力する仕様が再現できなかったため、
試合開始前に選択する方法を取っている。
同封されているメモ帳には原作のコマンドも載っているが、MUGENでは受け付けてくれないので注意。
また、設定によりフェイタリティを固定することもできる。
中にはこんな物も…

対人戦

出場大会

プレイヤー操作



添付ファイル