妹達


(その言葉の意味は分かりかねますが―――
 ―――何故だか、その言葉はとても響きました、とミサカは率直な感想を述べます)
電撃文庫より刊行されている鎌池和馬氏によるライトノベル『とある魔術の禁書目録(インデックス)』、
及びスピンオフ作品『とある科学の超電磁砲』等に登場するキャラクター。上記の名前で「シスターズ」と読む。
アニメにおける声優は 佐々木望 ささきのぞみ氏が担当。本来は美琴と同じ佐藤利奈氏が演じる予定だったが変更となったらしい。

概要です、とミサカは説明します

作中におけるヒロインの一人、「超電磁砲」御坂美琴の体細胞を用いて作られたクローン達。

他作品で例えると、オリジナルである美琴が草薙京アドラーであり、シスターズがKUSANAGIエレクトロゾルダートである。
最初から使い捨て前提で作られている事を考えれば、エレクトロゾルダートには特に良く似ていると言えるだろう。どっちも電気系だし*1
個体名は「ミサカ○○号」と表記される。単価は18万円。実に安い命である。
そのため、「俺にも売ってくれ!」という紳士たちの叫びを産むことに。あと作中にも存在を知ったら欲しがりそうな淑女が。
『超電磁砲』劇中のある人物の発言から察するに寿命も普通の人間と比べて短いようだが、具体的に何年程度生きるのかは不明。
表情に乏しいが無感情ではなく、基本的に感性は美琴と同じ(漫画の超電磁砲では色々な表情見せたり、美琴のアイスを横取りしたりしている)。
だが羞恥心が無いに等しく、パンツが丸見えになろうが全裸を見られようが平然としている。
挿絵でも結構パンチラの機会が多い。 どうもありがとうございます。
また話し方がどことなくぎこちなく、一人称は「ミサカ」で、常に丁寧語かつ台詞の最後に「~、とミサカは○○します」
と自分の心理や行動の説明をわざわざ付け加える。ただし、美琴本人に似たのか稀に毒が混じることも。

容姿は美琴に似ているが目にハイライトが入っておらず、大きなゴーグル(電磁波を視覚化する補助道具らしい)を装着している。
あとオリジナルが短パンなのに対して彼女たちは縞パン。
しかし作中では本当に瓜二つのようで上条などはゴーグルの有無(時には縞パンか短パンか)でオリジナルとクローンを判断している。
ただしインデックスは彼女のことを「クールビューティ」と呼び、オリジナル御坂のことは「短髪」と呼んでいおり、オリジナルと初めて会ったときに「この間のクールビューティに似ているけど違う人だよね」と両者を判断している。
また声優は違うが設定上は声も同じらしく、劇場版では黒子たちが通信越しに聞こえた彼女の声を美琴のものと認識していた。

能力は『 欠陥電気(レディオノイズ) 』。美琴と同じく電気を操る能力だが、その強度はせいぜいレベル2~3相当(美琴はレベル5)。
レベル0だらけの学園都市ならレベル3でも相当のはずだが、
それでもオリジナルの1%にも満たないらしく、電磁力線の視認などの力もない。
能力名の『欠陥』は、このオリジナルとの性能差に由来するのだろう。
しかしそんな欠陥でも、動物の体表面のノミだけを殺したり、空気中の酸素をオゾンに分解し敵の酸欠を誘うといった程度には器用な使い方ができる。
またクローンである上に同じ学習を施されているため全員が全く同じ脳波と精神構造を持っており、これを利用して
電気操作能力を応用し「 ミサカネットワーク 」と呼ばれる独自の脳波リンクネットワークを形成しているという、オリジナルにはない特徴がある。
妹達は常にこのネットワークを通して各個体間の遠距離通信を行ったり、経験や知識を共有している。
また並列コンピュータのように、全体を巨大な演算装置として使うこともできる。
見方によっては ミサカネットワークというひとつの意思が全ての妹達を操っている と取ることもでき、現に本人たちもそのように振舞っていたが…

+ ネタバレ注意、とミサカは警告を試みます

通常個体で登場の機会が多いのは10032号(上条対一方通行で本来死ぬ予定だった個体)であり、特に区別して「御坂妹」と呼ばれる。
「みさか」で妹だがこの人とは無関係。
見分けをつけるようにするため上条にネックレスを買ってもらったが、
本人は指輪(左手の薬指にはめるものであろう)が欲しいと思っていたり、
もらったネックレスを美琴に見せびらかし、さらには自分から上条の腕に抱きついたりと、
妹達のみならず作中ヒロイン全体を通しても強く上条に対する想いを表現していたりする。

また、19090号は『超電磁砲』にて美琴とは違う方法で計画阻止を図った人物により感情データを入れられており、
彼女の感情は打ち止めを介しない命令として拒絶されているため一人だけ特に感情豊かな個体となっている。
女性週刊誌のダイエット効果により一人だけ他の個体よりちょっとスリムになったり。ファンからの愛称は「抜け駆け」。
他、彼女とミサカ10039号、ミサカ13577号、御坂妹が共に「カエル顔の医者」に預けられている。

ロシア編ではミサカ10777号が登場。ロシアの学園都市協力機関に預けられていた一体で、とある事情からロシアにやってきた上条や美琴に協力。
遠距離恋愛組は辛いなどの愚痴を溢す場面も見られた。

その他のミサカシリーズです、とミサカは紹介します

通常の個体の他にも「打ち止め(ラストオーダー)」や「番外個体(ミサカワースト)」といった特殊な調整を施された個体が存在する。

+ 打ち止め(ラストオーダー)の説明だよ、とミサカはミサカは自己紹介してみる

+ ミサカ、番外個体(ミサカワースト)の説明に色んな所が勃っちゃいそう☆

また、ミサカネットワークから切り離されている00000号(フルチューニング)という個体がいるようだが、登場しておらず詳細不明。
これとは(おそらく)別に、クローンの寿命を伸ばすための研究に用いられた0号という個体も登場した。
ギャグ番外では、作り過ぎて捨てられた「捨てミサカ」なるミサカ50020号なども登場している。

ちなみにオリジナル御坂は妹達の事を秘密にしているため、上条のように直接出会った場合を除けば彼女の知人、
友人はその存在を知らない(何度か目撃や遭遇しても、美琴本人と誤解されているケースもある)。
初春、佐天はもちろんのことルームメイトである白井黒子も例外ではない。
経緯が経緯なので美琴が教えていないのは当然だが、特に 「黒子には絶対に知られたくない」 とのこと。
真面目に考えても黒子が暗部に関わるのを良しとしないだろうし、
あれだけ美琴ラブな人間が、彼女そっくりな彼女らの存在を知ったら 性的な意味で暴走するだろうし 順当な判断である。

ただ、超電磁砲とのクロスオーバーを行った真・女神転生IMAGINEにおいて、
タイムマシンの事故でIMAGINEの世界に迷い込んでしまったオリジナルを救出するため
妹達でタイムマシンを起動させるという話でイベントを締めくくっているのだが、その連絡を黒子が行っている
無論、本編とは何の関係もない話ではあるものの、その後、妹達と黒子がどうなったのか……想像するだに恐ろしい事だろう。

+ ちょっとした余談


MUGENにおける妹達(シスターズ)です、とミサカは動画と共に宣伝します。

うぉるふ氏によるものが製作されている。所謂ちびキャラで各種重火器を使用して戦う。
使用するのはライフル手榴弾、設置技の地雷ショットガン対空ミサイル等。
ライフルは一定数ごとにリロードが必要なため、使い所を考える必要がある。
デフォルト設定ではどんな攻撃でもほぼ一撃で倒される程度のライフしかないが、その代わり複数人が同時に登場する。
最大で2万人まで設定でき、最大だと準論外級の耐性を誇る。制作動画ではバルバトスすら一方的にフルボッコするほど。
AIもデフォルトで入っているようだ。

出場大会

出演ストーリー



*1
全くの余談だが、妹達を演じたささきのぞみ氏とゾルダートの声優である滝野洋平氏は同じ事務所(東京俳優生活協同組合)に所属している。



添付ファイル