R-3


スーパーロボット大戦』シリーズに登場するロボット(PT:パーソナルトルーパー)。R-TYPEの自機ではない。
正式名称は「Real Personal Trooper Type-3」。メカデザインはカトキハジメ氏。
初出はPSの『新スーパーロボット大戦』。

「究極ロボットを開発する」というコンセプトである『SRX計画』の元、のうちで最も最後に制作された機体。
異星人の技術であるEOT(エクストラオーバーテクノロジー)を多数採用し、中でも『念動力』という
特殊な力を機動兵器に応用するためのシステム『T-LINKシステム』を搭載している。
索敵システムや火器管制にT-LINKシステムが組み込まれており、敵補足能力と情報収集能力の高さが特徴。
またSRX時には念動フィールドによる合体状態の維持と機体制御を行うため、
パイロットには高い念動力の素養、強靭な精神力、部隊指揮官としての知識が要求される。
主な武装はいわゆるビット兵器の「ストライクシールド」や、念動力で収束率や軌道を変化させることのできる「念動収束式レーザーキャノン」、
通常のPTと同じバルカンやビームソードも装備している。
またプラスパーツを装着することで「R-3パワード」になり、飛行能力や「テレキネシスミサイル」を使用可能になる。
なお、プラスパーツを付けた姿はガンダム試作3号機に似ている(サイズは段違いにこっちの方が小さいが)。まあ、デザイナー同じだしね。
ちなみにバンプレオリジナルにはR-3パワード以上に試作3号機みたいな機体が存在する(サイズも同じくらいで)

なお比較的参戦が遅かったり、ノーマル状態での出番がごく短かったり、プラスパーツも足なんて飾りです(意訳)と言われたり、
味方の裏切りで標的にされたりと地味に不遇な機体である。
ようは「3人揃ったらSRXの出番」となってしまう為、「ゲームの都合上、合体後の出番は遅くしたい」事から、R-3の出番が遅くされがちなのである。

ちなみに、ゲームでの性能的にもパッとしない。
高機動・軽装甲という設定を反映してそれなりの運動性に薄い装甲というステータスなのだが、中途半端な性能が災いして油断するとすぐに撃墜されてしまう。
パイロットのアヤの念動力が低めなせいで補正も少ないし。
また指揮官機としての性能も ひたすら力押しの脳筋作戦 しか行わない主人公部隊の中では生かしようが無い為にほぼ無意味。 ※1
ぶっちゃけ味方部隊の任務はオリジナル・版権スパロボ問わず 戦力の一点集中による敵陣突破 戦力の一点集中による敵中枢の撃滅 ばかりなので
ゲームシステム上しょうがないとも言えるのだが。撤退戦とか防衛戦を任されるのなんてシナリオ全体でごく僅かしかないし。

+パイロットについて
パイロットはオリジナルキャラクターのアヤ・コバヤシ。担当声優は冬馬由美氏。
漢字で書くと古林 彩(「小林」ではない)。妹にリュウセイ病患者マイ・コバヤシがいる。

緩やかなウェーブの髪と凛々しい顔立ちが特徴的な女性で、ヴィレッタ・バディムが着任するまでSRXチームのリーダーを任されていた。
上官であるイングラム・プリスケンに念動力の才能を見いだされ、同時に彼に対して好意を抱いていた。
念動能力者としての資質自体はさほど高くないものの、安定性と統御力に優れるためSRXの操縦の際にはT-LINKシステムの制御を任されている。
また念動力の資質は高いが制御の苦手なリュウセイやマイのパワーを抑えるのも彼女の役割であり、
目立った活躍が無い一方、縁の下の力持ちとして重要な役を負っている。
……が、能力の低さが災いしてSRX時のT-LINKシステムの制御で手一杯という事がままあり、
アヤが制御すらできない程に消耗している場合はリュウセイがT-LINK関係全部担当なんて事もよくある。
アヤいらなくね?と思ってしまうのは誰もが通る道
第3次αでは冒頭で敵に撃墜されて消息不明、最終盤までバルマー側に拉致されていたことも。
なおその際、敵がリュウセイ達を騙す際にアヤの偽物を繰り出したイベントは一部で語り草となっている(通称:玉アヤ)。

おまけに、意中の人に裏切られて一時は戦意を喪失。
前半ではリーダーとしての責任や自身の念動力の資質に苦悩していたこともあって、
イングラムの存在そのものが精神的な拠り所となっており、裏切りにはかなりショックを受けていた。
だが、リュウセイとライのフォローで戦意を取り戻し、イングラムの裏切りの真意を質すために戦い続けることを決意、
最終的にはイングラムも自分を利用したことに負い目を感じていた(そもそも彼も洗脳されていた)ことを知り、和解している。

真面目で毅然としているため堅い印象が強いが、リュウセイを「リュウ」・ライディースを「ライ」と呼ぶなど、
割とフランクな一面もある。一言でいえば「面倒見の良いお姉さん」と言った感じだろうか。
というか、階級ではリュウセイやライよりも上だが、軍歴は元民間人のリュウセイと大差ないので当然と言えば当然である。

キャリアウーマンな見た目にバッチリメイクなため誤解されやすいが、彼女はまだ 21歳 である。
おい誰だ、今彼女のことをBBAなんて言いやがったのは
年長者扱いされがちだが、彼女はまだ登場キャラクター内でも割と年下の方である。
女性キャラが変に若かったり、オッサンどもの密度が高かったりするこの部隊もだいぶアレだが


+乙女の黒歴史
初登場の『新』では、アムロのファンというミーハーな所もあったが、
他のキャラ同様、そういう点は後々にはなかった事にされたようだ。
裏設定では『新』でSRXチームの教官だった神隼人に惚れていたとも。
これはイングラムの好意へと形を変えて設定が残った。 原作漫画版の隼人に惚れるのは死亡フラグなのでそれが正解
あとハヤトカツも関係ない。 アンソロジーでネタにされて発狂してたけど
ただ、ミーハーな部分は残っていたようで『第2次スーパーロボット大戦OG』の序盤では
ラ・ギアスでのマサキの友人であるフェイル王子に興味津々であった。

+割と忘れられた設定
なお、彼女はT-LINKシステム実験の被検体として陰で様々な処置を施されており、
かなりの量の記憶を改竄・捏造され 脳にかなりの負担が生じている。
そのため、一定期間R-3に搭乗してT-LINKシステムと繋がらないと、
記憶に齟齬が生じて精神に混乱をきたして最悪の場合は廃人と化す という恐ろしい爆弾を抱えている。
OG2で本人もその事実を知って一時放心状態になったが、「それがどうしたっていうのよ!」と過去に拘らず、
仲間達との現在を生きる事を選んだ。

ちなみに彼女の父親(血は繋がっていない)であるケンゾウ博士はアヤ(とマイ)を被検体にしてその人生を歪ませた張本人なのだが、
コバヤシ姉妹に情が移ってしまい、物語開始時点で「たとえ過酷な実験を行う事になってもアヤを生き延びさせる」という方向に変換、
敵に洗脳されて記憶を失っていたマイに対しても「もう二度と記憶を操作するような真似はしない」と見守っている。
そのケンゾウの苦悩を知ったアヤも上記の事実が暴露された後も今まで通り父親と慕っている。
見た目も言動も明らかにマッドサイエンティストだけど

……が、シリーズが進むにつれてこの設定が投げ捨てられている節がある。
第3次αではバルマーに拉致されて長期間T-LINKシステムと触れずとも平気だったため、OGのみの後付設定の可能性が高い。

なお、これも忘れられがちだが彼女は「超機対戦SRX」の ヒロイン である。
その証拠に「シャッフルバトラー」ではリュウセイ共々しっかり「母の慈愛」の補正を受けることができる。
据置移植で色恋設定が消えた幼馴染とは違うんです。

…他にも2名ほど補正を受けられるキャラが居るのは言わないお約束。


MUGENにおけるR-3

R-GUNを製作したミフ氏によるR-3パワードが公開されている。
いわゆるSTGキャラで空中を動き常時アーマーだが体力は残機制ではない。
動きもあまり無いが原作でもこんなもんだから仕方ない。
カラーでショットがレーザーとバルカン&ミサイルに変更できる。
時間あたりのダメージはレーザーが上だが、ミサイルのほうが誘導性があるため当てやすい。
またボムとしてストライクシールドでの全画面攻撃もある。
念動フィールドも搭載されており、こちらはR-GUNと違い40以下のダメージを無効化する。初期設定ではオフ。
AIもデフォルトで入っている。

出場大会

  • 「[大会] [R-3]」をタグに含むページは1つもありません。


※1
近年のスパロボにおいては、こういった部隊指揮官としての役割を特殊技能として採用している。
効果は、周囲の味方ユニットの命中率と回避率を上昇させる中々に有用な技能。
主な技能所持者は『ガンダム』のアムロやシャア、シロー、『ナデシコ』のユリカや『マクロス』のフォッカーなど。
変わったところでは『コードギアス』のゼロ専用技能でコマンド式で任意のボーナスを与える「戦術指揮」なんかもある。
ただし、あくまでパイロット本人の経験や能力によるものなのでアヤにこの技能が付いたことは一度も無い。
まあR-3の指揮管制能力が役に立った事ってないし……版権だと似た名前のD-3がその手の能力で大活躍しているのに
第2次スーパーロボット大戦OGでは、マキシマムブレイク発動条件の一つであり育成では付与できない技能として「統率」を覚えた。
噛み砕いた言い方をすると「反撃させる前に発動する援護攻撃」であり、気力や武器の制限もあるものの高いダメージが見込めるものになっている。
…が、彼女の場合火力はRシリーズが分離した状態での合体攻撃よりSRXでの合体攻撃が上なため、合体が出来ない序盤でしか使えない半ば死に技能となっている感がある。