ベリル・ベニト


「ボクってやればできる子なんだよ。」

性別:女
年齢:18歳
身長:148cm(自称155cm、四捨五入で160cmと主張)
体重:38kg
一人称:ボク
声優:千葉紗子


幼い頃に両親を事故で亡くしており、祖母に育てられた。
宮廷画家となって出世することを夢見て、家出同然で故郷を飛び出している。
コハクのスピルーンを巡る事件に関わり、シングらを題材とした絵を描くため旅に同行することになる。
ニヒルな言動で気取ろうとするが、「おこまがしい(おこがましい)」、
「スペタククル(スペクタクル)」等とよく言い間違えるため何かと決まらない。
自分でも認める通り、基本的にはヘタレであり、強敵と会うたびにまず逃げ出す事を口にする普通人。
パーティで一番常識的な感性をもっている。

プレミア物を徹夜で買いに行ったりするほどの帽子(かぶり物)マニア。
最近は着脱可能なクンツァイトのヘルメットが気になっている。

シングとコハクのふたりだけの世界に怒ったり、シングとソーマがつながってご機嫌になるなど、
表にはなかなか出さないが、密かにシングに好意を抱いている。
終盤で彼女なりのアプローチもするが、これはコハクの背中を押す為にとった行動とも取れる為、
最終的には身を引いた素振りではある。
シング曰く、「今まで会った女の人の中で一番大っきな筆を持ってる人」。
これに対しベリルは「シングは一番乙女心がわかんない奴」と言い返していた。

ソーマは帽子から取り出す巨大な絵筆、ティエール。師匠から譲られたもので、決して箒型ではない。
エボルブ形態は実在の画家や芸術の文化の名前が使われているものが多い。主な思念属性は地。
絵の具を利用した思念技と攻撃系・能力を上昇させる補助系思念術を習得する(メインシナリオでは、移動術を使っていた)。
また筆であるにも関わらず勝利画面では魔女の箒のように浮いていたり。
技はカタカナとひらがなが混ざった物が多い。
(以上Wikipediaより一部抜粋、改変)

シング(16歳)やコハク(17歳)よりも年上でヒスイと同じ18歳だが、背が低くて童顔と外見上は幼く、コンプレックスになっている。
戦闘後の掛け合いでは「ボクも脱いじゃおうかな~」と冗談を口にしても、仲間の男性陣から鼻で笑われるか無反応という有様である。
帝国軍の手配書でも「推定年齢十才」と記載される始末で、やはり年相応には見られていない。
+ 参考動画

ただし、DS版のCGエディションだと……
+ 参考画像

スマートフォン用RPGの『アスタリア』では、『アイドルマスター プラチナスターズ』とのコラボレーションでアイドル衣装を披露している。
+ アイドル風コラボ衣装

原作での性能

見た目通り、思念術を主体に使う。主な属性は地・闇・水で、詠唱台詞が独特的。
術師として申し分無いレパートリーを備えているのだが、思念技である「スラッシュからぁず」が全てをブチ壊している。
この技は「早い、高威力、貫通性能持ち」の飛び道具を飛ばす技なのだが、硬直が短く二の矢が次々と出せる。
空中で出すと更に硬直が減り、しかも単発HITなのでカス当たりの心配も無く2HITする事もあるというおまけ付き。
雑魚戦なら遠距離からこれを連発しているだけで何もさせずに処理する事が可能。

また、コンビネーションブラスター(略称CB、テイルズオブシリーズにおける従来の秘奥義に該当)として
シリーズ屈指の反則呪文と名高いクレイジーコメットからの派生術を持つのだが、
詠唱演出中に振り回す筆にも判定が付いておりこれがフルヒットするとCB本体の4倍近い威力を叩き出す。
もう術なんていらないんじゃないかな

リメイク版の『ハーツR』ではシステムが変更されて3D戦闘になったが、「スラッシュからぁず」の使い勝手の良さは相変わらず。
ブレイクシステムとの相性も良く、プレイヤー操作では前衛並みに活躍できる。
また、思念術は雷属性も使えるようになった。

MUGENにおけるベリル

bara氏によって DS版 の原作再現風仕様が公開されている。最終更新日は2016/10/14。前回2013年から約3年振り。
PS Vita/iPhone版であるTOH-Rの要素も採り入れており、術技や演出などが追加されたり、一部の詠唱台詞が変更されている。
コンボコマンドは無く、RMシリーズと同様にスロットに術技(特技/思念技/思念術)をセットして操作する形になる。
AIが仮搭載されており、起動すると後述のEGの上にオートが表示されたり装備アクセサリが強制変更される。

+ システム
+ 特殊カラー
+ 特殊演出
+ 製作動画

出場大会

その他