R-3


スーパーロボット大戦』シリーズに登場するロボット(PT:パーソナルトルーパー)。R-TYPEの自機ではない。
正式名称は「Real Personal Trooper Type-3」。メカデザインはカトキハジメ氏。
初出はPSの『新スーパーロボット大戦』。

「究極ロボットを開発する」というコンセプトである『SRX計画』の元、のうちで最も最後に制作された機体。
異星人の技術であるEOT(エクストラオーバーテクノロジー)を多数採用し、中でも『念動力』という
特殊な力を機動兵器に応用するためのシステム『T-LINKシステム』を搭載している。
索敵システムや火器管制にT-LINKシステムが組み込まれており、敵補足能力と情報収集能力の高さが特徴。
またSRX時には念動フィールドによる合体状態の維持と機体制御を行うため、
パイロットには高い念動力の素養、強靭な精神力、部隊指揮官としての知識が要求される。
主な武装はいわゆるビット兵器の「ストライクシールド」や、念動力で収束率や軌道を変化させることのできる「念動収束式レーザーキャノン」、
通常のPTと同じバルカンやビームソードも装備している。
またプラスパーツを装着することで「R-3パワード」になり、飛行能力や「テレキネシスミサイル」を使用可能になる。
なお、プラスパーツを付けた姿はガンダム試作3号機に似ている(サイズは段違いにこっちの方が小さいが)。まあ、デザイナー同じだしね。
ちなみにバンプレオリジナルにはR-3パワード以上に試作3号機みたいな機体が存在する(サイズも同じくらいで)

なお比較的参戦が遅かったり、ノーマル状態での出番がごく短かったり、プラスパーツも足なんて飾りです(意訳)と言われたり、
味方の裏切りで標的にされたりと地味に不遇な機体である。
ようは「3人揃ったらSRXの出番」となってしまう為、「ゲームの都合上、合体後の出番は遅くしたい」事から、R-3の出番が遅くされがちなのである。

ちなみに、ゲームでの性能的にもパッとしない。
高機動・軽装甲という設定を反映してそれなりの運動性に薄い装甲というステータスなのだが、中途半端な性能が災いして油断するとすぐに撃墜されてしまう。
パイロットのアヤの念動力が低めなせいで補正も少ないし。
また指揮官機としての性能も ひたすら力押しの脳筋作戦 しか行わない主人公部隊の中では生かしようが無い為にほぼ無意味。 ※1
ぶっちゃけ味方部隊の任務はオリジナル・版権スパロボ問わず 戦力の一点集中による敵陣突破 戦力の一点集中による敵中枢の撃滅 ばかりなので
ゲームシステム上しょうがないとも言えるのだが。撤退戦とか防衛戦を任されるのなんてシナリオ全体でごく僅かしかないし。

+ パイロットについて


MUGENにおけるR-3

R-GUNを製作したミフ氏によるR-3パワードが公開されている。
いわゆるSTGキャラで空中を動き常時アーマーだが体力は残機制ではない。
動きもあまり無いが原作でもこんなもんだから仕方ない。
カラーでショットがレーザーとバルカン&ミサイルに変更できる。
時間あたりのダメージはレーザーが上だが、ミサイルのほうが誘導性があるため当てやすい。
またボムとしてストライクシールドでの全画面攻撃もある。
念動フィールドも搭載されており、こちらはR-GUNと違い40以下のダメージを無効化する。初期設定ではオフ。
AIもデフォルトで入っている。

出場大会

  • 「[大会] [R-3]」をタグに含むページは1つもありません。


※1
近年のスパロボにおいては、こういった部隊指揮官としての役割を特殊技能として採用している。
効果は、周囲の味方ユニットの命中率と回避率を上昇させる中々に有用な技能。
主な技能所持者は『ガンダム』のアムロやシャア、シロー、『ナデシコ』のユリカや『マクロス』のフォッカーなど。
変わったところでは『コードギアス』のゼロ専用技能でコマンド式で任意のボーナスを与える「戦術指揮」なんかもある。
ただし、あくまでパイロット本人の経験や能力によるものなのでアヤにこの技能が付いたことは一度も無い。
まあR-3の指揮管制能力が役に立った事ってないし……版権だと似た名前のD-3がその手の能力で大活躍しているのに
第2次スーパーロボット大戦OGでは、マキシマムブレイク発動条件の一つであり育成では付与できない技能として「統率」を覚えた。
噛み砕いた言い方をすると「反撃させる前に発動する援護攻撃」であり、気力や武器の制限もあるものの高いダメージが見込めるものになっている。
…が、彼女の場合火力はRシリーズが分離した状態での合体攻撃よりSRXでの合体攻撃が上なため、合体が出来ない序盤でしか使えない半ば死に技能となっている感がある。