風祭みやび



「みやびちゃんぷりちー!」

PULLTOPの18禁AVG「遥かに仰ぎ、麗しの」(通称かにしの)のメインヒロインの1人。
「かにしの」の原作では藤原々々氏がキャラクターデザインを、シナリオを健速氏が担当。
ETERNALの『輝光翼戦記 銀の刻のコロナ』にも初回特典追加パッチでこもわた遥華絵のSDキャラで登場した。
担当声優は北都南女史。


原作でのキャラクター

凰華女学院を創設した風祭家の次女。一人称は「あたし」。

言動や容姿に幼さを残すが、その若さで学園の理事長を務めており、
頭脳明晰で運動もこなせる。
一見すると完璧超人のようにも見えるが、その言動は一見するとワガママで、公式HPの煽りにも「単純・短気・短絡的の三冠王」と書かれたほど。
人とのコミュニケーションが上手く出来ず、プライドも高く人を見下す発言も多く、
すぐに権力や財力、ルールを振りかざす為、学院生たちからは良く思われていない。

猫かぶりが得意でエレガントに振舞っているが、まだ子供であることには変わりはなく、
ちょっとしたトラブルに直面すると、すぐに化けの皮がはがれてしまう。

新任教師として赴任してきた主人公・滝沢司(たきざわ つかさ。じゃないよ)の前では時々弱さのようなものを見せることもある。
あと野球が得意で大リーグボールを投げる(主人公からも三振を奪える程)。
ただし、お嬢様育ち故かルールはあまり知らないらしい。

因みに正面から見るとストレートのロングヘアーっぽいが、実はポニーテール。
帽子でリボンと結び目が隠れているためと思われる。

また、リーダさん(本名リーリアナ・イリーニチナ・メジューエワ、ロシア人)
という専属のメイドを常に連れている。
幼い頃から苦楽を共にした姉妹のような間柄で、みやびが心を許せる数少ない相手。

手っ取り早くジャンル分けしてしまえば、「ツンデレ」枠に相当。
主人公で新任教師の滝沢司のことを、当初は「庶民」だとバカにしていたみやびであるが、彼のひたむきさから徐々に心を開いていく。


+かにしの本編について、ネタバレ注意
彼女自身は頭も良く、身体能力も(見た目に反して)高いのだが、
10歳近く歳の離れた兄と姉はそれを超えるスペックの持ち主であった為、
風祭家は彼女を政略結婚の道具程度にしか見ておらず、
その為、なんとか認めて貰おうと学院の理事長代理として必死に活動しているが、悪循環している状況。
兄よりすぐれた弟なぞ存在しねえ!! *1

超お嬢様学校であるとされる凰華女学院であるが、東京から二時間半以上もかかるなど都心から離れた場所にあり、
学院生はわずか53人。家族との面会も月にたった一回となっている。色々な意味でスケールが違う学園である。

それというのも実は、名家や金持ちにとって邪魔だと判断された者や、
何らかの後暗い理由で入れさせられた者たちが集められた、
スキャンダルに晒された令嬢たちを外聞から守るため隔離しているいわば収容施設としての側面があり、学院生には問題児も多い。
(勿論、何も知らずに「名家が集うお嬢様学校だ」と思って入学してきた者も居るようだが)
みやびも半ば左遷のような形で理事長代理としての肩書きを持つのだが、
それでも彼女は学院のことを思って行動しているのである。

彼女専用ルートでは、一計を案じた司が彼女の専属秘書というポジションに収まり、
共に学院をよくしていくことになる。
人とのコミュニケーションが苦手なみやびに代わって司が間に立つことでいくつかの問題は徐々に解決していった。
ルート終盤では彼女自ら司に愛の告白をするも、
実の両親から捨てられた過去から「人を愛する」ことがトラウマになっている司は、告白を拒否。
捨てられたと思ったみやびは、自暴自棄になって逃げ出してしまう。
しかし、リーダさんの活躍もあってトラウマを払拭した司に受け入れられ、二人はめでたく結ばれた。
その後は二人で学院を明るく良い場所に変えていったようである。

因みに本作の特徴として、「別のヒロインを選んだ場合でも、他のヒロインの状況が改善される」というものがあり、
彼女もその例に漏れず、どのヒロインのルートであっても、終盤では(ルートによって多少の差はあれど)丸くなり学院の状況も良くなる。
まぁ、ルートによっては学院創設のもう一つの理由が明かされたり、
風祭家と敵対する別の名家の暗躍などもあるので、嫌が応でも関わらざるを得ないのだが。
ただし、基本設定などは同じだが本校ルート(みやびを含む三人。健速氏が担当)と分校ルート(他三人。丸谷秀人氏が担当)で
シナリオライターが違うためか、主人公の性格に若干違いが見られる。

戦闘力については見た目相応。
また身長が低く演説の際はみかん箱踏み台にしてる。
所謂ロリ枠ではあるがちゃんとゴニョゴニョシーンも存在する。こいよア◯ネス!
年齢は18歳以上だし問題ないよね!
どこぞのアインツベルンに爪の垢を煎じて飲ませたいくらいである。
因みに本編中では財力と権力を使ってスリーサイズその他を捏造・改竄しており、彼女の前でそれらの話題は禁句。
下手に煽れば、ドラム缶に詰められてお魚さんたちとお友達にさせられます。

そしてみやびちゃんを象徴する言葉に「みやびちゃんぷりちー!」というものがある。
プリティーではなく、ましてやプリニーでもない。
これは元々ホームページにあるみやびちゃんぷりちー!ボタンであり押すとキャラボイスが聞こえ、専用のカウンターが回るのだ。
これのすごいところはゲーム発売前に再生数が260万回を超えたこと。
最終的には約2ヶ月で「270万1902ぷりちー」(ぷりちーは単位)された。
・・・・・・すごい人気だ*2

ファンの間では合言葉として使われる程浸透している。
その他、公式ビジュアルファンブックのオマケドラマCDでは、
戦闘メイド部隊がショッカー戦闘員の「イー!」のようなカンジで、
「みやびちゃんぷりちー!」を連呼していた。

また余談だが、彼女の専属メイドであるリーダさんは攻略対象ではないのだが、
多くのファンが付いており、発売から数年たった今でもルート追加を望む声があるとか無いとか。
+リーダさん

因みに健速氏が執筆しているライトノベル「六畳間の侵略者!?」に登場するヒロイン、
東本願早苗とティアミリス・グレ・フォルトーゼはみやびが原型と言われることがある。
特にティアはツンデレ・高い身分・従者がいる・幼児体型と共通点が多い。



原作中の性能

ここでは『輝光翼戦記 銀の刻のコロナ』での性能を説明する。かにしのはAVGだから仕方ないね。
追加パッチを当てることで仲間となる。ただしストーリーには登場せず戦闘のみのお助けキャラみたいなあつかい。出ても困るが
属性は
特徴としてはとにかく強い。最初から技をたくさん覚えており青属性の技も使える。コロナでは不遇だがブラストスキルも一応持っている。
また耐性も強く3属性に対して有利がとれる。そして仲間が増えるまでは唯一の結界回復のフィールドスキル持ちなので便利。
MP消費は大きいが2HITする必殺技「みやび印のドラム缶」は相手のLPを削るのに便利である。
技は前述のボタンを押して攻撃する「ぷりちーぼたん」、リーダさんを召喚し塩を撒いて攻撃する「塩まいといて!! 」
などなんかコミカルな技が多い。
弱点は後半になると火力不足に陥ること。弱点というよりは育てる意欲の問題だが最初から技がそろっているため新しい技は覚えないこと。


MUGENにおける風祭みやび

rakurai氏製のコロナに登場した際の原作スプライトを使ったものが存在。
特徴としては超遠距離型。相手を吹き飛ばしてビームで追撃するのが基本スタイル。

なお原作の技が格ゲーに向いていないためか原作再現してるのは「みやびちゃんぷりちー!」くらいで
あとはほぼオリジナルな感じになっている。とくに3ゲージ必殺技である「大リーグボール4号」はもはやボールすら使ってない。
というか所謂大魔法になっている。

空中ダッシュは同時に公開された久美と同じく直前のyベクトルに影響された軌道をとる。
結界システムに関してはコロナ同様のためコロナのページを参照のこと。
みやびの属性は赤で直ガに成功すると「虹法結界-赤-」により次の攻撃力が1.25倍になる。この際はライフバーの下にマークが出る。

11P、12Pは特殊カラーとなっており、11Pでは常時ゲージMAX。
12Pでは作者の愛にあふれたぷりちーな上位神キャラになる。

更新によってリーダさんも追加された。

+大会ネタバレ
※製作者は、以下のネタをMUGENと関係無い動画で使われる事に不快感を示しています。

そんな愛されキャラである彼女であるが、某大会に出場した際、悲劇に見舞われた。
いつもの如く「ぷりちー!」した結果、対戦相手のリーダーの逆鱗に触れたのか、フルボッコにされると言う憂き目に遭った。
それだけならまだ良かったのだが、続くラウンドにおいても「ぷりちー!」した結果・・・。
13:15~ すべてはここから始まった……

神速久那妓ファンクラブの会 【狂下位・中位】では追加枠として参加。ステ強化も相まって順調に勝ちを重ねてたところでまさかの再戦。
1R目で9割かましたことで本気にさせてしまったのか2R目で完封され、3R目は移動起き上がりで近づくサイクを通常版「みやびちゃんぷりちー!」を当てようとした結果・・・
25:28~ 半年ぶりに奇跡の遭遇
なおこの試合を機に、とうとうニコニコ大百科で 関連記事 が爆誕してしまった

またこの大会聖帝とタッグを組んで出場した際、 BOSS として例の者の複数改変版が潜んでおり運悪くそのBOSSを引き当ててしまう。
当然ランクが違い過ぎたのか「ぷりちー!」発言する間もなく相手の容赦ない弾幕及びビーム連射で2Rとも何も出来ないまま相方ともどもフルボッコにされてしまった。
13:09~ 思わぬ形での再会
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22298491
余談だがこの大会では最終的に何と優勝する快挙を達成してしまった。

ちなみに彼女はシングルでもrakurai氏製作キャラ限定!小規模トーナメントにおいて優勝を成し遂げている。

+そして歴史は繰り返される…
その後、某大会は凍結となってしまったが、凍結から一年半後に有志によって改めて開催された同大会のリスペクト大会悲劇は繰り返される…
今回は以前の教訓からか「ぷりちー!」を封印しお互い1Rずつ取った状態で迎えた3R目、我慢出来なかったのか例によって「ぷりちー!」してしまいその結果…。
10:40~ 聖夜(投稿日時的に)にまさかのXmasプレゼント
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22514997

今後、二人の因縁がどこまで続くのか気になるところであったが、
前記で書かれているように製作者が(あくまで「MUGENと関係無い動画で」このネタを使われる事に)不快感を示しており、
風評被害が原因で製作物が公開停止や動画使用禁止になってしまった実害まであるため、
間違っても作者にネタを押し付けたり原作(かにしの、X-MEN及びMVC)の動画や大会と関係のないMUGEN動画で騒ぐのは控えよう。

なお、ボスハルク&DIO前後ランセレバトルではヒューゴとの対決で似たような珍事が起きてしまっている。こちらは1R目のみではあるが、単に声を上げるのではなく直球すぎる暴言と共に反撃に当たっている。
まあ、この戦いではタッグ戦だった上、ゲージを消費する超必殺技で起こった事なので、サイクのようにみやびちゃんぷりちー!→フルボッコ確定までには至らない模様。至ってしまったらそれでこそヒューゴは正式なサイクの後継者になりかねなかったのかもしれない
15:39~ 「みやびちゃんぷりちー!」→「死ね!」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24779807
なおこの時のみやびちゃんは0勝2敗の崖っぷち状態であった。関心の試合結果は敗北、まさかの早い段階での大会敗退になってしまった。

そんな中、某タッグ大会ではオマケ対戦ではあるがその某リーダーとの奇跡の共闘(但し某リーダーの作者は別人)が実現した。
どんなものかと思えばタッグ適性の良さが露見しストレート勝ちを収めた。
敵に回すと厄介だが味方にすればこれ程頼もしい仲間はないだろう。
10:42~ 「奇跡の共闘」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25732619




出場大会


「とりけせぇぇ!みやびちゃんはアダルトでむーでぃーな大人の女性だってゆえー!」

*1
余談だが、みやびは公式サイトにて
「ひかぬ!こびぬ かえりみぬ!!」と言わされたことがあり、
公式側でも意識していた可能性はある。

*2
みやびの人気かどうかは不明だが、
「遥かに仰ぎ、麗しの」は「美少女ゲームアワード2007」において大賞を受賞している。
更にBGM賞、純愛系作品賞、シナリオ賞、ユーザー支持賞も受賞している。
因みにゲーム発売後に行われた人気投票において、みやびは惜しくも二位であった。
+テーマソング
OPである「風のRhythm」は前述の通りBGMも評価が高いこのゲームでも人気の曲となっている。
http://www.nicovideo.jp/watch/nm3551578
※ちなみに、これは原曲とメインヒロインの一人・鷹月殿子(たかつき とのこ。因みに人気投票一位)のカバー版をデュエットさせたもの。
え?殿子の方の声に聞き覚えがあるって?やだなぁ、気のせいですよ?