川名みさき

「夕焼け、きれい?」

プロフィール

Tactics製作のPCゲーム『ONE』のヒロインで、主人公の上級生。「かわな-」。
誕生日:6月3日、血液型:AB(RH-)型、身長:165cm、スリーサイズ:B86/W60/H84
小学生の頃に遭ったある事故が原因で両目の視力を完全に失ったため
幼小時代から慣れ親しんだ場所ではない「外の世界」を怖れている。
逆に「知っている」場所なら普通の人と同じように行動できるようで、自宅周辺や学校内は自由に歩き回ることが出来る。
(みさきの自宅は主人公たちの学校のすぐ近くであり、みさきは幼少の頃から学校にコッソリ侵入して遊んでいたため、学校内のことを知っている)
親友の深山雪見が部長を務める演劇部に顔を出したりもしていて、演劇部所属の後輩である上月澪とは知り合い。
お互いにコミュニケーションに難があるにも関わらず、仲がいい。

なお、盲目ではあるものの、作中で白杖を使っている描写は一度もない。
その上、気配を感じることが出来たり、実は見えてるんじゃ?という疑惑ネタは作中にもあったりする。
+目のハイライトについて
上記の画像だとまるでヤンデレキャラのように見えるが、実際には社交的で明るい性格(PS版とドラマCD版の中の人的にヤンデレはむしろこいつ)
というか、ヤンデレと言う言葉自体が『School Days』や「空鍋」ことアニメ版『SHUFFLE!』が発表された2005年頃に定番化したものであり、
当然「目にハイライトが無い=ヤンデレ」もそれ以降の表現である。
それまでは「目にハイライトが無い」と言うのは「目の焦点が合っていない」と言う意味でしかなかった。
よって、みさき先輩をはじめとした盲目キャラ達は「目が見えないんだから焦点を合わせ様も無い」ので当然である。
ただし、オタク業界抜きにしても「目の焦点が合っていない=上の空」「目を見開いたまま気絶」と言うのは現実世界で存在し、
それを基に催眠術や洗脳とかで「まともな意識が残っていない」と言う表現は昔からあった。
そこからヤンデレも「心が壊れている(病んでいる)」としてこの表現に至ったのだろう。

見た目の割にかなりの大食らいで、何人分ものカレーを完食したりする。
更には「 朝食は食パン一斤 」などとのたまったことも……
ゲームファンの間では「(元祖)カレー先輩」と呼ばれてもいたり。
テーマ曲名も『見た目はお嬢様』と外見とのギャップは公認している。
風貌がどことなく『AIR』の神奈と似ているがたぶん気のせい。
単に髪型と髪の色が同じだからといえばそれまでなのだが。

声優は媒体ごとに異なるがPS版、ドラマCD版では共通して雪野五月女史が担当している。

Eternal Fighter Zero』における性能


俺の拳に構えは無い!」と言わんばかりの仁王立ちで戦う。
目が見えない中それはあまりに無謀に思えるが、何、気にすることは無い。
原作の台詞からの連想なのか、風をモチーフにした技が多い。
どうでも良いけど立ちドット鳩胸過ぎね?っていうか首おかしくね?…あれ、誰か来たみt

トップクラスの火力と高い機動力をかねそなえたキャラクター。
飛び道具、突進技、当身技に対空投げと必殺技のバランスが良く、
エタニースペシャルも高性能で扱いやすくものがそろっている。

ガードさせて有利な通常技が『EFZ』でも最多で、固めが強力。
一部の技にはガードポイントがついているので暴れにも強いが、
中段として機能しやすい技が無いのでプレッシャーはやや小さい。
技のリーチは長い部類に入るが、判定は強くないので牽制性能は普通。
持ち前のスピードを生かして接近戦に持ち込むことが重要になる。

挙動がわかりやすくコンボも覚えやすいので初心者向けと言われる。
ただし切り返しに使える無敵技はRF版「アサルトガッシュ」のみで、
これすらガードされると大幅に不利、と防御面の性能はいまひとつ。
おまけに小技の発生が全体的に遅く、食らい判定も最大クラス。
よって切り返しにはリコイルガードからの割り込みが必須となる。
本当に初心者におすすめできるキャラクターなのかどうか怪しい。

+各種技解説
  • ハーフガッシュ
扇形の風を前方に飛ばす、「烈風拳」を彷彿とさせる飛び道具。
弱は発生は早いが射程が短い。ヒット時は相手を小さく浮かせる。
ガードさせて有利なので、牽制よりは固めに使われることが多い。
中は発生は遅いがガードポイントがついており、暴れ潰しに役立つ。
またヒットすれば相手を少し高く浮かせるのでコンボにもいける。
RF版は小さな爆風が5回、みさきの近くから順番に発生していく。
無敵時間は無いが、発生確定までの時間が短いので相打ちを狙える。
ただしいずれもみさき本人が攻撃を食らうと攻撃判定が消えるので過信は禁物。
攻撃判定自体も小さいため不容易に打つと低空ダッシュで飛び越えられることも。

  • ハイパーアクセル
斜め上に飛び上がって相手を放り投げる、「」のような対空投げ。
弱は発生が早く、投げる軌道がやや低いのでゲージがない時のコンボの〆に使われる。
中は出始め上半身無敵があるものの、発生が遅い上にスカされたときの隙が大きいため対空には使いづらい。
むしろ掴んだ後相手を背中側に受身不能状態で高々と投げ飛ばす特性を利用して
自分が壁を背負っている際のコンボパーツにされることが多い。
RF版は飛び上がることなくその場で空中の相手をつかむ地上対空投げ。
出始めに無敵時間があるので対空に使えるが、持続が短いので生で使うよりもリコイル後に使うほうが確実。
こちらも掴んだ後は受身不能で投げ飛ばすため追撃可能。
総じて判定は弱いものの、投げという性質上ガード・リコイル出来ないため使いどころは意外と多い。

  • アサルトガッシュ
斜め上に小さく飛び上がりながらタックルをくりだす突進技。通称
弱は発生が遅いがガードさせて有利で中段、ヒット時はダウンを誘発する。
中は発生が早く、短い時間ながら出始めの下半身に無敵があるので一点読みのリバーサルや暴れ狩りに使われる。
またヒット時は相手を浮かせるのでICをかければコンボの起点になる。
RF版は発生後まで続く長めの無敵時間がある上初段をICすればガードされてもノーリスク、
当たれば受身不能なのでコンボに直行できることから、切り返しにのほかコンボパーツとしても優秀。
ただし切り返しとして使う場合はICする場合青ICにならざるを得ないために火力を捨てることになりかねない上、
ICせずにガードされた場合やスカされた場合は反確なのでなるべく確実に使いたい。

  • リバースエアレイド
一歩退きつつ構えをとり、攻撃してきた相手を蹴り飛ばす当身技。
発生はあまり早くなく、飛び道具はもちろん下段技に対しても無力。
成功すればそのままコンボにいけるので見返りは大きいが、
成功後の打撃はガード可能な上に、めくり攻撃を取ってしまうと打撃をスカされて多大な隙をさらすことになる。
暴れ潰しも対空にも微妙なため死に技に近い。
使うとすれば遠距離から打撃でけん制する相手のけん制を取るときくらいか。

  • ハイスピードランチ
エタニースペシャル。
超高速で何杯ものカレーをたいらげ、残った皿を次々に放り投げる。
射程はそこそこ広いが、密着してしゃがまれるとまず当たらない。
ヒット時は受身が不可能になることを利用してコンボの〆に使う。
ちなみに当たる位置がよければさらに追撃が入る。

  • ダウンバースト
エタニースペシャル。空中でのみ使用可能。
真下に向かって巨大な突風を起こし、相手を地面に叩きつける。
当たると特殊ダウンを誘発し、ダウン追い撃ちが可能になる。
発生がやや遅く全段ガード可能なので、主に画面端でのコンボ用。
そのほかの用途としては起き攻めに使って相手のリバーサルを狩ったり
ガードゲージを溜めさせて崩した後のコンボダメージアップを狙ったりできる。

  • ターヴュランス
エタニースペシャル。
風圧で相手を文字通り「吸い寄せて」投げ飛ばすコマンド投げ
通常技からキャンセルして使用することで強力な崩し手段になる。
特にLv2のみ暗転後の発生が0Fなので密着だと暗転後回避不能なので非常に強力。
またLv3のみ、空中の相手をつかむことができるのでコンボにも使える。
一応無敵時間も少しあるので切り返しに使えなくもないが慣れた人にはあっさり対処されるので注意。
ちなみに『Kanon』の1年生に対してのみ特殊ダウン時はLv3でなくても繋がるという小ネタがある。
(特殊ダウン時は空中判定なので本来はLv1やLv2は繋がらない。バグか仕様か不明)

  • ハイエンドクラッシュ
ファイナルメモリー。
構えをとり、攻撃してきた相手を風の力を借りて吹き飛ばす当身技。
発生が非常に早く、上中下段全ての打撃を受け止めることができる。
対空に切り返しに暴れ潰しにと用途は広く、コマンドも非常に簡単。
その上、威力も非常に高いとFMの中では数少ない実用的な技の一つである。
ただし当身後の攻撃はガード可能な上に無敵が切れるのも早いため、
当身とられたのを見てからICかけてガードされたり無敵技で潰されたりということも。

参考動画

MUGENにおける川名みさき

ルージュノワール氏、586氏製作のものが有名。

  • ルージュノワール氏製作の「川名みさき」
基本的には原作再現仕様であり、ボイスもしっかり実装されている(CV:雪野五月)。
ただ『ONE』にみさきの戦闘シーンは無いので、台詞や掛け声の一部には園崎魅音の声が使われている。
全体的に攻撃力が底上げされているものの、その代償とばかりに「ダウンバースト」がマジで使えなかったり、
「ハイスピードランチ」が受身できたりと超必殺技は弱体化の傾向。
またRF版「アサルトガッシュ」の無敵時間が切れるのが早く、ますます切り返しが絶望的なっていたり。
いわゆる「奇数リコイル」も再現しているが、RGにバグがある模様。
さらに屈中とダッシュ屈中が記述ミスでガード不能になっているため、
動画に出す際は原作通り空中および立ちガード不能の下段判定に変えた上で出すのがいいだろう。

また7P~12Pカラーでアレンジモードとなるが、
溜め系のコマンドが追加されるなどして全体的にむしろ別キャラじゃね?といえるほどに挙動も変化する。
なかなかに乙な具合のアレンジなので一度はプレイしてみては?

なおこのキャラにはUNKNOWNに対して、『ONE』をプレイした事のある人間なら思わずニヤリとなる特殊イントロが存在する。
hanma氏のUNKNOWNにはそれに対応する特殊イントロが組み込まれているため、気になる方は自分のMUGENで確かめてみよう。
ちなみに、登場時に本項冒頭の台詞を喋ることがあるのだが、新MUGENと違ってWIN版以前のMUGENではステージ用の特殊イントロが実装されていないため、
だろうがだろうが雨の中であろうと関係なく言うことから、コメントで「お前は目が見えぬのか?」と突っ込まれることもある。実際に見えてないわけだが
infoseek無料HPサービス終了に伴い、現在は入手不可。

床氏による強いAIパッチもしっかり公開されており、屈強がヒットすればICからコンボに、
ガードされればタービュランスで吸い込む戦法は対人でも対AIでも効果抜群。
また、このAIを適用すると前述のバグは解消される。

  • 586氏製作の「川名みさき」
こちらの方は前者以上に原作再現志向。こちらも床氏によるAI(最新版未対応)とHAL氏のものが公開されている。
前者のAIは原作通りの受身不能時間と高精度AIを生かした青ICとダウンバーストを絡めた高火力コンボや
リコイルを使った的確な切り返しのおかげで、現在原作再現系のEFZキャラのなかでもかなり強い。
逆根性補正を切った状態だとゲージを絡めたコンボ一発で6割以上吹き飛ぶこともザラ。
後者のAIは現在の最新版に対応しており、
対AI・対人スイッチを変更することによって立ち回りを変更することができる。
この立ち回りを対人設定にすると、固めからの投げで択を仕掛けてくるようになるため、
人操作で対戦する時はこちらの設定をオススメする。
またこちらのAIはダウンバーストを絡めた原作通りのコンボを仕掛けてくるが、逆根性補正を切った状態にすると、
状況によっては7割~10割とさらに火力が高くなっており、油断が出来ない。

またルージュノワール氏製みさきのボイスを改変したボイスパッチもHAL氏によって公開されている。
ハルシオンβ氏によるPCフルボイス版のボイスパッチ(こちらはCV:須本綾奈)も小物ロダにて公開された。

  • Digoxin氏製作の聖誕みさき
みさき初の凶悪キャラ改変。クリスマスを意識してかそれに関連したアレンジがなされている。
そのため背景にクリスマスツリーが置いてあったり、プレゼントが降ってきたり、サンタ姿の澪がソリで突進してきたりと実にフリーダム。
設定が低いと狂クラス止まりだが、上げれば上げるほど耐性と殺傷能力が上昇して神クラスとなる。

+おすすめコンボ(586氏作のみさきの場合)
レシピ 備考
2A→2B→2C→弱ハイパーアクセルor中アサルトガッシュorハイスピードランチ 基本コンボ。〆をハイパーアクセルにするかアサルトガッシュにするかで相手がダウンする位置が変わるので、状況に応じて選べるようになるとベスト。
2A→2B→2C→青IC→(近B→空B→DC空B)×2→近B→空A→空B→空C 画面端が遠いステージでも安心なコンボ。ダメージは5割ほど。
2A→2B→2C→青IC→(近B→空B→DC空B→空C)×2→ダウンバースト→2A→2B→2C→中アサルトガッシュ 画面端(付近)限定。ダウンバースト前の高度によってはその後の2Aが入りにくくなることも。ダメージは6~9割。
中ハーフガッシュ→空B→DC空B→近B(→立C)→空A→空B→空C 暴れ潰しや牽制事故ヒットからのコンボ。
中ハーフガッシュ→空B→DC空B→空C→近B→空B→DC空B→空C→ダウンバースト→2A→2B→2C→中アサルトガッシュ 画面端(付近)限定。ダメージは5~6割。
ダッシュC→空C→DC空B→空C→近B(→立C)→空A→空B→空C 画面端(付近)限定。ダッシュCの先端を当てるようにすると成功しやすい。
2C→青IC→(近B→空B→DC空B)×3→空C→ダウンバースト→2A→2B→2C→中アサルトガッシュ 奇襲からのコンボ。かなりの距離を運べるので、よほど画面端から離れていない限りは決まる。ダメージは7~8割。

+ニコニコmugenでの立場・実績(動画ネタバレあり)
ストーリー動画ではカレー繋がりでテスタメントシエルと組むことが多く、運送会社の社員だったり、カレー店の店員だったりする。
大会においてはカレー属性、風属性などでチームを組むことが多い。

大会動画での主な戦績は以下の通り
タッグトーナメントRS:優勝
【直感とネタで】タッグ戦するよー:準優勝
第3回同人キャラ混合タッグ選手権:準優勝
ネタかリアルか?作品別本気80%トーナメント:準優勝
出身作品別トーナメント【シシー杯】:優勝


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
凍結
削除済み

出演ストーリー

ELEVEN~小心者リーダーと見た目お嬢様~(主人公)
K'の社会復帰
La Jodaso Stiana
MUGEN学園カラス部
Nの日常
Transfer Avengers(クロスオーバー「黄金の仮面伝説」枠)
your name is my name!
アリスとラオウ(食事部部長)
黄金の仮面伝説(主役の一人)
おっぱい三国志
仮面ライダーMIOMEGA(非戦闘)
狩リー屋ドノヴァン繁盛記
金髪と蛇~Blondie&Snake~
剣客少女
謙虚でないと!
この世界の片隅で(主人公、変態
志貴と無限市物語
シンクロナイズド・ストーリーズ(「この世界の片隅で」より)
血が嫌いな吸血鬼(カレー部部員・「円」を習得済)
豆腐屋 早苗さん
楓流メイフィールド(盲目ではない)
魔理沙の宅配便(クロスオーバー「黄金の仮面伝説」枠)
リュウが咲く!(カレー空輸の社員)