ゴーデス


1990年に円谷プロがオーストラリアで製作した特撮作品『ウルトラマンG』に登場した怪獣。別名「邪悪生命体」。
この作品の第一部である第1話から第6話においての怪獣出現の元凶。
他の生命体に細胞を憑依、感染させて狂暴な怪獣へと変異させてしまう性質がある。
この能力を使ってブローズゲルカドンバランガスといった怪獣を生み出し、
生物かも怪しい風の精霊デガンジャにも感染して操っている。
それでも高い生命力を持つギガザウルス相手ではコントロールに失敗している。

第1話において火星で宇宙飛行士ジャック・シンドーとスタンレー・ハガードを襲撃するも、ウルトラマングレートに妨害される。
それでもグレートを気絶させ、スタンレーの乗った宇宙船を破壊。
最後は火星上でグレートに倒されたが、死んだ体は緑の粒子になって地球に飛来し、怪獣を出現させることになる。
さらに殺したスタンレーの体に寄生して、スタンレーの体で地球に潜伏し暗躍、ジャックを苦しめた。
最終的には第6話にて地球上の地熱などのエネルギーを吸収し、グレートの2倍近い巨大怪獣に変貌して復活した。

怪獣デザインはバガンバトラスペースゴジラといった東宝怪獣を手掛けた吉田穣氏のデザインである。

第1形態


体長83m、体重12万7千t。
火星で主人公たちを襲撃した姿で、ナメクジのような下半身に触手、剥き出しになった脳と不気味な姿を持つ。
主な武器は両手の2本の鞭状の触手で、この触手をグレートの首に鞭のように叩きつけ、一度はグレートを気絶させてしまった。
最後には光線技で倒されたものの、死体から緑に発光する細胞を分離させ脱走、地球に到達した。

第2形態


体長107m、体重34万6千t。姿は本項トップを参照。
地球で復活した形態。イモムシのような太い体に太い触手を有し、頭部も甲羅で覆われるなどパワフルな姿になっている。
イモムシのような長い体のせいで非常に巨大でボリュームがある。
地熱や防衛隊の攻撃といった各種エネルギーを吸収する能力を持ち、どんどん強大になっていった。
戦闘能力も巨体に見合った高さを誇り、グレートの光線技も吸収してしまえるのか全く通用しなかった。
目から連射する赤い光線を得意としており、全身から放つ赤いオーラのような光で接近したグレートを弾き飛ばし、
そのまま紫の光のバリアに閉じ込めたグレートを体内に吸収してしまった。
あらゆるものを吸収、一体化して全ての統一された「素晴らしい世界」を作ろうとグレートに問いかけたが……
+ 原作ネタバレ注意


他にも漫画作品『ウルトラマン超闘士激伝』に登場。
グレートに寄生して潜伏し、撒き散らしたゴーデス細胞で他のウルトラ戦士や怪獣のエネルギーを奪う。
奪ったエネルギーは伝説の怪物であるコダラーシラリーの復活に使われた。
……が、復活させた2大怪獣はゴーデスの命令を聞かず、シラリーの絶命光線で石化して砕け散る末路を迎えた。

海外でSFC用に発売されたゲームにも第1、第2の両形態が登場。
日本のSFC版ウルトラマンとは違い敵怪獣に投げ技が無い仕様もあって、
技のバリエーションが乏しく、両形態とも技は手の触手と尻尾攻撃、遠距離技の3つしかない。
第1形態は、原作に無かった飛び道具技として口からの光弾を使ってくる。
特に第2形態は中盤の強敵で、高い攻撃頻度と、角度を撃ち分けられて広範囲を攻撃できる飛び道具が強力だった。


MUGENにおけるゴーデス

ウルトラ怪獣などでおなじみのmuu氏が製作したものが2011年11月3日に公開された。
海外で発売されたSFCゲーム版のドットを使用しており、AIも搭載されている。
ファイルは一つだが、第1形態と第2形態の2つ分のdefファイルが用意されており、両方のキャラを使う事が可能。
どちらの形態も非常に強力な性能を誇る凶キャラとなっている。
デフォだと速度は遅いものの、原作ゲーム通りライフ自動回復まで用意されている。
なおreadmeに書いてあるようにライフの回復は調整可能だが、オフにしても十分凶キャラとして活躍可能。

+ 第1形態
+ 第2形態

出場大会

第1形態
第2形態