アンヘル


「あたしアンヘル19さぁ~い ♥

     ちょっとお茶目な女の子ぉ!」

格闘スタイル: てきとー
誕生日: 3月6日(自称19歳)
身長: 168cm
体重: 書いたら殺す
血液型: O型
スリーサイズ: B92 W60 H89
出身地: メキシコ
趣味: 50ccのバイクいじり、ライブ
大切なもの: ヴィンテージB-3、デッキコート、P・Dシリーズの服
好きな食べ物: テキーラ、サボテン刺し
嫌いなもの: ギャンブル
得意スポーツ: サッカー(主にキーパー)


THE KING OF FIGHTERS』2001~2002、NEOWAVE、2002UM、XIVに登場するキャラクター。
アンヘル:Ángel という名前はスペイン語(メキシコの実質の公用語)で 「天使」。
同様の由来で某鬱ゲーの主人公の相棒のドラゴンも同じ名前だが、関係はない。
'99では天使が嫌いだった元同僚との関係は不明。
担当声優は『2001』当初は冨永みーな氏だったが、『2002』で新谷真弓氏に変更され、それ以降の作品も同氏のボイスパターンが使用されていた。
『XIV』では小椋美輝氏。

初登場の『KOF2001』が韓国のイオリス社のスポンサー協力を得て発売された作品であったため、
イオリス社が抜けた後は版権関係に問題が生じメイ・リーと共に埋もれてしまうことが危惧されていたが、
2004年発売のPS2版『NEOWAVE』をはじめ『2002UM』等にメイ・リー共々出演を果たしている。
ただ、相棒のK9999別の意味でアウトのため、ストーリー的にK9999と切り離せないアンヘルもこれ以降の再登場はやはり難しいのではないかと言われていた。
しかし2016年『KOFXIV』にて K9999を投げ捨ててメキシコチーム」として再登場している。


キャラクター概要

秘密結社・ネスツによって改造を受けた強化人間だが、誰かのクローンなのか、それとも元は普通の人間だったのかは不明。
「ちょっとお茶目な女の子」といったおちゃらけた言葉遣いをして見せたかと思えば、
ネスツ関係者に対しては「クズだねぇー」などと吐き捨てており、
天然なのか計算なのか、どこまで冗談でどこから本気なのか分からず掴みどころがない。
また、草薙の炎の移植を受けていないため「プロジェクトK」以前に生まれていたと考えられるが、
出生や素性は一切語られていない。

他の強化人間と同じように彼女も記憶を操作されており、自分の頭をいじり回したネスツに対して憎悪を抱いている一方、
K9999に対しては親愛の情を抱いているらしく常に行動を共にしており、
『2001』では彼とクーラフォクシーとともにKOFに参加。
K9999がフォクシーを裏切り、ネスツを離脱した際も彼に同行している。
ネスツ壊滅後はK9999と飛行機の中で大暴れしていたが、その後の消息は不明。

シェルミーと並んでKOFキャラの中ではトップクラスの戦闘力の持ち主であり、
服装的にもかなり際どい格好(特に下半身)をしているが、
ニコニコ的に言えば「パンツじゃないから恥ずかしくないもん」といったところだろうか。
フォクシーといいダイアナといい、ネスツに関連した女性キャラのファッションセンスはかなり奇抜なようだ。

嬉野秋彦氏による小説版KOF2001では「グラマラスなプロポーションと幼児的な性格を女の武器として最大限利用しターゲットに接近、
素手による要人暗殺を目的に開発された改造人間兵士」という描写で、その肉体や内面が改造手術の結果らしきことが暗に示され、
K'・クーラと戦った後、生死不明の行方知れずとなっている。
著者によるあとがきでは「K9999の壊れっぷりを強調するため、彼にやられてあえない最期を迎えさせようかとも思った」と記されている。

『2000』の段階から案はあったようで、担当デザイナーの熱意とこだわりによって登場が実現したキャラクターとのこと。
後述する「アンチェイン」の細かい動作が記されたイラストが載っている『2001』のムックなどからも担当デザイナーの愛が感じられる。
その手のキャラの中ではSNKにしては珍しく何か元ネタがある訳でもなく、
それでいて非常に個性的な動きとキャラクター性を併せ持ったキャラであると言えるだろう。
格闘スタイルの「てきとー 」は彼女のオリジナル格闘技らしく、その点でもKOFの中ではかなり異色の存在である
コマンドサンボのようではあるが)。
ただ、彼女が持つ「レッドスカイ・オブ・ヤポネシア」などの妙に長い技名は、
そのほぼ全てが「ソウル・フラワー・ユニオン」という実在する日本のバンドの曲名の英語表記から
パクって 命名されている(もしかすると壬生灰児辺りから影響を受けたのかもしれない)ので、パロディ要素が皆無というわけでもない。
・・・アイヌの語彙(レプンカムイ)とかオーマガトキとか一部に『サムライスピリッツ』っぽいのもあるが、この辺も意識したのだろうか。
『XIV』では流石にヤバイとでも思ったのか全ての技名が変更され、アンチェイン関連以外の必殺技に元の名称の名残が残る程度となった。
ただしアンチェイン関係は直感的に分かりやすい名称になっている辺り、単純に元の技名が覚えづら過ぎたからとも

さらに、大まかな設定は変わらないものの冨永氏から新谷氏への担当声優変更に伴って性格も変化しており、
K9999らと同様にパロディ要素を前面に押し出したキャラとなった。
アンヘルの場合は、新谷氏が演じた『FLCL』*1の「ハルハラ・ハル子」の性格やセリフが反映されており、K9999に対する態度の変化が特に顕著である。
『2001』では上司にK'と比較され怒りを露にしているK9999を励ましたり、
彼に勝利した場合のデモでは「あんた殴りたくないんだから、私をスパッと倒してよね~」 と発言するなど、
セクシーな容姿に反して奥ゆかしい面も見せていたが、『2002』になると一転してK9999を子供扱いしたり、性的な意味をにおわせるセリフを言うようになった。
この点はファンの間でも賛否が分かれているようだ。

好きな食べ物は テキーラ 。日本人の感覚からすれば「20歳未満なのに!?」と思うかもしれないが、
サボテンの国メキシコにおいては18歳から飲酒可となる為、飲むシーンそのものならまだしも好きな物という設定はセーフと言えなくもない。
ついでにサボテン(の刺身)はこれを主食にする動物も居るほど栄養満天で且つ、優れた美容効果も持つ女性の味方だそうな。
日本では飲酒は20歳からだからな? ドミナントとの約束だ!

体重の「書いたら殺す」については諸説あり、ただ単に知られたくないだけとも、
改造で筋密度を極限まで高められたために100kg近くあるからとも言われるが、公式なソースはないので想像に任せるしかない。

このようにカルト的な人気を誇っているキャラだが、ネスツ初出のキャラの中では『2003』以降の再登場に恵まれておらず、
また公式ストーリーやデモでのモブキャラとしての出演すら、実は長らく初出の『2001』のみの登場だった。
それ故ファンからは「2001初出のキャラはイオリスとの版権問題があるのではないか?」という噂や憶測が生まれていたが、
冒頭にも述べた通り『2002』のリメイク版である『NEOWAVE』や『2002UM』にて無事再登場。
また、根強い人気や本編への再登場の要望が波及したのか『KOFXIV』で遂に復活。公式ストーリーに登場するのは実に15年ぶりとなった。
『2001』以降はネスツを離反し追われる身になっていた(ネスツは壊滅した為その残党、もしくはハイデルンの部隊?)ようだが、
賞金稼ぎの為にプロレスに参加したことが縁でかつて敵であったラモンと知り合い、
KOF参加に誘われ「日陰者は飽きたし暇つぶしには丁度いい」という理由で承諾。
キング・オブ・ダイナソーと共に「メキシコチーム」として出場する。
国籍以外に他の二人との接点はなさそうに見えるが、一応アンヘルもチームメイトと同じくプロレス技を使ってるという共通点はある。

+ inギャルゲー


原作での性能

アンチェイン」という変則的に繰り出される連携が最大の特徴。
アンヘルのコマンド技の多くは
  • アンチェイン始動技
  • アンチェイン始動技から派生させる技
  • 一連のアンチェインを終了するアンチェインフィニッシュ技
に分類されており、プレイヤーがその場の判断に応じて派生を切り替えていく事が出来る。
いわば「殆どのコマンド技にGGのガトリングコンビネーションが設定されている」ような特性を持っているのだが、
注意すべきは派生するだけで、必ずしも連続ヒットするとは限らないということ。
場合によっては他の技に派生させず、中断する方が良いこともある。

アンチェインはアンヘルのみに搭載された固有システムだったが、後に桃子の「ももこんぼ」に性質の一部が継承されている。
また、参考にしたのかどうかは不明だが3D格闘ゲーム『ブラッディロア』に登場するロンのサークルコンボ「六合」に近いとも言われる。

技数や派生の選択肢が多く、そのいずれにも癖があり、かなりプレイヤーの腕が問われるキャラクターである。
強引に攻めても押し切れるキャラではないので、間合を調節しながら牽制や対空を確実に入れていくことが基本。
飛び道具も有効な地対空技もないので、ギリギリの距離から通常技を刺したり飛び道具を「レプンカムイ」で返したり、
相手が跳んだらこちらも跳んで空中戦と常に気が抜けない。
主導権を握ったら「レッドスカイオブヤポネシア」や特殊技からの派生、起き攻めレプンをガードさせてからの連携などで攻める。
ただし追撃のアンチェインが慣れるまでかなり入力が難しく、場面場面でルートを使い分けるセンスが必要。
「てきとー 」では済まされない緻密な動作ができて、はじめて使いこなせるようになる。
また、アンチェインの性質が特殊なこともあってか、バグや画面端永久が非常に多く発見されているのも特徴。
総じて上級者向けのキャラと言えるが、使いこなせるようになれば接近戦において無類の強さを発揮し、自在な攻めが楽しめるようになるキャラでもある。

MAX2の「サヴァイヴァーズ バンケット」は ザ・ロック *2のフィニッシュホールドである「ピープルズ・エルボー」をモチーフにした技。
『2002』では当て身技の「ブルーマンデー パレード」成立時のみ発動可能な派生技だったが、『2002UM』では単独で出せるダウン追撃技に変更されている。

『NEOWAVE』での永久無双


MUGENにおけるアンヘル

  • 如月銃駆氏製作 2002仕様+アレンジ
原作再現だが、オリジナル超必である「フォー オール オブ ユー エンジェル ラバーズ」が搭載されている。
41氏によるAIが同梱されている他、ピータン氏によってAIパッチが作成されている。
前者のAIは立ち回りにやはり限界はあるがハマればかなり強い、彼女らしい良AIである。
後者は小足かめくりジャンプ攻撃からのコンボを多用し、うまくいけばノーゲージで6~7割の体力を掻っ攫うAIとなっている。

+ 如月銃駆氏アンヘルお勧めコンボ

  • jin氏製作 2002UM+AKOF風アレンジ仕様
jin氏製作キャラとしてはレアスに続く二体目の女性キャラ。アンヘルは氏にとって「KOFで一番好きなキャラ」とのことである。
基本的には『2002UM』原作仕様だが、原作にあった永久については意図的にオミットされている。
派生版と単独版の二種類のサヴァイヴァーズ バンケットが搭載されている他、AKOF仕様キャラの特色であるMAX3超必として、
オリジナル技の「ソウル カンテ ディアスポラ」が追加されている。

キャラ本体にAIは搭載されていないが、改変自由とのことでピータン氏と黒い鳩氏によってAIが製作されている。
ただし、ピータン氏のAIは最新版の本体には未対応。
黒い鳩氏のAIは改変パッチも兼ねており、こちらは本体付属で公開されているためバージョン違いを気にする必要はない。
新技としてオリジナルの飛び道具や対空技などが追加されているが、
AIにそれらを使用させるかどうかはスイッチで変更出来るので単純にAIパッチとして使用することも可能。

また、さる氏によってドットをD4化するパッチが製作されている。

  • jin氏製作 クローンアンヘル
アレンジ要素があるとはいえ、基本的には原作準拠で製作された同氏のAKOF仕様と違い、明確なアレンジキャラとして製作されている。
肌の色が褐色になっている他、『2001』の冨永氏のボイスを使用しているのが特徴。
性能も大きく違い、まずアンヘルの特徴である アンチェインがオミットされている。
さらに搭載されている技は全てモーションを上手く使いまわしたオリジナル技で、追加入力や六道烈火らしき技まで存在する。
実は上記のAKOF版の裏モードとして搭載する予定だったが、搭載したらcnsが複雑になってしまうので別キャラとして公開しているとのこと。
こちらも本体にAIは存在しない。

sk氏によってAIパッチが作成されていたが、現在は公開停止中。
が、DLページ自体は残っているため検索してみれば今でもDL可能だったりする。

  • 黒い鳩氏製作 コンボアンヘル
上記のjin氏製アンヘル改変パッチをベースに強化改変を施した凶悪キャラ。選択したカラーによって凶~狂最上位辺りまで性能が変化する。
動きがかなり素早くなっており、名前の通りコンボ性能も非常に高い。
標準搭載されているAIはゲージ技でのKOを狙うのが特徴。
低カラーの場合は20HIT辺りでコンボを打ち切るが、高カラーになると 永久を自重しなくなる。

更新によって空中版アンチェインによるエリアルコンボやバスケが搭載され、AIもそれを狙ってくるようになった。

  • Vans氏制作 2002UM仕様
システムや技は全て搭載されている。簡易ながらデフォルトAIも搭載。
defを書き換えることによりWinMUGEN、新MUGEN両方で使える。

  • ザウラー氏製作 G-Angel
凶悪系改変だが、現在混線といった即死は未搭載。
1Pは狂中位、12Pは準神になっている。

  • Swipergod氏製作
海外のMUGENコンプゲー『King of Fighters Edition』仕様のアンヘル。
全56キャラ一括のDLとなっており、彼女のみ個別DLは不可なので注意。
とはいうものの、彼女に限らず全キャラに作者の優秀なAIが搭載されており、
専用ステージも全員分あるのでKOF好きにとってはなかなかお得とも言える。
アドオンの一つとして導入を検討してみるのも一興では。

他にCCI氏、H"氏、ブッチ氏が製作しているが、こちらはあまり出回っていない。

アオバ氏によって改変されたAKOF参戦予定(?)キャラのダブルエーも存在する。

「とくと味わえー、アンヘル様の妙技をー!」


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ 一覧

プレイヤー操作

  • アルで昇華 part80(如月銃駆氏製作 ピータン氏AI・jin氏製作クローンアンヘル sk氏AI)


*1
2000年から2001年にかけてリリースされたガイナックス製作のOVA。「ハルハラ・ハル子」は主要な登場人物の一人で、 自称19歳 の宇宙人。
新谷氏版アンヘルの口調や性格は、ほとんどこのキャラのまんまと言っていい。
レオナ(綾波レイ)といい、暴走庵エヴァンゲリオン初号機)といい、ガイナックス作品はKOFキャラの元ネタになることが多いようだ。
また、jin氏製作のAKOFアンヘルのMAX3「ソウル カンテ ディアスポラ」は『FLCL』第二話の「カン」の蹴りから着想を得た技とのこと。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1923751
*2
「WWF」・「WWE」で活躍し、『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』などの映画でハリウッドデビューも果たしたアメリカのプロレスラー。
サヴァイヴァーズ バンケットのモチーフになった「ピープルズ・エルボー」は、ダウン中の相手に対してロープ間を1往復してから肘を落とすフィニッシュホールド。
アンヘルの「とくと味わえー、アンヘル様の妙技をー!」というセリフも、ザ・ロックの「If you smell what The Rock is cooking!」という決めゼリフから来ている。
ちなみに「ブルーマンデー パレード」も、そのザ・ロックのキメ技の一つ「ロック・ボトム」とモーションが酷似している。
ここからピープルズ・エルボーへ繋ぐのがザ・ロックの、そして90年代後半のWWEの象徴となっていた。
・・・まあアンヘルはルチャリブレの国メキシコ出身だし、プロレスも好きなんだろう。