緋ノ宮黎



「この神撫学園に、完全無欠の城を建てる!」

プロフィール

ETERNALの18禁超銀河級・総選挙RPG『輝光翼戦記 天空のユミナ』の登場人物。
名前の読み方は「ひのみや れい」
星徒会大戦第2回戦で戦う敵。男子硬式テニス部部長。
現星徒会長の神楽那由他にリコールを行い、多数の運動部をまとめ上げた
「運動部連合」の代表として超星徒会大戦に立候補した。
ファンからのあだ名はシスコン。
担当声優はこいつの旦那などを担当した…ゲフンゲフンヘルシー太郎氏。

原作でのキャラクター

力こそ全てと考える熱血・俺様思考。
帝王と呼ぶにふさわしい統率力を持ち多数の運動部をまとめ運動部連合を作りさらに
緋ノ宮黎ファンクラブなる組織もあるというかなりの影響力を持つ男。実際優勝候補であった。

しかしその実態はとんでもないシスコンである。どれくらいかというとそもそも彼が会長の座を目指す理由からして
妹である緋ノ宮灯が安心して暮らせる学園生活を作るというものだし一日妹にメールは数百件送ったり妹に近づく男に容赦しなかったりとそうとうやばい。
FDではさらにやばさが増し妹の水着姿妄想して暴走したり自己強化技で妹の名前を連呼したりとかなりカオスになっていた。

かつては優しい性格で妹にも常識的な範囲で愛情を注いでいたが、シスコンをこじらせてしまい暴走、
過保護になってしまい、灯が関わると人の話を全く効かなくなる上に思い込みが激しくなる。
傲慢になってしまった兄へ反発した灯を見て、その友人である論説部メンバーが灯を騙していると勘違いして過剰に敵視するようになる。
彼らを潰そうと論説部に不良けしかけて出場辞退させようとしたり投票する人たちに脅しをかけたりもした。
だが論説部に負けた後は改心、憑き物が落ちてまともなキャラになり、論説部に協力してくれるようになる。

決勝戦の前には論説部と戦う神楽那由他に喧嘩を売るも、シスコン呼ばわりされた挙句笑いものにされてしまい完敗。シスコンと変態がトラウマになる。


原作中の性能

武器はテニスラケット。属性は歩武と同じ赤。
バリバリの火力特化キャラ。そもそも彼との戦闘時も他のメンツは彼の援護役でしかなく
補助で強化した火力からの大技で相手を殲滅する。・・・まあ歩武と属性かぶってるせいでオーディエンス操作すりゃ簡単に倒せるが。
FDにおいては他のキャラ同様味方として使えるようになった。
歩武と違い火力特化で特に心理攻撃に強い。レベルの高い彼の技は一発で敵を殲滅できるくらい強い。
弱点としては論理攻撃にはからっきし弱いので注意。


MUGENにおける緋ノ宮黎

rakurai氏によるものがリリースされている。
原作スプライトを使用しているが、氏製作の他のユミナキャラ同様かなりアレンジが加えられている。
原作とは違いトリッキーな感じらしい。
ラケットで殴ったりボールで攻撃したりする。
ジャストディフェンス 系のシステムとして赤き炎の気合いの熱意を持つ。
AIもデフォルトで付属しており、レベル設定可能。
12Pでは常時ゲージMAXになる。



出場大会



「おにーちゃんは認めません!」




添付ファイル