ジェットジャガー


1973年公開の東宝映画『ゴジラ対メガロ』に登場したロボット。別名「電子ロボット」。
通常時のスペックは全高1.8m、重量150kg。巨大化時には全高50m、重量2万5千tとなる。
また、マッハ3.5で空を飛ぶことも可能。
同映画の主題歌として「ゴジラとジャガーでパンチパンチパンチ」(唄:子門真人)も用意された。
本作はゴジラ史上最低との呼び声もある代物だがジェットジャガーは人生である。お忘れなきよう。


若き科学者の伊吹吾郎が開発した等身大の高性能ロボットで、元々は日常生活のアシストを目的として造られた。
だが正面から見ると宇宙メカゴジラにも似た怖い顔をしている。
特徴としては「良心回路」と呼ばれる機能を組み込まれており、本来は人間の行動や言葉に対する、
正確な行動を判断する程度のものだったが、これが後にジェットジャガーに大きな影響を及ぼすことになる。
普段は伊吹の研究所の電波操縦機で遠隔操縦される。

その高性能故に、人類の核実験の報復を目論む海底王国シートピアに目を付けられて強奪されてしまい、
王国の怪獣メガロの進撃の水先案内人として操られてしまうが、伊吹によってジェットジャガーは奪還される。
奪還されたジェットジャガーは良心回路の影響によって自我に目覚め、さらに 自らの意思による巨大化能力 を発揮
(この巨大化能力は当初から搭載されていた機能ではなく、開発者である伊吹にとっても想定外の事態だった。
 これを目の当たりにした伊吹は「メガロと戦おうという意思が巨大化させたのだ(意訳)」と口にしている)。
巨大化したジェットジャガーは怪獣島から駆け付けたゴジラと共に、メガロとその援軍であるガイガンと交戦。
ゴジラと抜群のコンビネーションを発揮し、戦いの末に大怪獣を退散させることに成功。
全てが終わった後は本来の等身大サイズに戻り、良心回路の本来の機能を除いて自我も消えてしまった。

なお、数多くの怪獣が登場した格闘ゲームである、
『ゴジラ 爆闘烈伝』『ゴジラ 怪獣大決戦』のいずれにも人型は作り易そうものなのだが登場していない。
ただし『ゴジラ 爆闘烈伝』のディスク読み込み失敗画面には同じく参戦出来なかったミニラと一緒に
こっそり劇中の他キャラと同じ画風のドットで登場している。


他にはPSのソフト『ゴジラトレーディングバトル』(ジャンル:カードゲーム)に登場。
戦闘シーンでは、ヒーローの光線技っぽいポーズで体から液体窒素を出す没設定由来の技を使ったり、
ミサイル、掌からのビームをバトルカードの技として使っていた。
ちなみにカードイラストはリアル風アレンジが効き過ぎており、戦闘シーンとは対照的に異様に怖い。
また『ゴジラ怪獣大乱闘 地球最終決戦』でもプレイアブルキャラクターとして参戦、
巨大化に加え縮小化も習得し、更にカイザーウェイブっぽいポーズで光線技を放つ。

さらに2014年発売のPS3ソフト『ゴジラ -GODZILLA-』にまさかの抜擢。
第2弾PVのトリを飾ったり、公式がツイッター上でジェットジャガー祭りと称してスクリーンショットを公開するなど謎の推されっぷりを受けている。
公式ツイッターで明かされた裏話によると「プロデューサーが指示もしていないのに、勝手に3Dモデルが作られていた」との事。
余程のファンがスタッフにいたようだ。
映画版とは違いその出自などは一切不明で、「何者かがゴジラを止めるために作ったのか」と推測されるのみにとどまっているほか、
ジェットジャガーの名前が出てくるのも二度目の出現時にオペレーターにより命名される形となっている。
これまでのゲーム作品とは違って肉弾戦オンリーで、ドロップキックやフライングアタックなどで攻撃してくる。
そして、ジェットジャガーに計3回勝利すると挿入されるデモシーンでは…。

余談だが、『ゴジラ対メガロ』ドイツ語版ではなぜか名前がキングコングになっているらしい……
(ポスターもキングコングを意識してツインタワーの屋上にゴジラとメガロが対峙している絵)。
(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)

+映画作品以外での活躍

TV番組『ゴジラアイランド』

TV番組『ゴジラアイランド』では、白い塗装に赤十字マークの医療用「メディカルジェットジャガー」、
全身赤で塗装された消火活動用「消防ジェットジャガー」といったバリエーションも登場しており、
いずれも『ハイパーホビー』誌上でフィギュアが限定発売されたこともある。
「消防ジェットジャガー」は87話にて口から吐く白い消火ガス(効果音的には冷凍ガス?)で森林火災を鎮火しようとしており、
73年版の没設定の口から液体窒素を出すを元にした可能性がある。

アメコミ『ゴジラ:ルーラーズ・オブ・アース』(2013年)

2013年刊行開始のアメコミ『ゴジラ:ルーラーズ・オブ・アース』ではまさかの大活躍、
要所要所で美味しい所を持って行く準主役級味方キャラとして存在感を示した。
謎のロボットとして人類が研究する中、宇宙人の侵略を察知して、突如自律行動を開始、
以後さすらいのヒーローのように苦戦する人類やゴジラを助けはじめる。
ちなみに本作での人類側の巨大ロボットにはジェットジャガー研究で得た知識が使われているらしい。
初登場ではFW版ガイガン、オルガのタッグ相手に苦戦するゴジラとMOGERAの前に突如出現。
ミクロ化してオルガの体内に飛び込んだ後巨大化して突き破るなど大きさの変幻自在を能力としてフル活用し、
ゴジラとのタッグでガイガンを敗走させた後は疲労したゴジラを海に放棄すると言う大金星を挙げている。
他にはデストロイアとの戦いで苦戦した際に人間サイズになって機龍に搭乗して操作するという名シーンが存在する。

その後も最終決戦にて侵略宇宙人クライオグの送り込んだ怪獣トリロポッド達と敵対し戦う。
投網と船のイカリで敵怪獣を攻撃するが、ゴジラの遺伝子を吸収し、能力をコピーしたトリロポッドに苦戦を強いられる。
しかしその最中にトリロポッドに敵対する地球怪獣のジラが強襲、
ジェットジャガーがトリロポッドを抑え込んだ事で、ジラの攻撃が敵の喉笛に直撃しトリロポッドは倒された。
その後は宇宙人の宇宙船を攻撃、襲来したFW版ガイガンと1対1で死闘を繰り広げた。
本作は2017年に株式会社フェーズシックスより日本語翻訳版が刊行されており、ジェットジャガーは日本語版では2、3、5巻に登場する。

小説『GODZILLA 怪獣黙示録』(2017年)

2017年にアニメ映画の前日譚として書かれた小説『GODZILLA 怪獣黙示録』では、
ジェットジャガーを意識したと思われるパワードスーツ「ジャガーJ」が登場。
正式名称は「38式機動戦闘服ジャガー日本仕様」。
異星人「ビルサイド」から提供された科学技術が使用されており、スペースチタニウムで構成された装甲と、
高い情報処理能力を持ち、ビオランテ戦で一定の成果を上げた。

また、注釈で「惑星移民船用の土木作業ロボットにもこの技術が使われている」とジェットジャガーの存在を示唆する記述がある。



MUGENにおけるジェットジャガー

パチモン怪獣を多数制作したカーベィ氏によるジェットジャガーが存在。
当初は無限ロダのup4269で公開されており、同所の閉鎖後はデータ紛失により長らく入手不可能だったが、
作者が再うp願いを出したところ、MUGEN関係ファイルうpろだのup0030にミニラと共に再公開された。
そちらも閉鎖してしまったが、カーベィ氏曰く「準備中」とされていた。
そして2013年1月30日に氏のサイトでβ版として再公開された。
最新版は7月25日に公開されている。

通常技の類は一通り揃えられており、原作で使用した格闘技だけでなく、没技やゲーム作品の技も拾われており、
上記の画像にもあるような液体窒素攻撃、手から出るビームなどが搭載されている。
β版では必殺技が搭載されていなかったが最新版では搭載されている。
2013年7月25日の更新で必殺技「ジャガータイフーン」が搭載された。

ストライカーもついており、ゴジラが援護してくれる。
しかし、その体制があまりにも理不尽。しかし、原作でも同じようなことをしていたので仕方ない。
2013年7月7日の更新でAIが搭載された。

出場大会