ソフトン


「翼をもがれた天使たちよ、さぁ…魂の宴を始めよう」

+詳細なプロフィール

プロフィール

年齢:25歳
身長:185cm
体重:60kg
足のサイズ:27.5cm
血液型:A型
誕生日:8月26日
星座:乙女座
趣味:ヨガ。
特技:バビロン真拳とソフトクリーム作り。
好きな物:バビロン神
嫌いな物:志なき者
最近嬉しかった事:ボーボボ達と出会った事。
尊敬する人:バビロン神。
好きなドラマ:イタズラなKiss
将来の夢:全ての弱者の救済、愚者達に裁きを与える事
座右の銘:愛
旅に出てみたい所:世界のあらゆる都市
チャームポイント:セーヌの流れを彷彿とさせるまろやかな曲線

週刊少年ジャンプに連載されていた澤井啓夫氏によるギャグバトル漫画「ボボボーボ・ボーボボ」の登場人物の1人。
頭部がどうみてもだが、一応名前がソフトンなのでソフトクリームなのだろう、多分。きっと。ちなみにアニメ版はご覧のようにピンク色してるが原作だと茶色である。 違うよ!チョコ味のソフトクリームだよ!
同じくバビロン真拳を使うアイスンの頭は完全にアイスだったためそれまで完全にアレ扱いしてたボーボボ一行(ビュティ除く)はかなりのショックを受けていた。
なおそれ以外にもアニメ版は規制が厳しく、う○こ呼ばわりはされずに「とぐろ」とか「ぐるぐる頭」といったボカした表現が使われていた。焼け石に水じゃねえの?とは内緒である。

アニメ版およびPS2版のCVは緑川光*1で、PS2版から唯一変更されなかったキャスト。あれこれそれなどの正統派美形キャラを演じることが多かった氏がこのようなインパクトの強いキャラを演じた事は当時それなりに衝撃が大きかった。まあそれ以前にも三枚目キャラを演じることはあったし、ソフトン自身も頭部以外はまともな美形キャラ(作中の基準では)だったのだが。緑川氏の美声によるギャップと戦闘シーンでのかっこいい演出により、ある意味アニメ化の恩恵を一番受けたキャラといえる。

初登場時は毛狩り隊Cブロック漆黒の間の番人であり敵としてボーボボ達の前に立ち塞がったが、激闘の末に敗北。毛狩り隊にはさほど義理が無かったらしく、その後はソフトクリーム屋でバイトしていた。
マルハーゲ四天王の一人、軍艦によって仲間のビュティが連れ去られた時にボーボボに助っ人を頼まれるが、最初はそれを拒んだもののボーボボ一行や通りすがりの子供から送られた声援(う○こコール)によって快諾した。
それ以降はメインキャラクターの一人として活躍し、味方の中でも実力者として頼りにされていた。
……元Aブロック隊長の天の助より強いのはおかしいって? 気にするな!

アレな外見ではあるが作中では貴重な常識人であり、ほとんどボケない。ただ若干天然であり、本人が意図しないマジボケはけっこう多かったりする。ボーボボを始めとした仲間とも良好な関係であり、特にビュティに対しては何かにつけて気遣っていた。ただ、首領パッチ天の助の悪ふざけにイラついたり一方的に強烈な愛情表現をしてくる魚雷ガールを苦手にしていた。

+ネタバレというほどでもないネタバレ
実はその正体はビュティの兄。ウン……ソフトクリーム型の頭部はあくまでバビロン真拳の力が発現していたに過ぎなかった。素顔はビュティと同じピンク髪の長髪の美青年。
もっとも、初期からビュティやその兄との関連性を感じさせる描写が多かったのでそれほど驚きは無かった。ストーリーにもさほど関わる話題じゃないし。
素性を隠していたのはビュティの運命を変えるためだったらしいが、結局何を変えようとしたのかは 連載終了後も不明のままである。 ついでに本名も不明。これはギャグ漫画という作品の性質上、話に組み込めないまま後回しにしてしまったことが原因との事。
+感動の兄妹再会

使う真拳は聖地バビロンでしか会得できない神聖なるバビロン真拳。
奥義の名前には「ジャマイカの情熱」「ルクセンブルグの雷鳴」「モロッコの流れ」という具合に国名が入っており、稀に古代文明の名前も使われている。
攻撃・防御・回避に使える技が揃っている上に、辺り一帯の邪気を祓う技やバビロン神を召還する事も可能という極めて実用的な真拳。さらにはボーボボ同様に*2固有結界のような異空間まで発生させられるので死角は無いと言える。

……と一見すると活躍しない方がおかしいスペックではあるのだが、「ボーボボ」におけるボス連中はほぼ例外なくボーボボ達よりも遥かに強く(特に中盤以降それが顕著になる)、なおかつまともな正攻法で倒すのは不可能な特殊能力や技能を備えている場合もあって、スタンダードに強い代わりに劇的な爆発力が無いソフトンはボス戦では活躍できないことが多い。まあ「圧倒的な強さを持つボスをギャグとノリでこちらのペースに巻き込んで撃破する」のが基本的な戦法なので、真面目なソフトンがギャグをしない=活躍できないのは当然なのだけども。
またボーボボと聖鼻毛融合して融合戦士にならなかったのも微妙に影が薄い事に拍車をかけている気がしないでもない*3
なのでもっぱら雑魚や中ボスクラスの相手をしたり情報収集や敵地潜入などの戦闘以外での活躍が主となり、大ボス戦では解説役になってしまう。一応、戦う中ボスは強敵揃いであり中々の名勝負を繰り広げているので全く活躍しないというわけではない。
安易にかませ犬にされなかった分、まだマシだろう。



MUGENにおけるソフトン

多数のボーボボキャラを作成している樹(ju)氏による『爆闘ハジケ大戦』のドットをベースに作られたものが存在していた。
現在は2016年のフリーティケットシアター終了によるサイト消滅で入手不可。
完成度は80%となっているが、問題なく使用できる。
『爆闘ハジケ大戦』の仕様により超必がガード不能となっており、これによってソフトンに限らず氏のボーボボキャラはタッグでの混戦に強い。
ボイスも『爆闘ハジケ大戦』の物が使用されており、緑川氏の美声によるギャップを十分楽しむことが出来る。……というか、アニメほど規制が厳しくなかった為に挑発で堂々と「 う○こーーー!! 」と叫ぶ。異様なまでに高いテンションで叫ぶ。ちなみに原作ゲームだとキャラセレクトでも叫ぶ。やっぱりソフトクリームじゃないんだ
AIもデフォルトで搭載されているのだが、残念なことに大会動画に出場したことは無い。

「欲望の翼を纏いし堕天使の衣を借りて、静寂なる業火の扉を解き開かん、バビロン」


出場大会


  • 「[大会] [ソフトン]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー



*1
余談だが、作者の澤井啓夫氏は「新機動戦記ガンダムW」のファンであり、ヒイロ役の緑川氏やゼクス役の子安氏が自分の作品のキャラクターを演じてくれることをとても喜んでいた。
声優陣も単行本に直筆のコメントを寄せており、関係は良好だったようである。

*2
厳密に言うとボーボボとソフトンの奥義は別物である。
ボーボボの奥義は「精神開放系」と呼ばれ、毛の王国の生き残りのみが使用できる。
対してソフトンの奥義は「領域支配系」。発動者の真の力を解放できる異空間を作り出す奥義という点は変わらないが、こちらは毛の王国の生き残りでなくとも習得可能。
ぶっちゃけ違いはほぼ無いし、それ以前にこの漫画の戦闘を真面目に考察すること事態が極めて無意味というか無駄なんだけど

*3
本編では一度も融合しなかったが、GBAで発売された「ボボボーボ・ボーボボ 激闘・ハジケ大戦」においてボーボボ+ソフトン=ボボトンや田ボ+ソフトン=田ボトン、ソフトン+ハレクラニ=ソフクラニといった融合戦士が存在している。なおソフクラニ以外の融合戦士の外見は頭がソフトンのようなとぐろになってる。ソフクラニはソフトンが鎧着てるだけなので結局全員ウン……ソフトクリーム頭です