ペルゼイン・リヒカイト


「やさしく…やさしく…致しますの」

バンプレストの『スーパーロボット大戦』シリーズに登場する、ゲームオリジナルのロボット。
……正確には機械の類ではないが(後述)。
初出は3部作まとめたせいでやたら長いスーパーロボット大戦IMPACT』。敵勢力アインストの一体として登場する。
名称は「人格」を意味するドイツ語のPersoenlichkeitが由来で、元の単語は区切られていない。英語で言えばパーソナリティ。
機体の外見は鬼の面を幾つも重ねたような外見をしている。
パイロットはアインスト・アルフィミィ

肩の左右には大きな鬼面「オニボサツ」が浮遊しており、これらからビームを発したり鬼面が巨大化して相手を攻撃したりする。
鬼面で相手を拘束し手にした太刀「オニレンゲ」で相手の胸を抉る、
「マブイエグリ」は非常に見た目的に凶悪な技である(マブイ=琉球方言で魂だから仕方ないかもしれないが)。
機体の性能もかなり高く、HP回復やEN回復のほか分身まで持っている。
更にパイロットのアルフィミィが特殊技能「予知能力」を持っている為、精神コマンドを使用しなければ攻撃を当てる事は困難。
初出のIMPACTでは序盤から終盤まで幾度も出現してプレイヤーを苦しめるが、撤退させずに撃墜すると有益なアイテムを入手できる事が多い。
しかし、せっかく撃墜可能な程度にHPを調整したところに資金泥棒の横槍が入って逃げられてしまう事もある。
OG2では十三万以上のHPなのにも関わらず弱体化無しで序盤から出てくるため、相当手こずらされることになる。
(まあOGシリーズでは似たような例が結構あるけど

『IMPACT』が初出ということで、そのリメイク元である『スーパーロボット大戦COMPACT2』三部作には登場していない。
ロクに言葉も喋らず、ひたすら正体不明で得体の知れない不気味な存在だったアインストに突然参入したロリキャラということで、
アルフィミィを歓迎するファンも居れば「雰囲気が台無し」として否定的なファンも居る。
流石に現在ではかなり受け入れられているようだが、当初は割と賛否両論あるキャラクターであった。

+その正体は
アルフィミィの肉体とも言うべきもので、パイロットに見えるアルフィミィはあくまでその精神部分に過ぎない。
そのためこの機体が完全に消滅した場合はアルフィミィも諸共に死ぬことになるし、アルフィミィは外に出ることもできな かった
(逆に言えば機体があるならば、何度倒したとしてもアルフィミィが死ぬことはない)
ただし過去形にしている通り、OGシリーズにおいてはOG外伝以後、アルフィミィはペルゼインの外に出る事が可能になっている。
ってか、ムゲフロEXCEEDに至っては終始ペルゼインの外にいるし。
さらに外伝より以前から成人向け含めた二次じゃ普通に外に出ているし。
なおコミカライズ作品であるOGクロニクルで明かされたコクピット内部はピアノの鍵盤のような物が浮いており、
アルフィミィはこれでペルゼインを動かしているようだ。
漫画『衝撃騎士団』では下半身が一体化してなかったかって?聞こえんなぁ?

+アルフィミィについて
「黄泉路へお連れ致しますの…」

外見年齢はだいたい13~14歳ぐらい。
ですます口調に「の」を付け、ゆっくりめに喋る(「~ですの」など)。
骸骨のようなものや植物のようなものばかりのアインストの中で、
唯一人間に近い形をしているのが彼女である。
(スパロボ本編に限らなければ『無限のフロンティア』でも一応人型のアインストは出てくるが)

+アルフィミィの正体(ネタバレ注意)
その正体は、エクセレン・ブロウニングから作られたコピーである。
実はエクセレンは士官学校時代に起きたスペースシャトルの事故で一度死亡しており(事故の原因は恐らくアインスト)、
死体をアインストに回収されて蘇生された(本人はこのことを覚えていなかった)。
その際に得たエクセレンのデータを元にして作られたのがアルフィミィである。

余談だが、そのシャトル事故の生存者は記録では二名。
片方は蘇生されたエクセレンで、もう一人は 単なる悪運 で生き残った主人公だった。
彼が生存していたためにアインストは男性のデータを得ることができず、生物としては不完全になってしまった。
…しかし、エクセレンではなく主人公がアインストに回収され、エクセレンが完全に死亡した並行世界では
女性のデータはなかったものの主人公が名実ともにバケモノになって大暴れする
(しかも並行世界での出来事とはいえ少なくとも主要キャラクターの一人を殺している)
という
目も当てられない事態になっている。
(本編のエクセレンも途中でアインストに覚醒するが、この時の主人公ほどヤバくはない)

……主人公主人公言っているが、厳密にはエクセレンもIMPACT第2部・COMPACT2第2部の主人公である

なお、IMPACT及びOG2では彼女の没後、キョウスケとエクセレンが
「子供ができて、女の子だったら……」という旨の会話を交わしている。 子供にとって重荷になりゃせんだろうか
それだけならまだしも、OG2ではさらにフラグ次第
「子供が出来て、女の子で、 双子だったら ……」という会話になる。 なんという分の悪い賭け
まぁ、よっぽどの事がない限り、OGでキョウスケとエクセレンが自分の子供に「アルフィミィ」と名付けることはないだろうけど。

原作の戦闘デモ
IMPACT版(5:29から) OGS版
第2次OG版


MUGENにおけるペルゼイン・リヒカイト

ディス・アストラナガン大雷鳳などを制作した猫飯氏によるものが公開されている。
カットインには『 MUGEN 無限のフロンティアEXCEED』のものが使用されている。とても尻。
氏のキャラおなじみの気力システムもしっかり搭載。
必殺技のマブイエグリは当て身技となっている。キャラによっては刀を刺す場所が非常にヤバい
また分身も再現されており、気力130以上で発動し一定確率で相手の攻撃を無効化できる。
さすがに原作そのままだとヤバいからか発動率は10%になっている(オプションで確率を変更可能・最大50%)。
また予知能力も搭載されており、当身に成功すると相手の背後に回りこむ
AIは搭載されておらず、∞ろだにて製作者不明のAIが公開されていたが同所の閉鎖により現在はDL不可能。
2013年、国士無双氏によるAIが公開された。公開先は猫飯氏のブログから。

ストーリーには2つ出演。
MUGEN STORIES INFINITYではまだ作成されていない頃だったので、ビシャモンにボイスパッチを当てたものとなっている。
S&S ~ようこそ、古明地探偵事務所~ではアルフィミィ・ナンブとして登場。
この動画ではペルゼインを含めMSは巨大ロボットではなく、等身大のパワードスーツの様な扱いになっている。

「気になりますの…あの人のこと…」

出場大会

出演ストーリー