シーナ=バンパイド



「うふふ、ごめんなさいね♪」


プロフィール

対戦格闘シミュレーションゲーム『フラッシュハイダース』のキャラクターの一人。
ライトスタッフから発売されたPCエンジン SUPER CD-ROM2『フラッシュハイダース』、スーパーファミコン『バトルタイクーン』
両方に登場しているキャラクターである。cvは両者共に吉田 古奈美(吉田 小南美)
某ルガールBeeとは関係ない。

シリーズ唯一種族の違うキャラで魔界から召喚されたバンパイド(吸血鬼)であるが、特に細かい設定がついているわけではない。
メイジア(魔法使い)と同じ飛び道具系で戦うタイプのキャラである。18歳。
フラッシュハイダースのシナリオモードでは後半にほんのちょっと出てくるだけで戦ったりなどは一切しない
出番が一番少ない不遇な扱いだったがその容姿と声優ゆえに人気が非常に高いキャラであった。


バトルタイクーンでは召喚した主人ダイルファーの借金返済のため、中央政府主席のスピノザの下へ秘書として
勝手に契約され奉公に出されるというこれまた不遇な扱いを受けている。
それでも健気に借金返済のために働いてる、心優しい淑女っぷりが眩しい。
スピノザの秘書ゆえにハーマンからは一方的にライバル視(スピノザの恋敵&年の差)され苦労しているようである。
年の差といっても20歳と18歳の違いでしかないが・・・。

しかしフラッシュハイダースでの戦う理由は、料理下手(動物の生き血料理しか作れない)を怒られ
飛び出した挙句、人の生き血を吸いたいという吸血鬼ならではの理由で戦闘を吹っかけるという天然キャラであった。


しかも最後は歓迎のため用意された料理がニンニク料理であったことに腹を立て再び家を飛び出てしまう。
スタッフのキャラ付けの扱いに困ってる感じがひしひしと伝わってくる。
天然っぷりなキャラ付けを見たい方はこちらを参考に


  • 性能
格闘面ではというと、フラッシュハイダースでは前に飛ぶ飛び道具、斜め上に飛ぶ飛び道具、相手を固める飛び道具の
3種類しかなく他キャラ比較すると物足りない感じを受ける。
それでも飛び道具の速度が速いこともあり使いやすいキャラだった。
バトルタイクーンでは上記+発生無敵の飛び膝けり(ストリーム・ニー)+超必殺技(ティア・ブルー・スクリュー)を
追加されさらに強いキャラとしてリニューアルされている。
超必は逆昇竜コマンドで出せるお手軽に加え、体力満タンでも使えるという使い勝手の良い技である。
ちなみに名前の由来は声優繋がりのレイアース・龍咲海の「青い竜巻」から取っているとか。 でもキャラ名はの中の人っていう


MUGENでのシーナ=バンパイド


  • IF氏制作
『バトルタイクーン』版のシーナ。現在は入手不能。
必殺技、超必殺技、ガードアタックなど原作にあったものは忠実に再現され
さらに3ゲージシステムも完備している素晴らしい出来である。
ゲージアップバグ(技を出したり、やられモーション中でもボタンを押してればゲージが回復するバグ)は
実装されていないが完成度は非常に高い。
デフォルトAIが搭載されている。


出場大会