獅子舞


獅子舞(ししまい)とは、伝統芸能の一つで、祭囃子にあわせて獅子が舞い踊るものである。
獅子に「頭」を噛んでもらうと魔除けになり、その後御利益があると言われている。
起源はインドとされ、インド地方の遊牧民や農耕民の信仰で神として崇められていたライオンの偶像化が
宗教行事の一つになったことが始まりと考えられている。
(このライオン偶像化はシルクロードを伝い、その地方にいない「ライオン」が近東や中東や地中海付近、
 果ては極東と幻獣伝説として各地に残ることとなる。
 エジプトのスフィンクスグリフォン、ギリシャのキマイラやネメアの獅子、イタリアやイランの羽の生えたライオン、
 シンガポールのマーライオン、中国の唐獅子から琉球王国のシーサー、そして日本の狛犬等が源流を同じくするとされる) 
ちなみに李烈火マスターファンの元ネタである黄飛鴻はこれの名人と言われ、獅子王という異名を持っていたとされる。


毎年年末恒例のNHKによるテレビ番組、紅白歌合戦の2011年度版では小林幸子の舞台演出の一環として、
全長8メートル、重さ2.5トンにも及ぶ「メガ獅子舞」が披露された。

例年と同じ流れで本体のみで登場した小林幸子が曲の盛り上がりに合わせて登場した獅子舞の口の中に収納され、
獅子舞の口が閉じたかと思ったら獅子舞の頭の上にせりあがって出てくるというどこぞの変形合体ロボのような演出と、
その巨大獅子舞の上に人が乗っているインパクトはネット上においても話題を呼び、
昨年話題を浚ったメガ幸子に引き続き「口を閉じているときは攻撃が効かないのでは」
「本体にしかくらい判定が無いタイプのボス」等、様々な憶測が飛び交った。
+…嫌な、事件だったね。
知っての通り、この翌年である2012年は紅白のセットを巡って小林幸子の夫と個人事務所の社長が大モメし、
お家騒動に発展する事態を招いてしまう。
これによって予定されていたシングル発売は中止、音楽事務所との契約も解除。
自主制作によって改めてシングルを出すものの、時既に遅く紅白出場を逃す事となり、連続出場記録も33年でストップ。
この「メガ獅子舞」を最後に年末の風物詩は姿を消す事となってしまった。


MUGENにおける獅子舞


当時の紅白歌合戦中にアイディアを思いついたふうりん氏がスプライトを、松梅魂氏がCNSを担当した
メガSHISHIMAI」が翌日の元旦に公開された。めでたいね!!
めでたいとかそれ以前にジェバンニってレベルじゃねーぞ!

レオパルドンと同じく獅子頭部に居る人型にしか食らい判定が存在せず、
ハイパーアーマーかつ食らい中無敵、自力での移動手段を持たないアクションゲーム仕様。
攻撃手段は噛み付き・ガード不能の踏みつけ・咆哮による吹き飛ばし・目からビーム2種・極大判定のビームの6種。

AI殺しの上特殊仕様のためキャラ相性が顕著に出やすい。基本的にプレイヤー操作による討伐を推奨。


なお、あくまで「SHISHIMAI」なので頭頂部の人型が小林幸子なのかかどうかは不明。不明ったら不明。

出場大会