カマキラス


東宝映画の『ゴジラ』シリーズに幾度か登場する怪獣。初登場は1967年公開の『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』。
別名「両刀怪獣」または「かまきり怪獣」。体長58m、体重2800t。名前の通り「巨大な蟷螂」の姿をした怪獣である。

初登場の『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』では、クモンガミニラと同様に南太平洋のゾルゲル島に生息。
元々、くらいの大きさを持つ巨大蟷螂だったものが、気象コントロール実験の失敗による
異常高温と合成放射線の影響下におかれた島の異常環境に適応し、怪獣に変貌したとされている。
武器は槍状の右手と、鎌状の左手。器用に岩を持って投げることも出来る。またマッハ0.5という高速で飛行することも可能。
劇中では3匹が登場し、卵から孵ったばかりのミニラを襲うも、駆け付けたゴジラに二匹が倒される。
残る一匹はその場から逃走するも、クモンガと鉢合わせてしまい餌食にされてしまった。

『ゴジラ FINAL WARS』では、体長90m、体高40m、体重2万tにまでスケールアップして登場。
昭和作品と異なり両腕が鎌状になっているなど、より普通の蟷螂に近付いたデザインとなっている。
劇中ではフランスのパリで地球防衛軍の空中戦艦エクレールと激突。当初こそ決着はつかなかったものの
X星人のコントロールを受けての再戦では戦艦を圧倒、轟沈にまで追い込む。
その後、復活したゴジラのガイガンジラクモンガに続く対戦相手となり、日本に上陸したゴジラを真鶴の海岸で迎え撃つが、
山の木々に擬態して隠れていた所を放射熱戦で炙り出されてしまい、そのまま飛びかかるも軽く吹き飛ばされてしまい、
高圧鉄塔に刺さって絶命してしまった。

(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)

余談になるが、『ゴジラ・モスラキングギドラ 大怪獣総攻撃』の初期案ではこのカマキラスがゴジラの対戦相手になる予定だった。
結局この案は地味すぎたのか没になったが、もし実現していたら白目ゴジラとタイマンを張るカマキラスが見れたかもしれない。


MUGENにおけるカマキラス

元々Battora氏が製作したカマキラスが存在していたが、スプライト不足による未完成状態が続いていた。
だがこの度、パチモン怪獣などを数多く制作したカーベィ氏により、Battora氏製を改変したカマキラスが製作された。

初公開は2011年11月24日、同氏製作のクモンガミニラと一緒に『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』出演組として
無限ロダにおいてセットで公開された(カマキラス以外の二体は既存分の更新)。
同所の閉鎖後はMUGEN関係ファイルうpろだに移るもそちらも閉鎖、最新版は製作者サイトで公開中。
2014年9月23日に一から作り直され、技なども別になったものに更新された。

画像が更新前よりきれいになっており、動きも分かりやすくなっているのが特徴。
必殺技もすべて新規につくられており、『ゴジラ FINAL WARS』で見せた「保護色アタック」も搭載されている。
他にも初登場作品で3体で行動していたことが由来の「なかまをよんだ‼」という技や、岩を連続で投げる「連続投石」も搭載されている。
超必殺技では「極地からの怪物 大カマキリの脅威」という作品に出てきた大カマキリを召喚する。
AIも搭載されている。

他、カーベィ氏の別キャラにおいても、怪獣になる前の大カマキリがストライカーで参加している。

出場大会

出演ストーリー

ネクサスまてぃっく(EX6話に登場)



添付ファイル