藤崎詩織


 「一緒に帰って友達に噂とかされると恥ずかしいし」

概要

1994年にコナミから発売された恋愛シミュレーションゲーム『ときめきメモリアル』のメインヒロイン。
であると同時に、ギャルゲー界における記念碑的存在。ギャルゲー界のヒロイン中のヒロインであり、
格ゲー界で言えばリュウ、ロボットアニメ界のガンダム的な存在。
リュウを格ゲー界のミスター主人公とするならば、詩織はギャルゲー界のミスヒロイン。そんな存在。
担当声優は金月真美氏。映画版では吹石一恵氏が演じている。

好きとか嫌いとか~

+ときメモのちょっと余談
初出はPCエンジン・SUPER CD-ROM2専用ソフトで、発売当初は実はそこまで注目はされていなかったソフトであった。
それまで魅力的な女性キャラを輩出してきたコナミではあったが、それでも比較的硬派なゲームを出し続けていたコナミが、
よもやこの様な純粋な「ギャルゲー」を出してくるとは当時のゲーマー達は想像が出来ず、
PCエンジン版『ときメモ』の発表当時は「コナミの乱心」とまで言われていたこともあった。
またコナミの方でも当時は特別このゲームに期待していた所は無く、またユーザーの前評判から初回生産本数は少なかった。

また今でこそ認知されたときメモのキャラクター群も、当時の他のゲームの美少女キャラと比較すると
デザインや色合いから古くささを感じさせる印象が強く、実際に発売されるまでは殆ど話題に上ることはなかった。
しかし、いざ発売されるとしっかりとしたゲーム構成やシナリオ、システムやキャラクターの魅力が認知され、
口コミでその評価は広まっていき、今やコナミを代表するタイトルの一つとなった。
コナミ自身もこの人気は予想が出来ず、慌てて増産体制に入り、最終的には4回もPCエンジン版が再販された。
再販の度に実はバグ修正や調整が図られており、パッケージの裏でそのバージョンが確認出来るようになっていた。

今現在もシリーズは続いており、パズルゲームといった他ジャンルのゲームも発売され、
またキャラクターグッズの展開も幅広く行われている。

+ときメモのさらなる余談
実はときめきメモリアルをときメモと省略するは公式略称ではない。公式にはときめきと省略するのが正しかったりする。
これは元々はときめきを正式タイトルとしようとしたことに由来があるらしい。
ちなみに一般略称と公式略称が違う例としては、他にもテイルズがある。こちらはテイルズオブが公式略称。

後、ときメモの場合は身体データが学年ごとに違うことも特徴であり、藤崎詩織の例をあげると、
学年 身長 B W H カップ
1年 158 83 56 84 D
2年 158 84 56 85 E
3年 158 85 57 86 E
となっている。

ここで特筆すべきは 初代ときメモのキャラは口調によるキャラ立てを行なっていない ことである。
一人称は「私」、口調も特別な語尾等無い極普通のものであり、
それだけにキャラクターの動かし方、デートやイベントなどでのやりとりだけで(しかも前述の通りデザインはやや古いにも関わらず)、
二十年近くも愛され続けるヒロイン達が創り出されたということは、正に驚異としか言いようがない
(実は一人称に関しては一人だけ自分の名前を使用、口調に関しては2人ほど特徴的な人物(スローモーと英語日本語併用(ルー語とは違う)が居る)。

また、意外なクリエイターもこのシリーズの開発に携わっている。
月下の夜想曲以降の悪魔城ドラキュラシリーズを多く手がけたIGA氏もその一人である。
月下サントラのライナーノーツによるとアルカードのセリフを考えている合間にこちらの校正チェック依頼が来たとか。
その縁なのかどうかは分からないが、番外編ながら悪魔城にも伝説の樹が登場したことがある。
+信じられるか…これ、公式なんだぜ…?
そして、『メタルギアシリーズ』でお馴染みである小島秀夫氏も、
現在の小島プロダクションのチームでときメモのアドベンチャーゲームを制作している。サイコマンティス「ときメモが好きなようだな…」
「ときメモ・ドラマシリーズ」と称されるシリーズの初代は全て小島秀夫氏率いるチームが開発を行っており、
小島氏自身もゲーム中でのムービーやイベントシーンの演出を担当、
定評のある映画的演出はときメモでも遺憾なく発揮されており、屈指の名作と言われている程である。
今や『ときメモ』は、末永く愛されるシリーズの一つとして今なお、その人気を保ち続けている。

なお、上記にある映画版とは実は実写映画で、ヒロイン役である吹石一恵氏のデビュー作でもある。
撮影地となった山口県柳井市は別称で「星ふる街」、「白壁の街」と呼ばれているが、
この実写版の撮影の後の少しの間は「ときメモの街」とファンから呼ばれていたこともあった。
肝心の出来に関しては……話題にそう上らないことでご察しいただけたら…

人物

成績優秀・スポーツ万能・容姿端麗・品行方正と、正に「理想的な女の子」を絵に描いたようなきらめき高校のアイドル的存在。
完璧超人をナチュラルにこなし、性格も穏やかで誰にも優しく、誰からも愛される美少女。
……なのだが、自分が完璧超人だからか、 彼女が持つ理想の男性像もまた極端に高い。
この理想の高さが、恋愛シミュレーションゲームである本作では攻略難易度に直結し、今なお「難攻不落のラスボス」の伝説が語り継がれている。
パイロット版をプレイした担当声優の金月氏も「この女理想高過ぎだろ!!」とトークショーでぶっちゃけるくらい。
本作ではイベントをこなして攻略対象の好感度を上げると共に、主人公のパラメーターも問われる。
藤崎詩織を攻略する場合、全てのパラメーターを高値でキープする必要があるが、パラメーターを上げると詩織以外の女の子が十人以上現れる。
彼女達の好感度が下がると主人公に悪評が立ち(所謂「爆弾」)、藤崎詩織の攻略にも支障をきたす。
そしてこのゲームはプレイヤーから女子へ告白することが出来ず、一番好感度の高い女子が告白しに来る。*1
このため「登場した女子全部に媚びへつらいつつ詩織の好感度を一番高く持っていく」プレイングが要求される。
これだけでも難攻不落のラスボスだが、更にこの藤崎詩織、 好感度が下がると辛辣かつ陰湿な台詞をダイレクトに叩き付けてくる。
冒頭の台詞は好感度があまり高くない時(≒初期状態)に下校を誘うと主人公に投げつけられる台詞。
台詞そのものはどうと言うほどのものでもないが、これが 「家が隣の幼馴染」 である主人公に叩き付けられる。
とは言え現実なら、 高校生にもなって 彼氏でもない異性相手ならこんなもの。他に彼氏を作り辛くなるし。
セガサターン版ではプレイヤーから女子へ告白することが出来るようになったが、
好感度が物凄く低い、つまり嫌われている状態で告白すると下記のようになる。
ただしデートをすっぽかすなど 意図して好感度を下げる 行為をするドSでないとここまで嫌われないだろうし、
こんなセリフを聴きたいがために やっぱり意図して好感度を下げる ドMでないと聴く機会は無いであろうが。


 「あなたとは幼馴染みってだけでも嫌なのに……それじゃ、さよなら」

    |
    |  ('A`)
   / ̄ノ( ヘヘ

恐らく、「メインヒロインだから完璧超人、完璧超人だから手応えのあるキャラにしよう」と制作側は考えたのではないだろうか。
これが、「ゲームに慣れるため、取り敢えず最初に出てくる看板ヒロインから手を付ける」初心者とのギャップががっちり噛み合い、
「難攻不落の女帝」「ときメモのラスボス」の伝説を不動のものにしたと思われる。
なお、『ときめきメモリアル』自体藤崎詩織から告白されることをゲームの最終目的としている所があり、その意味では「ラスボス」評は間違っていない。
断っておくと、好感度が高くなると正に「ツンデレのデレ」のごとく甘い展開になるのでそこら辺はご安心を。
それにPCエンジン版のOP冒頭では部屋に主人公と思わしき人物の写真が飾られている為、
実際当初の想定としてはツンデレ的なキャラクターであったのかもしれない。
後に発表された外伝作品では主人公とも元々は非常に仲がよく、子供の頃はいつも一緒に遊んでいたのだが、
そこを同級生にからかわれた主人公の発した(幼い子供故の)心無い一言で互いに距離を置くようになってしまった──というエピソードも語られている。
また、裏設定では麻生華澄と同じように鉄棒での逆上がり、格闘技、空手、柔道、アクロバット、剣道、バイクでの運転なども簡単にこなすことも出来る。
ちなみに、車に轢かれそうになった瞬間に宙返りやムーンサルトで回避したという設定がある。

「赤毛の悪魔」「赤い悪魔」と呼ぶアンチまで生まれるに至って(ネットでは彼女を被告人とした「ときメモ裁判」なんてのもあった)、
流石にやりすぎだと思ったのか、以降のときメモシリーズはメインヒロインの攻略難易度は低めになっており
『2』のメインヒロイン・陽ノ下光は「一度もデートをせずにクリア」が達成されており「バッドエンドを迎える方が難しい」とまで言われたぐらい。
また好感度が低いからと言って辛辣な台詞も出ない。
ただ、他のキャラを攻略する場合に最大の障害(別のキャラを狙ってたのに伝説の時計台で待っているのは何時も光)となるため、
別の意味でラスボス と呼ばれることもあったりするが、それはまた別の話。
他にも一部空気とかメインヒロイン(笑)とか言われるケースもあったが。*2
後発メーカーも彼女の失敗に学んだのか、ギャルゲーでメインヒロインといえば「最初から無条件で好感度が高くて尽くしてくれるタイプ
幼馴染は主人公にとって他キャラより特別な存在」が王道パターンとなった。正にファンタジー。
また『ときめきメモリアル』登場ヒロインで(友人の妹を除けば)唯一主人公の友人とくっつかない、主人公専用のヒロインでもある。
+ところがどっこい
…………と思われているが、実は『ときめきメモリアル2』で────……

まぁ、ときメモの元ネタの一つとされる『同級生』も、一番人気のヒロイン(ちなみにメインヒロインではなかった)を『2』に出した結果、
「『1』の主人公と喧嘩別れした後に旅先で出会った『2』の主人公と付き合う」と言う展開があったりする。
まぁ『1』の一部ヒロインは、無事エンディングを迎えても エピローグで別れる けど(ただし上記のヒロインではない)。
ちなみに有名すぎるせいか他コナミゲームの中でも彼女のセルフパロディがいくらか見受けられる。
髪型や制服の色だったり、はたまた妙な場面でそっくりさんが出たりなど。
まあパワプロのサクセスモードのコンセプトは 「野球版『ときメモ』」 だったりするのだが。

+対戦ぱずるだま
当時コナミは落ち物パズルゲーム『対戦ぱずるだま』の色々なキャラ替え版を出しており、
本作のキャラを使った『ときめきメモリアル対戦ぱずるだま』も当然のごとく発売された。
このゲームは 「ヒロインが主人公に告白するため、邪魔する他のヒロインをパズルで打ち負かしていく」 という設定であり、
詩織以外のキャラクターを使用した場合は、 ラスボスとして詩織が君臨している
そして、この試合は所謂「ロボ作モード」(ロボ作とは元祖『対戦ぱずるだま』のキャラクター)。
すなわち双方とも攻撃が全て1色になってしまうため、かなりの運ゲー。
さらにこの最終面は コンティニュー不可かつ、負けるとバッドエンド確定 のため、多くのプレイヤーがその理不尽さに涙を呑んだ。
詩織「同じ条件で、ぱずるだまで勝負よ!」 (2:50~辺りから)
(ちなみに詩織使用時のラスボスは謎の隠れキャラのコアラの着ぐるみ。正体は…)

さらに『ラブプラス+』のミニゲーム「もえろ!対戦ぱずるだま」にもCPU専用の隠しボスとして乱入。
初代ヒロインの貫禄を見せてくれる。


+その他外部出演
他にも『実況おしゃべりパロディウス』のステージ2はきらめき高校がモチーフのためか、
隠しコマンドを入力するとBGMに金月女史の歌うボーカルが追加される。

そして『がんばれゴエモン3 獅子重禄兵衛のからくり卍固め』にも未来の転送装置の受付嬢として登場(江戸時代ではツインビーが担当)するのだが、
何故か左肘をついて非情にガラが悪いマナーが悪い。
12:53から

更には『オトメディウスX』でも何故かステージ5のボスキャラクターとしてゲスト出演。
制服の色は原作と異なり青黒くなっている。
8:45から

+平成最後の夏の「伝説」
ボンバーマンシリーズの新作、アーケードゲーム『ボンバーガール』に参戦。 確かに爆弾とは切っても切れない縁を持っているが……。
ちなみに正確には「藤崎詩織タイプのボンバーガール(キャラクター)」らしく、本人ではない。
但し、声優は元ゲー同様金月氏が担当している。
悪い噂と称し画面中にボムをばらまいてみたり、おもむろに伝説の樹を生やして無敵状態になったりと、他のハジけたキャラ達にも少しも引けを取らない。
伝説の樹は告白相手のキャラも無敵にするが、当然(?)先着一名。
本来はこの無敵状態でも爆風を受けた場合は、ダメージこそ無いものの一定時間身動きが取れなくなる(スタンする)仕様の筈なのだが、
稼働初日はバグにより本人を含めた味方側の爆風ではスタンしないことが発覚。
結果として無敵状態の二人が爆風を発生させながら敵陣に突撃、蹂躙するという敵からすれば悪夢のような光景が発生
(従来のボンバーマンにおける「あばれはっちゃく」「ファイヤーマン」)。
流石に対人チームゲーにあるまじきバランスブレイカーな挙動であったために稼働の二日目の朝に修正が入ったのだが、
この一連の流れを端的に説明した、
  • 藤崎詩織が伝説の樹の下で無双するゲーム
  • 藤崎詩織が伝説の樹を植樹して無敵になって自爆特攻してくるゲーム
  • 対策方法は相手の藤崎詩織が伝説の樹を植樹する前にこっちの藤崎詩織が伝説の樹を植樹して自爆特攻すること
  • 大御所(藤崎詩織)がイキってるメスガキ共(新キャラ達)に解らせるゲーム
といったパワーワードが往年のファンを中心に大いにウケ、平成最後の8月31日に『藤崎詩織』がツイッターのトレンド1位になるという、
新たなる伝説を築いたのであった。

なお、『ボンバーガール』の特徴として被撃破時と敗北時に服が脱げるという脱衣KO的なシステムがあるのだが、
他の面子ががかなり際どいラインまで脱げる中、流石に藤崎詩織を脱がすワケにはいかなかったのか、他と比べて派手ではなかったりする。


MUGENにおける藤崎詩織

Wingzeroplus氏による遠野秋葉改変キャラが存在。現在はDL先の消失により入手不可である。
元が秋葉なので藤崎詩織にしてはモーションが攻撃的だが、一目で藤崎詩織と分かるドットに仕上がっている。
…所々日本語が間違っているが、そこは海外製作者なので仕方ない。
黄色いリボン(ただし台詞と技名はヘアバンド)を飛び道具に持ち、突撃技で地上空中を問わずコンボが可能。
ストライカーの高見公人(ラジオドラマの主人公。声:小野坂昌也)、当て身投げ(と言うか当て身避け)も所持。
ちなみに、カラーパレットによっては『ときメモ2』の水無月琴子っぽくなったりする。攻撃モーション的にはそちらの方が合っているかもしれない。
また超必殺技等でのカットインは持たないが、試合に勝利するとアニメーションが流れる。
2011年2月の更新で優秀なAIが搭載された。
参考動画

この他に、亜種ちゅ氏による上記のものの改変版が公開されている。



「ぷん、知らない」

「なおとくんたら、しらない、ぷん」

出場大会

その他



*1
きらめき高校の伝説は 「卒業式の日に伝説の樹の下で女の子からの告白で誕生したカップルは永遠に幸せになれる」 というのが正しい内容であり、
そのため女の子からの告白で無いと伝説を体現出来ないので、このようなことになっているのである。
なお、この伝説は本作から15年後のきらめき高校を舞台とした続編『ときめきメモリアル4』でも健在である。

*2
特に『3』と『4』のメインヒロインは、詩織や光と比べるとその影は驚嘆するほど薄くなってしまっている。
『3』のメインヒロイン・牧原優紀子はシリーズ初の「主人公の幼馴染ではないメインヒロイン」として登場
(但し、小中学生の頃の主人公の同級生であり、小学生の頃に主人公にイジメっ子から助けてもらったという接点はある)。
「メインヒロインを更に親しみ易く」という意図がはっきり見えるキャラでもあるが、 その意図が多くのプレイヤーには物足りなく感じた面もあり、
公式サイトでの人気投票は メインヒロインながらブービーという結果 に甘んじてしまった。
『4』の星川真希に至っては、彼女自身がときメモシリーズのヒロインとしてはあまりにも設定が普通すぎるのに対し他のキャラが濃く、
はっきりいって地味だった。
それに加えて、主人公の幼馴染ではないどころか優紀子にも存在した 「高校入学以前の主人公との接点」すら皆無 であり、
その「主人公の幼馴染」というポジションに位置する大倉都子存在感があまりにも強烈過ぎたことも重なり、
都子こそが『4』の真のメインヒロインだと捉えるプレイヤーが続出してしまった。
実際、公式のコミカライズやメールドラマといったメディア展開でも、星川を差し置いて都子がメインヒロインに抜擢されてしまっていた。
ここまで来ると、もはや メインヒロイン(悲) である。