川名みさき

「夕焼け、きれい?」

プロフィール

Tactics製作のPCゲーム『ONE』のヒロインで、主人公の上級生。「かわな-」。
誕生日:6月3日、血液型:AB(RH-)型、身長:165cm、スリーサイズ:B86/W60/H84
小学生の頃に遭ったある事故が原因で両目の視力を完全に失ったため
幼小時代から慣れ親しんだ場所ではない「外の世界」を怖れている。
逆に「知っている」場所なら普通の人と同じように行動できるようで、自宅周辺や学校内は自由に歩き回ることが出来る。
(みさきの自宅は主人公たちの学校のすぐ近くであり、みさきは幼少の頃から学校にコッソリ侵入して遊んでいたため、学校内のことを知っている)
親友の深山雪見が部長を務める演劇部に顔を出したりもしていて、演劇部所属の後輩である上月澪とは知り合い。
お互いにコミュニケーションに難があるにも関わらず、仲がいい。

なお、盲目ではあるものの、作中で白杖を使っている描写は一度もない。
その上、気配を感じることが出来たり、実は見えてるんじゃ?という疑惑ネタは作中にもあったりする。
+ 目のハイライトについて

見た目の割にかなりの大食らいで、何人分ものカレーを完食したりする。
更には「 朝食は食パン一斤 」などとのたまったことも……
ゲームファンの間では「(元祖)カレー先輩」と呼ばれてもいたり。
テーマ曲名も『見た目はお嬢様』と外見とのギャップは公認している。
風貌がどことなく『AIR』の神奈と似ているがたぶん気のせい。
単に髪型と髪の色が同じだからといえばそれまでなのだが。

声優は媒体ごとに異なるがPS版、ドラマCD版では共通して雪野五月女史が担当している。

Eternal Fighter Zero』における性能


俺の拳に構えは無い!」と言わんばかりの仁王立ちで戦う。
目が見えない中それはあまりに無謀に思えるが、何、気にすることは無い。
原作の台詞からの連想なのか、風をモチーフにした技が多い。
どうでも良いけど立ちドット鳩胸過ぎね?っていうか首おかしくね?…あれ、誰か来たみt

トップクラスの火力と高い機動力をかねそなえたキャラクター。
飛び道具、突進技、当身技に対空投げと必殺技のバランスが良く、
エタニースペシャルも高性能で扱いやすくものがそろっている。

ガードさせて有利な通常技が『EFZ』でも最多で、固めが強力。
一部の技にはガードポイントがついているので暴れにも強いが、
中段として機能しやすい技が無いのでプレッシャーはやや小さい。
技のリーチは長い部類に入るが、判定は強くないので牽制性能は普通。
持ち前のスピードを生かして接近戦に持ち込むことが重要になる。

挙動がわかりやすくコンボも覚えやすいので初心者向けと言われる。
ただし切り返しに使える無敵技はRF版「アサルトガッシュ」のみで、
これすらガードされると大幅に不利、と防御面の性能はいまひとつ。
おまけに小技の発生が全体的に遅く、食らい判定も最大クラス。
よって切り返しにはリコイルガードからの割り込みが必須となる。
本当に初心者におすすめできるキャラクターなのかどうか怪しい。

+ 各種技解説

参考動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8550800 http://www.nicovideo.jp/watch/sm8553651

MUGENにおける川名みさき

ルージュノワール氏、586氏製作のものが有名。

  • ルージュノワール氏製作の「川名みさき」
基本的には原作再現仕様であり、ボイスもしっかり実装されている(CV:雪野五月)。
ただ『ONE』にみさきの戦闘シーンは無いので、台詞や掛け声の一部には園崎魅音の声が使われている。
全体的に攻撃力が底上げされているものの、その代償とばかりに「ダウンバースト」がマジで使えなかったり、
「ハイスピードランチ」が受身できたりと超必殺技は弱体化の傾向。
またRF版「アサルトガッシュ」の無敵時間が切れるのが早く、ますます切り返しが絶望的なっていたり。
いわゆる「奇数リコイル」も再現しているが、RGにバグがある模様。
さらに屈中とダッシュ屈中が記述ミスでガード不能になっているため、
動画に出す際は原作通り空中および立ちガード不能の下段判定に変えた上で出すのがいいだろう。

また7P~12Pカラーでアレンジモードとなるが、
溜め系のコマンドが追加されるなどして全体的にむしろ別キャラじゃね?といえるほどに挙動も変化する。
なかなかに乙な具合のアレンジなので一度はプレイしてみては?

なおこのキャラにはUNKNOWNに対して、『ONE』をプレイした事のある人間なら思わずニヤリとなる特殊イントロが存在する。
hanma氏のUNKNOWNにはそれに対応する特殊イントロが組み込まれているため、気になる方は自分のMUGENで確かめてみよう。
ちなみに、登場時に本項冒頭の台詞を喋ることがあるのだが、新MUGENと違ってWIN版以前のMUGENではステージ用の特殊イントロが実装されていないため、
だろうがだろうが雨の中であろうと関係なく言うことから、コメントで「お前は目が見えぬのか?」と突っ込まれることもある。実際に見えてないわけだが
infoseek無料HPサービス終了に伴い、現在は入手不可。

床氏による強いAIパッチもしっかり公開されており、屈強がヒットすればICからコンボに、
ガードされればタービュランスで吸い込む戦法は対人でも対AIでも効果抜群。
また、このAIを適用すると前述のバグは解消される。

  • 586氏製作の「川名みさき」
こちらの方は前者以上に原作再現志向。こちらも床氏によるAI(最新版未対応)とHAL氏のものが公開されている。
前者のAIは原作通りの受身不能時間と高精度AIを生かした青ICとダウンバーストを絡めた高火力コンボや
リコイルを使った的確な切り返しのおかげで、現在原作再現系のEFZキャラのなかでもかなり強い。
逆根性補正を切った状態だとゲージを絡めたコンボ一発で6割以上吹き飛ぶこともザラ。
後者のAIは現在の最新版に対応しており、
対AI・対人スイッチを変更することによって立ち回りを変更することができる。
この立ち回りを対人設定にすると、固めからの投げで択を仕掛けてくるようになるため、
人操作で対戦する時はこちらの設定をオススメする。
またこちらのAIはダウンバーストを絡めた原作通りのコンボを仕掛けてくるが、逆根性補正を切った状態にすると、
状況によっては7割~10割とさらに火力が高くなっており、油断が出来ない。

またルージュノワール氏製みさきのボイスを改変したボイスパッチもHAL氏によって公開されている。
ハルシオンβ氏によるPCフルボイス版のボイスパッチ(こちらはCV:須本綾奈)も小物ロダにて公開された。

  • Digoxin氏製作の聖誕みさき
みさき初の凶悪キャラ改変。クリスマスを意識してかそれに関連したアレンジがなされている。
そのため背景にクリスマスツリーが置いてあったり、プレゼントが降ってきたり、サンタ姿の澪がソリで突進してきたりと実にフリーダム。
設定が低いと狂クラス止まりだが、上げれば上げるほど耐性と殺傷能力が上昇して神クラスとなる。

+ おすすめコンボ(586氏作のみさきの場合)

+ ニコニコmugenでの立場・実績(動画ネタバレあり)


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
凍結
削除済み

出演ストーリー

ELEVEN~小心者リーダーと見た目お嬢様~(主人公)
K'の社会復帰
La Jodaso Stiana
MUGEN学園カラス部
Nの日常
Transfer Avengers(クロスオーバー「黄金の仮面伝説」枠)
your name is my name!
アリスとラオウ(食事部部長)
黄金の仮面伝説(主役の一人)
おっぱい三国志
仮面ライダーMIOMEGA(非戦闘)
狩リー屋ドノヴァン繁盛記
金髪と蛇~Blondie&Snake~
剣客少女
謙虚でないと!
この世界の片隅で(主人公、変態
志貴と無限市物語
シンクロナイズド・ストーリーズ(「この世界の片隅で」より)
血が嫌いな吸血鬼(カレー部部員・「円」を習得済)
豆腐屋 早苗さん
楓流メイフィールド(盲目ではない)
魔理沙の宅配便(クロスオーバー「黄金の仮面伝説」枠)
リュウが咲く!(カレー空輸の社員)