斬真狼牙


「へへっ、楽しみだぜ!」

アリスソフトの地域制圧型エロSLG『大番長』およびそれを原作とした格闘ゲーム『BIGBANG BEAT』の主人公。
名前の読みは「ざんま ろうが」紙忍者の覚醒必殺技っぽく「ざんしんろうが」とは読まない。勿論幕末超奥義とも関係は無い。

魔界孔のせいで荒れ果てた今の日本が気に喰わないためとりあえず全国統一を目指す。
兄貴である豪曰くバカ。まあ兄貴以外から見ても大方バカである。
だが、積極的に前に立ち、熱い思いを胸に皆をグイグイ引っ張っていくなど、リーダーとしては非常に優秀で頼りがいがある。
また、バカではあるが他人の忠告や諫言を割と素直に聞き入れたり、役に立つと思った物や有能な人物を積極的に引き入れようとするなど、無能ではない。
策を弄したりするのは苦手で、そういうことは兄貴や仲間達に任せることもある。
強くなることにも余念がなく、強い相手には手合わせを願うこともある。
ホワイトファング」の異名を持ち、必殺技は「ウルフファング」。あまりに直球なネーミングである。
兄が一人、許婚が一人、そして嫁がたくさんいる女好き。
兄貴である斬真豪とは普段はふざけ合っているが、互いに強く信頼している。
ちなみに許婚は天楼久那妓

女好きといっても、他人の女を取ったり嫁や愛人以外に無理に手を出したりはしない。
(この辺、同じアリスソフトの人気シリーズの主人公であるランスとは違う。馬鹿なのは共通してるが)
が、エロゲ故にやけに仲間の女性キャラに体を狙われる。
本人も「据え膳喰わねば」の精神なので誘われるとホイホイ付いていってしまう。

ちなみに、大番長(の全国編の序盤)では強化された戦車が敵として現れるのだが、
その戦車に対して狼牙達は生身で立ち向かい、そして普通に殴り倒せる
その無茶っぷり、ボンボン餓狼といい勝負である。男なら拳ひとつで勝負せんかい!

「あんなの装甲がちょっと硬いだけの車じゃねーか」

全国編の敵勢力は他にも、上記の戦車を擁する軍隊(のような組織)を始めとして
吸血鬼忍者騎士海賊と、もう番長ってレベルではなくなってたりする。
(設定上、ほとんどは学園を中心として構成されているはずだが、基本的に「お前らのような学生がいるか」状態である)
クリア後のおまけである無茶苦茶モードになると敵勢力はさらにカオスになり、原画マン(売れっ子で女性にモテモテ)、ホモ集団+ブ男(男にモテる)、探偵事務所(裏の顔は大銀行)、ハニワ教(眼鏡っ子大好き)と、一部はもはや人間ですらないというカオスっぷりで、文字通り無茶苦茶である。

そんな男前な彼にも、6歳までは久那妓と一緒に入浴し
7歳まではオネショが治らなかったという恥ずかしい過去がある。
他にもスーパー化した兵太を見て自分もできないかとやってみるが当然できず、「羨ましくないんだからな!」とか言っちゃう可愛いところもある。

大番長では、主人公なので言うまでもなく初期メンバーの一人。
近距離型としてどの能力値もかなり高く、主人公として最初から最後まで主力となる。
(出撃し続けると消耗が嵩んでいくシステムなので、強いからと言ってゲームバランスを壊すことはない)
というか、彼に限っては各ボスキャラとのタイマンなど不可避の戦闘が多いので使わざるを得ない


+ 原作ネタバレ

彼の必殺技であるウルフファングだが、全国編で加入する親友・久我匡一郎との会話イベントで手合わせをした直後、突然使えるようになる。
手合わせ中に身に付けたのかそれとも今まで出し惜しみしていたのか、真相は闇の中である。
なお、ノベライズ版の「大番長」では山本無頼に始まる強敵との闘いで形を成していき、
久我のアドバイスを受けて直後の戦闘で完成する……という流れになっている。
原作での効果は『気力を3消費して攻撃力1.5倍、回避が+20された状態で先制攻撃を行う』というもの。
狼牙自身の攻撃力も合わさって、まさに必殺技というべき非常に強力な攻撃だが、コストの高さからそうそう気軽には使えない。(狼牙の最大気力は8)
主な使い道はやはりボス戦。主人公にふさわしい能力といえる。 性能的には久我の必殺技に劣るが。*1

余談だが、公式の人気投票では主人公なのに男性キャラ中3位という結果になっていたりする。
(ちなみに2位は兵太で、1位は兄である斬真豪)
更にはアリス2010に同梱されているアリスソフトのキャラが集うオールスターゲーム「わいどにょ」では主人公なのに兄に出番を取られてしまう始末。
(一応、主人公でも「わいどにょ」に出演してないキャラはいるのだが、戦闘力が皆無だったり、顔が設定されていない、そもそも作品が非常に古い等の事情がある)


ちなみに、彼にはナス頭という仇名がある。
背後から見た髪型がナスのヘタに酷似しているために作中で度々そう呼ばれるのだが、本人はかなり嫌がっており、そう呼ばれるとキレる。
具体的には、タイマンで倒して降参させた相手(悪党)それだけの理由で再度ボコるくらいにキレる。

「目の前から消してやるぜ…
ぶっころしたテメエの魂が天国にも地獄にも行けないようにな!」



BBBにおいての斬真狼牙





主人公らしくスタンダードな性能のキャラクター。
担当声優はセキセイ太郎氏。BBRにおいては日野あたる氏が声を担当している。
しかし牽制向きの飛び道具無敵対空技どころか
横へ大きく進む突進技も持っておらず、いわゆる波動昇龍からはかけ離れている。
通常技は癖があまりなく全体的に使いやすいが、必殺技はやや癖の強いものが多い。
エンハンス「全開で行くぜ!」は使用するごとにBパワーアーツ(およびビッグバンブレイク)が解禁される。

強みはエンハンス後の爆発力にあり、
ウルフシュートやウルフファングが解禁されるとコンボ火力がかなり高くなる。
ファングやダンクを絡めたコンボで相手を強制的に画面端まで持って行きやすいところも強い。
転じて、弱点もエンハンスするまで(=コンボを数回決めるまで)真価を発揮できない点にある。
上位陣との対戦ではその点が非常に辛い。また、崩しのネタに乏しいのも問題。
常に上々の火力を維持しつつ、後半爆発的に強くなれるという点からキャラランク上は中堅と言われている。

BBBRでは、概ね1stの必殺技を踏襲しつつ、新技の「スライド」及び必殺技版「ナパーム」と一人固有システムとしてBダッシュ
を引継ぎ参戦。システム面のシステム変更や、ウルフファングの固定ダメージを失ったり あと迫力 と大分変わっている。
プレイヤー層の評価で兵太の方が強いと見られ散々である。


+ 技解説

原作対戦動画

ちなみに彼、久那妓、扇奈、兵太が4と被って見えるのは気のせい…ではないと思う。
まあアリスソフトがまさか『大番長』の同人格ゲーが作られてMUGENで競演するなどとは想定できる訳が無いのでしょうがない。
まぁ女性に対する態度は全然違うけどね!




MUGENでの狼牙は現在BBB準拠+アレンジが8体、凶悪版が1体存在。

+ M3氏製作
+ 我王氏製作
+ ⑨氏製作
+ kagetsu yuki氏作
+ kagetsu yuki氏作・ブラック狼牙
+ LANCEL氏作・KOF風 斬真狼牙
+ 如月竜人氏製作・COH仕様 斬真狼牙
+ たまらなくエリーが可愛いうらん氏制作・Mary_sue
+ あろぼ氏製作・ホワイトファング

+ 大会&ストーリー動画ネタバレ注意

「ウルフファング!」


出場大会

【斬真狼牙】
+ ...
【ホワイトファング】
+ ...

出演ストーリー

+ ...

プレイヤー操作

ブリジットで遊撃の旅 112 )(AILV6) (タッグ - 京堂扇奈

*1
久我の「黒影迅」は気力を 2消費 して攻撃力1.5倍+相手の反撃を封じる先制攻撃であり、
完全にウルフファングの上位互換である(回避は上がらないが、先制攻撃で反撃を封じられるので回避する必要がない)。
言い換えると、気力の許す限り相手に大ダメージを与えながら完全封殺できるというとんでもない技。
つまり、ウルフファングの性能が低いわけではなく、黒影迅が異常というのが正しいのである。
他のキャラを見ても、同じ気力2消費では攻撃力1.5倍(だけ)や反撃封じ(だけ)程度が一般的。
本人のステータスも優秀だが、何よりこのスキルのおかげで彼はエース候補の筆頭に挙げられる。
だが、主人公の親友という主要そうな位置ながらシナリオ上での扱いは他キャラとほとんど違わない、ちょっとかわいそうな男でもある。