エクスデス


「わたしを本気にさせたな!死の世界へ行くがいい!!」

ファイナルファンタジーV』に登場する暗黒魔道士であり、同作におけるラスボス。
ムーアの大森林の樹木に邪悪な心が集まって誕生した存在なので、ゴツい外見に似合わず正体は植物。
名前の由来は英名の「Exdeath」が示すように「死(Death)を超える者(Ex-)」を意味する。

500年前(エクスデス誕生と同時期)に賢者ギード(亀)によって封印されたが、約470年後に封印を破り復活。
しかしそれを察知した暁の4戦士によって再び封印されてしまう。
30年後(FFV本編)、再度封印を破り4つのクリスタルを全て破壊する事で完全復活を遂げた。
そして伝説の暗黒魔道士エヌオーが手にしたと言われる強大な「無の力」を手に入れようとする。
その過程で3つの世界にて暗躍。分断されていた二つの世界を統合したり、無の力で世界の都市の大半を次元の狭間に送ってしまうなど、
実はFFシリーズだけでなく創作全般でも珍しいほどの圧倒的な戦果を挙げている悪役だったりする。

+ 無が エクスデスを のみこみだした!!

基本形態(上記イラスト)では暗黒魔導師と言う肩書きを忘れてしまうくらいマッチョなお姿をされている(腕とか)が最終決戦時は、
邪悪な心を持った樹木と言う設定が反映された巨大な樹木の化け物のような姿を見せる。
カラーは違えどFF4に登場した黒騎士ゴルベーザに通じるデザインをしており、特に魔道士でありながら筋肉モリモリマッチョマンである点、
中盤から強い印象を残す点など、ゴルベーザと似ている面が多い。

魔導師らしく「メテオ」「フレア」「ホーリー」と様々な高位魔法を自在に操る一方、物理攻撃である「しんくうは」で軽々と即死級のダメージを叩き出す。
さらには倒されても小さなトゲの状態から復活するなど植物由来の再生力・強い生命力によってほぼ不死身であり、無の力抜きでも実に強大な力を持っている。
人間の邪悪な心の集合体という設定故か、FFシリーズのラスボスとしては珍しく作中で人間味を感じさせる場面が比較的多く、
不出来な部下に悩んだり怒ったりするなど妙に可愛らしい面もある。
他にも、
  • 「私はよみがえったぞ! ファファファ…
  • 「な、 なぜ死なん!?
  • 役にたたぬやつめ! 次元のはざまへ 行くがいい!」
  • 「カメェェェッー!」 *1
  • 「なぜ、「無」の力が消えるのだ!? えーい これでもくらえっ!!」
  • 「無とはいったい…… うごごご!!
  • 『宇宙の 法則が 乱れる!』*2
など印象的な台詞も多く、邪悪な存在であるはずなのにプレイヤーからけっこう愛されているという不思議な状態になっている。
後述するDFFが発売されてからは、それがより一層顕著になったように感じられる。

+ 『ディシディア ファイナルファンタジー』シリーズでは


MUGENにおけるエクスデス

長らくお覇王跳ね飛ばされるだけの役目しか無かったが、フレア氏の製作したエクスデスが登場。
神竜オメガ同様に原作のドットを使用したもので、攻撃方法も原作に基づいている。
一切移動できない代わりにハイパーアーマー状態で、画面下のATBゲージが溜まると攻撃を行う。

また、同氏によってネオエクスデスも制作されており、こちらも原作に基づいたものになっている。
このネオエクスデスは約数日の間だけ公開されたものだが、2013年10月1日にイルルヤンカシュ氏の改変版が
mugenファイルアップローダ2と氏のSkyDriveで公開された。

+ エクスデス

+ ネオエクスデス


「ついに手にいれたぞ!!最強の力!
世界を支配する力!「無」の力だっ!!」

出場大会

ネオエクスデス

  • 「[大会] [ネオエクスデス]」をタグに含むページは1つもありません。

*1
自身の宿敵ともいえる賢者ギードに邪魔された時に飛び出した台詞。
発言者の名前が表示されていない上に あまりにも唐突に異様なキレ方をしている ため、ギードの鳴き声や掛け声と誤解されることもあるが、
れっきとしたエクスデスの台詞である。
あと「カメェェェーッ!」ではなく 「カメェェェッー!」 である。お間違えなく。

+ ギードVSエクスデス(YouTube)

後のGBA版以降ではエクスデスの顔グラ付きで喋っているため、分かりやすくなった。

+ GBA版・IOS版の問題のシーン

余談だが、DFFにおいてはエクスデス専用武器としてギードの髭と言う装備が存在する。
……この戦いで引っこ抜いたのか?

*2
正確にはネオエクスデスの台詞…と言うか戦闘中のナレーション。
結構誤解している人も多いようだが、 元々漢字表記 であり、決して「うちゅうの ほうそくが みだれる!」なんて書き方ではない。
「うちゅうの ほうそくか゛ みた゛れる!」なんてもってのほかである。