カマキラス


東宝映画の『ゴジラ』シリーズに幾度か登場する怪獣。初登場は1967年公開の『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』。
別名「両刀怪獣(勿論そういう意味ではない)」または「かまきり怪獣」。体長58m、体重2800t。名前の通り「巨大な蟷螂」の姿をした怪獣である。

初登場の『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』では、クモンガミニラと同様に南太平洋のゾルゲル島に生息。
元々は程度の大きさだった(それでも充分巨大だが)が、気象コントロール実験の失敗による
異常高温と合成放射線の影響下におかれた島の異常環境に適応し、怪獣に変貌したとされている。
武器は槍状の右手と、鎌状の左手。器用に岩を持って投げることも出来る。またマッハ0.5という高速で飛行することも可能。
劇中では3匹が登場し、卵から孵ったばかりのミニラを襲うも、駆け付けたゴジラに二匹が倒される。
残る一匹はその場から逃走するも、クモンガと鉢合わせてしまい餌食にされてしまった。

『ゴジラ FINAL WARS』では、体長90m、体高40m、体重2万tにまでスケールアップして登場。
昭和作品と異なり両腕が鎌状になっているなど、より普通の蟷螂に近付いたデザインとなっている。
劇中ではフランスのパリで地球防衛軍の空中戦艦エクレールと激突。当初こそ決着はつかなかったものの
X星人のコントロールを受けての再戦では戦艦を圧倒、轟沈にまで追い込む。
その後、復活したゴジラのガイガンジラクモンガに続く対戦相手となり、日本に上陸したゴジラを真鶴の海岸で迎え撃つが、
山の木々に擬態して隠れていた所を放射熱戦で炙り出されてしまい、そのまま飛びかかるも軽く吹き飛ばされてしまい、
高圧鉄塔に刺さって絶命してしまった。

(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)

アニメ映画『GODZILLA 怪獣惑星』の前日譚にあたるスピンオフ小説『怪獣黙示録』にも登場。
本作では1999年以降地球が度重なる怪獣の襲撃に見舞われ、それらによって絶滅寸前となった人類が宇宙への移民を余儀なくされるまでの顛末を描いているが
最初に人類の前に姿を表した怪獣としてカマキラスが抜擢されており、
アメリカのマンハッタンを襲撃した様子が生還した1人の銀行員の回想で描かれている。
地下鉄が襲撃され混乱に陥る中、乗り合わせていた彼と陸軍大尉と警官の3人による誘導で蒸気パイプを斬らせ、なんとか仕留めることに成功する。
しかし、その後地上へ戻ってきた3人が目にしたのは…先程撃退したそれよりも遥かに大きなカマキリの怪獣だった(銀行員は親子だったのだろうと推測している)。
カマキラスはその鎌でワールドトレードセンターを切り裂いて倒壊させ、3日に渡り周囲330キロを蹂躙。
最終的にはバンカーバスターによって撃破されるが、それまでに250万人もの犠牲を出すという大惨事を引き起こしたのだった。

実は、『ゴジラ・モスラキングギドラ 大怪獣総攻撃』の初期案ではこのカマキラスがゴジラの対戦相手になる予定だった。
結局この案は地味過ぎたのか没になったが、もし実現していたら白目ゴジラとタイマンを張るカマキラスが見れたかもしれない。


MUGENにおけるカマキラス

元々Battora氏が製作したカマキラスが存在していたが、スプライト不足による未完成状態が続いていた。
だがこの度、パチモン怪獣などを数多く制作したカーベィ氏により、Battora氏製を改変したカマキラスが製作された。

初公開は2011年11月24日、同氏製作のクモンガミニラと一緒に『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』出演組として
無限ロダにおいてセットで公開された(カマキラス以外の二体は既存分の更新)。
同所の閉鎖後はMUGEN関係ファイルうpろだに移るもそちらも閉鎖、最新版は製作者サイトで公開中。
2014年9月23日に一から作り直され、技なども別になったものに更新された。
また2018年9月3日にはエフェクトの追加や技構成の変化などの更新が行われた。

動きは一通り揃っており、怪獣キャラの中では素早く動くことができる。AIも搭載されている。
必殺技には『ゴジラ FINAL WARS』で見せた「保護色アタック」や、初登場作品で3体で行動していたことから二体のストライカーを呼ぶ技が搭載されている。
原作同様にミニラクモンガなどと戦わせてみるのもいいかもしれない。

出場大会

出演ストーリー

ネクサスまてぃっく(EX6話に登場)


添付ファイル