トムキャット・レッド・ビートル


「いっけー! 俺のトムキャットレッドビートルー!!」

2006年に放送されたアニメ『 人造昆虫カブトボーグ VxV 』の主人公、天野河リュウセイ ロボオタではないし現代編でパンチャマキックとスパイラルニーを使うムエタイ選手でもない) が使用するカブトボーグ。
カブトムシ(ヘラクレスオオカブト)を模した装甲と真紅のカラーリングが特徴的なボーグであり、
世界戦本戦用の愛機「トムキャット・レッド・ビートルV」に数話出番を譲るも、その世界戦本戦以外では
第1話から最終話まで彼の愛機として数々との激闘を勝ち抜いてきた。 川に捨てられたりした?聞こえんなぁ~
また、カブトボーグの試合のみならず、ボーグ魔法(ファンの間での通称)で人を直接吹っ飛ばしたりすることも可能。

ボーグバトルにおける主な必殺技は、上の画像の何か(作中での説明一切無し)のメーターが
レッドゾーンに到達するほどのパワーで突撃、爆発する「レッドアウトゴールデンマキシマムバーニング」。
勢い任せに横文字が繋げられているようにも見えるが、作中の他のネーミングもこんなセンスである)
他にも赤や炎をイメージさせる必殺技を使用する傾向を持つ。

以上でトムキャット・レッド・ビートルの解説終了。
編集の怠慢などではなく、本当にこれくらいしか書くことがない
曲がりなりにも主人公機なのに、祖父の形見とか精霊が宿ってるとかそんな設定は一切ない。
一応、リュウセイ誕生時から手にしていたのでリュウセイとは長い付き合いであるが、
主人公の特別機ではなく、同型のボーグが劇中でも一般販売されている
一号機だけなら別に珍しくない設定であるが、現実世界で新商品発売に合わせて主人公専用の二号機が登場する、という展開は無かった。
世界戦ではリュウセイの為に新マシンを開発されたが、リュウセイの元に届かず、
前述の世界戦本戦用の愛機Vモデルは現地で購入したものである。
このVモデルの見た目は単純にボディが大きくなっただけで、ボディが大きい分パワーも大きい。
世界戦本戦のルールがVモデル可に変更されたことで、Vモデルを使わないと勝てなくなった、
Vモデルが一般的でなかった日本代表は不利になったということである。

+ カブトボーグとは

+ アニメにおけるボーグバトル

+ 天野河リュウセイ

+ 『人造昆虫カブトボーグ VxV』というアニメについて


MUGENにおけるトムキャット・レッド・ビートル

kenn氏製のものが2011年11月27日に公開されている。
サイズはちびキャラだが、実寸の玩具は子供の掌サイズなのでMUGENキャラとして大きめに書かれていたりする。
リュウセイさんの精神状態を表し、キャラ本体の攻防に直接影響する「メンタルバランスゲージ」の他、
ジャンプ・しゃがみ・ガード・自動振り向きが行えず、ダウン(転倒)すると自動的にKO扱いになるなど
非常に独特な仕様のキャラとして製作されている。

2013年3月に実に一年半ぶりに更新。ボーグバトルの基本である精神攻撃が搭載された。
リュウセイさんのカットイン・音声・字幕が流れ、相手に硬直とゲージ減少の効果を与える。
メンタルバランスゲージの端に表示されているボキャブラレベル(リュウセイさんの語彙力を表す)が高いほど強い精神攻撃を出せる。
他にもイントロや謎メーターカットインの追加など、演出面の強化もされている。

2014年4月に再び更新。
イントロや必殺技が追加され、精神攻撃もよりバリエーション豊富に。
さらに好きな精神攻撃を自由に登録できる「オリジナルセッティング精神攻撃」が可能になった。
AIは搭載されていない模様。
最新版DLはこちらから http://www.nicovideo.jp/watch/sm23376843
なお、原作アニメの映像を使用した演出、リュウセイさんのボイス(声:知桐京子)も搭載されているが、
製作動画の状況から理解してもらえるように、運営の削除対象になってしまうのでその点は要注意。

マイナーなとこだとのりもの天国への階段」の開始前のバイトの一体として以前からMUGENにいたり。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9669676

出場大会

  • 「[大会] [トムキャット・レッド・ビートル]」をタグに含むページは1つもありません。