マタドガス


2つの どくガスの せいぶんが
ながい じかん ふきだまる ばしょで
ふたごの ドガースが でるらしい。

ゲーム『ポケットモンスター』に登場するポケモンの一種。 初出は『赤・緑』。
グレン島などに生息するドガースが進化した姿で、見ての通りドガースが二体くっついた姿をしている。
顔つきもニヤニヤ笑っていたドガースに対してどことなくアンニュイになっているのが特徴。
ゲーム中ではぼうぎょが高く補助技に優れる。
また、セキチクシティジムリーダー・キョウの切り札でもあった。

データ

  • 分類:どくガスポケモン
  • タイプ:どく
  • 高さ:1.2m
  • 重さ:9.5kg
  • 特性:ふゆう(じめんタイプの攻撃技が当たらない)

+図鑑説明
赤・緑、ファイアレッド
ごくまれに とつぜんへんいで ふたごの ちいさい ドガースが れんけつしたまま でることがある。
青、リーフグリーン
2つの どくガスの せいぶんが ながい じかん ふきだまる ばしょで ふたごの ドガースが でるらしい。
ピカチュウ版
ゴミのなかに ふくまれている どくガス バイきん ほこりを きゅうしゅうして いきている。
金、ハートゴールド
どちらかが ふくらむと かたほうはしぼむ ふたごの ドガース。 いつも たいないの どくガスを まぜている。
銀、ソウルシルバー
たいないに ふくまれる どくガスを ぎりぎりまで うすめると さいこうきゅうの こうすいができる。
クリスタル
ゴミからでる どくガスを すうたび からだが ふくらみ なかの においが くさく なっていく。
ルビー
くさった なまゴミから でる ガスが だいすき。そうじを しない いえに すみつき かぞくが ねしずまった まよなか ゴミばこを あさる。
サファイア
ふたごの からだを こうごに しぼませたり ふくらませたりして どくガスを まぜている。まぜるほど どくそが つよまり くさくなる。
エメラルド
どくガスを とくしゅな ほうほうで うすめると さいこうきゅうの こうすいが できあがる。ゴミから でる ガスが さいこうの ごちそう。
ダイヤモンド・パール・プラチナ、ブラック・ホワイト
ゴミから はっせいする ガスを たべて おおきくなる。ごくまれに 3つごの マタドガスが みつかる。

種族値

HP:65
こうげき:90
ぼうぎょ:120
とくこう:85
とくぼう:70
すばやさ:60
高いぼうぎょと多彩な耐性が売りのポケモン。金・銀までは影が薄かったが、
じめんタイプの技を無効化できる特性「ふゆう」を得たルビー・サファイア以降は弱点がエスパーのみとなり、
更に相手を物理攻撃力が下がる「やけど」状態にする「おにび」を習得した事により、優秀な物理受けとなった。
ただしとくぼうは並レベルであり、すばやさも低いため特殊型には弱い。
受けきるのが難しい状態でも「みちづれ」や「だいばくはつ」、「おきみやげ」等、一矢報いる手段が多いのも強み。
その他にも自分と相手の体力を一緒にする「いたみわけ」や、相手の能力変化を無効化する「くろいきり」、
相手のPPを削る「うらみ」「おんねん」等多彩な補助技を覚える。
また、こうげき・とくこう共に高めだが、物理技のレパートリーが少ないため、
基本的に攻撃技は「かえんほうしゃ」「10まんボルト」などで弱点を突く特殊型。

ダイヤモンド・パールでは高レベルのやせいのものが登場し、だいばくはつを習得している。
それを利用して、高レベルギャラドス2体という構成かつ、何度でも戦えるトレーナー「つりびとのタツオ」相手に
育てたいポケモンを先に出す>だいばくはつ持ちのポケモンと交換> 即だいばくはつ という
通称ギャラボムと呼ばれる育成法の、だいばくはつ要員(という名の犠牲者)として推奨されている

ファンの間ではドードリオやダグトリオの存在から「いつかは三つ子になるのでは?」と進化を期待されているが、
未だに三つ子になる気配は無い。
メガ進化やアローラの姿の登場でファンの期待が高まる一方、ナッシーの二の舞になるのではないかと不安の声も少なくない。

また、ポケットモンスターシリーズ以外では大乱闘スマッシュブラザーズシリーズにも
アイテム・モンスターボールから出てくるポケモン(一種のストライカー)として登場。
初代には進化前のドガースが登場したが、それと同じく周囲にえんまくをまき散らしてダメージを与える。
えんまくは連続ヒットするので一度当たれば次々とヒットしていくのだが、吹っ飛ばす力はやや低めである。
『DX』ではマタドガスに進化して登場。効果は同じ。
残念ながら『X』ではリストラされてしまった。

+マタドガスのトレーナーたち
初代においては上述のようにセキチクシティのジムリーダー、キョウが最後の一体として繰り出してくるが、
AIがイマイチ賢くなかったためかこちらが「そらをとぶ」、「あなをほる」などの1ターン無敵になる技を使っている最中に
突如として「だいばくはつ」を使い文字通り一人で自爆するという行動をとることがあった。
後にキョウは『金・銀』において四天王に格上げとなるが、その際にはリストラされている
(娘であるアンズの手持ちにマタドガスが居ることから、譲渡されたとも考察できる)

『ハートゴールド・ソウルシルバー』においてはロケット団幹部、ラムダの手持ちポケモンとして登場。
中でもラジオ塔におけるドガース5体マタドガス1体という強烈な編成が有名。

+アニメにおけるマタドガス
アニメでは放送開始直後の2話にてサカキからのお歳暮として贈られたドガースとして登場。
31話においてアーボがアーボックに進化したタイミングと同じくマタドガスに進化し、
長期にわたりロケット団のコジロウのパートナーとして活躍した。
担当声優はオーキド博士と同じ石塚運昇氏
マタドガスになってから二体それぞれ別々の声色で演じており、小さい方が大きい方と比べて高い鳴き声であった。

活躍はバトルだけに留まらず、浮き袋としてや煙幕として、時にムサシにレンタルされるなどして
ロケット団の登場シーンにおいてもその出番は非常に多かった。
無印を視聴していた世代にとってはマタドガス=コジロウであり、関連商品のイラストもコジロウと一緒に描かれていることが多く、
高待遇のうえに音楽「ポケモン音頭」に至ってはソロパートまで貰っていた。
……が、コジロウがウツボットを使うようになってからはバトルの主力はウツボットになり、
マタドガスは「くろいきり」による逃亡要員となることが多くなった。

現在は『アドバンスジェネレーション』6話において密猟者から野生のアーボとドガースを守るために
コジロウと別れており、彼の手持ちポケモンの中には居ない。
ちなみに煙幕要員としての仕事はハブネークやサボネアに引き継がれた。


MUGENにおけるマタドガス

Terui氏により製作されたものが存在する。キャラ名は海外版の名前である「Weezing」。
殆どの必殺技が飛び道具であり、主に飛び道具を使って戦うキャラ。
常に結構高いところを浮遊しておりAI殺し気味。
更に大爆発を使うか7P以降を指定すると進化前のドガースになり性能が変わるという
かなり癖の強い性能となっている。

出場大会

  • 「[大会] [マタドガス]」をタグに含むページは1つもありません。


添付ファイル