ジグラ


「この美しい海をお前達のような醜い人類に自由にさせておくには勿体ない。
 この美しい海は私のように美しい姿の生物が支配すべきである」

1971年7月17日に公開されたガメラシリーズの映画『ガメラ対深海怪獣ジグラ』に登場した怪獣。別名「深海怪獣」。
身長80m、体重75t(共に巨大化時)。デザインのモチーフはミツクリザメという深海性のサメ。
出演映画の公開後に大映が倒産した為、昭和ガメラシリーズにおける映像流用ではない敵怪獣としては最後の存在となった。

天体ナンバー105系宇宙の第4惑星ジグラ星出身の魚型知的生命体で、設定的には怪獣というより宇宙人
故郷であるジグラ星の環境汚染が進行した為、まだ美しい海が残っている地球を侵略し、移住することを目論んだ。
劇中で使用した主な攻撃能力は頭部の刃による刺突攻撃や切断攻撃、頭部から放つ細胞活動停止光線。
水中では魚のような姿になり足がヒレに変形しているが、
地上ではトップ画像のように首の角度が変わって直立し、腹びれも立てるような足に変化する。


円盤状の宇宙船に乗って地球に飛来、その途中で月面基地の職員を拉致して洗脳、工作員として利用する。
地球に到着後は世界各地に関東大震災級の大型地震を巻き起こし、壊滅させるなどの破壊工作を行ったが
子供たちを誘拐してしまったが故にガメラが助けに来てしまい、宇宙船を破壊されてしまう。
水圧の影響で巨大怪獣と化したジグラは水中戦でガメラと交戦、高機動移動と刃の攻撃で苦戦させ、
一度は細胞活動停止光線で仮死状態に追い込むも、復活したガメラに水中から空中に引きずり出されてしまい、
火炎放射で焼き尽くされる最期を迎えた。
ちなみに、昭和ガメラで火炎放射で倒された唯一の怪獣である。

特徴的な聞きとりにくい音声は野田圭一氏が担当している(テープ速度を落として加工している)。
どちらかと言えば、操られた月面基地の職員(演:八並映子)の聞き取り易い台詞の印象が強いかもしれない。

+ただし…

と、ストーリーだけなら普通に見えるのだが、映画会社の事情もあって映画自体はかなりの低予算で作られた為、
結果ガメラシリーズにしては敵怪獣の暴れるシーンが少ない作品になってしまった。
大型地震による破壊シーンも流用でモニターに映るだけと、マグニチュードが平然と10を超えているにしては非常に地味だった。
そのせいもあってかジグラ自体の性格も攻撃的でなく、細胞活動停止光線で動きを止めた相手は放置して止めを刺さない詰めの甘さがある。
さらに、人質の人間の乗った潜水艇の前で堂々と居眠りをし、
その隙にガメラに潜水艇を取り返されてしまったという失態も犯している。
寝たふりかと疑ったガメラが投げた岩が直撃してもそのまま熟睡していたという、寝付きの良さがある意味お茶目。

1980年の映画『宇宙怪獣ガメラ』では、上記の映画の映像を流用する形で登場。
単独の侵略者だった原典と異なり、宇宙海賊の手先という設定になった。

(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)

+ジグラの光線技について

上記のように劇中ではオレンジ色の細胞活動停止光線しか使っていないジグラだが、
乗って来たジグラ型の円盤が様々な光線や能力を使っており、よくこれらの能力が混同されている。
中でもジグラ型の円盤の放つ細い赤色の破壊光線はポスターやプラモデルの箱絵、
ソノシートのイラスト等でジグラ本体が使用しているイラストが頻繁に見受けられる。
当たったものを誘拐し、意図した場所に出現させる緑色の四次元転移光線も同様で、
円盤の技だが多くの怪獣図鑑にジグラの能力として記載されている。

この様に怪獣図鑑の記述として残ったこともあって、割とこの2種の光線に関してもジグラの技として認知されてきていた。
映画中では一度も使っていないが、ポスターや怪獣図鑑に描かれ、ゲーム等に使われ映画に逆輸入された
ガイガンの赤色光線のような感じと言えばわかりやすいかもしれない。
実際に後述するアメコミ『ガメラ 宇宙の守護者』やパチンコ『CRガメラ』では、
3色光線やオレンジ色の光線にも破壊力があるという描写が見られる。

+映画作品以外でのジグラ(漫画、小説など)
破李拳竜の漫画『大怪獣ガメラ』においてもギャオスの配下としてバルゴン、バイラスギロン、ジャイガーと共にガメラを襲ったが、
ガメラ剣法まとめ切りからのプラズマ火球乱れ撃ちで他の怪獣諸共倒された。
ちなみにギャオスと手を組んだ報酬は地球の海を分けてもらうことだったようである。

1996年刊行のアメコミ『Gamera: The Guardian of the Universe』にも登場。
本作は平成ガメラ3部作の第1作『ガメラ 大怪獣空中決戦』と2作目の間の時系列の作品であり、
本作のジグラも外見はほぼ昭和版と同じだが、出自の設定が大きく異なる。
本作のジグラは宇宙人「ブルーマーク星人」が作り出した生体兵器であり、
頭部の第3の目から放つ、赤黄緑の順に3色の虹のように色が並んだ3色の怪光線を武器としている。
ブルーマーク星人のブリーナの発言によるとブルーマーク星から逃げ出し、地球の海で眠っていたらしい。
しかしその海域でフランス軍が水中核実験を実施、核爆発で目覚めて海上のフランス軍を襲撃した。
フランス海軍の駆逐艦の攻撃やジェット戦闘機のミサイルをものともせずに海上で暴れまわり、
空中にジャンプしての体当たりで駆逐艦を沈め、怪光線でジェット機を撃墜する。
そこに飛来したガメラのプラズマ火球の直撃を胸部に受けるが、
それでも大きなダメージは受けずに反撃の怪光線一発でガメラを気絶させてしまった。
しかし偶然付近にいた潜水艦の魚雷攻撃でガメラが復活、油断していたジグラを奇襲し、
ガメラに首を噛まれたジグラはそのまま火山まで運ばれ、噴火口に落とされ絶命した。
本作のジグラは歴代ジグラの中でも特にスペックが高く、軍の攻撃にプラズマ火球の直撃や付近での核爆発に耐え、
宇宙から何らかの手段で地球まで移動する能力(描写が無いため宇宙飛行かワープかは不明)を持ち、
怪光線も少なくとも破壊力を有しジェット機に命中させられると極めて強力。
3色の怪光線は映画では使わなかった能力だが、おそらくは昭和ガメラ当時の怪獣解剖図に掲載されていた、
「第3の目から放つ3色の光線」の設定を元にしていると思われる。
そのため昭和ジグラのオレンジの細胞活動停止光線と元は原作映画で円盤が使う赤色の破壊光線の効果を併せ持ち、
ジェット戦闘機の撃墜効果とガメラを気絶させる効果を発揮できたと思われる。
MUGEN版のジグラの光線も同じく怪獣図鑑の記述を元にしたためか、重なる特徴だとも言える。
本作は2018年に株式会社フェーズシックスより『ガメラ 宇宙の守護者』の題で日本語翻訳版が刊行されており、
ジグラが戦闘機や軍艦相手に暴れまわり、平成ガメラと怪獣対決を繰り広げる強いジグラが、
躍動感と迫力のある画で見られるので読んでみてもいいだろう。

2006年刊行の『小さき勇者たち~ガメラ~』の小説版には死亡したギャオスの肉片を取り込んだ魚が変異して誕生したGジグラが登場する。

他には2009年稼働開始のパチンコ『CRガメラTHE BATTLE PACHINKO』ではアレンジされたデザインで登場。
イリス版のG3ガメラと戦うムービーがCGで作られており、
水中で追いかけるG3ガメラの飛行形態以上の速度で泳いで逃走した後、地上でガメラと戦う。
火炎状のオレンジ色の光線を放ち、ガメラに命中時に爆発しているが細胞活動の停止効果があるかは不明。
当たり時はガメラの火炎放射で爆発するが、外れ時はガメラの火炎に耐えてオレンジの光線でガメラを気絶させている。



MUGENにおけるジグラ

アストロモンスバギラを製作したバリ音スクス氏によるジグラが2011年11月19日に無限ロダで公開された。
2018年11月18日の更新でこれまでのバージョンに存在した不具合の修正や性能調整がされており、
現在は『MUGEN怪獣キャラ総合スレ3』の853にて他の共々公開されている。
旧バージョンもなだげつ氏のサイトで代理公開中だが、不具合修正が更新内容であるため最新版を使用した方がいいだろう。

通常技、ゲージ技、超必殺技のいずれも搭載されているが、劇中での使用技が多くなかったことから、
劇中で皆無だった肉弾戦が追加されている。所謂格ゲー補正
ジグラではなく円盤の方が使用した攻撃も、上述のように怪獣図鑑に技として載っていたことから搭載しており、
飛び道具である赤色の破壊光線や、召喚技演出としての緑色の四次元転移光線も使用する。
さらには劇中描写を(製作者曰く)拡大解釈しすぎた、地底に潜って背びれで敵を切る攻撃や、
赤い地震誘発光線で地震を起こして広範囲を攻撃するなどの技が使用可能。むしろ地底怪獣のような気さえする。
またジャンプモーションが空中を水中の如く泳ぎ回るような仕様にされている。
空中技も割と当てやすいものが搭載されており、空中戦向きな性能なのかもしれない。

ボイスもあるが操られた月面基地の職員のもので、ジグラ本人の声は使われていない。
2018年11月更新版ではAI戦で相手がガードできなくなる状況が発生する不具合などが修正され、
オプションで技使用後に一定時間使用不能になる技が今使用可能なのかどうかを表示することが可能になった。
同梱のreadmeの記述に従って記述を修正すれば、アイコンで使用不能な技が分かるようになるので人操作向きかもしれない。
AIは未搭載だったが、くねくね氏によるAIが怪獣スレ2の629で公開された。
しかし現在公開さえている最新版のジグラには対応していないので注意。

出場大会