Q


決して認めたくはないが、我々の組織力をもってしても、
彼の存在を正式に肯定することは現時点では難しいという結論を得た。

                 ――CIA広報官 リチャード・バーグマン談



「・・・・・・・!」


近年、名のある格闘家達が変死体となって発見される事件が多発した。
同時期に、しかも世界各地で発生したこの怪奇な事件にはある共通点があった。
現場付近で撮影された写真にはどれもトレンチコートを羽織り、鉄仮面をつけた男の姿があったのだという。
事件は“謎の男”というキーワードで繋がった。

キャラクター設定

ストリートファイターIII』に登場するキャラクター。『3rd STRIKE』より登場。
世界中各地で多発している猟奇事件の現場で目撃されている為、CIAやインターポールからマークされているが、
性格や生い立ちといった個人情報は一切不明であり、そのCIAはおろか全能の秘密組織を以てしても何一つ解らない謎の男。
というか、性別以前に人間かどうかすら怪しい
お陰で技名ですらCIA側が名付けた仮称ということで、語尾に「(仮)」が付いている。

長身に帽子トレンチコートを着用し、鉄仮面で顔を隠した上に手袋までしているという異様な風体をしている。
上半身と下半身の動きが合っていなかったり(異様な動きの立大Pや転倒しながら蹴り上げるレバー後大K等)、
台詞は殆ど呻き声で言葉らしい言葉を一切喋らない(SA3で掴んだ際に何故か女性の合成音声のような警告音を発する)
勝利メッセージも全て「…」「!」「?」でのみ構成されている等々、どことなく人間でない何かであるかのようなものを感じさせる。
仮面と襟の間や手首から肌色が覗いているが、本当に肌なのか怪しい(電撃を受けると人の形をした肉体が透けて見えるので、一応人外ではない?)。
感情についても何も読み取れない…と思いきや、勝利ポーズの一つに「倒した相手を足でグリグリ踏みにじる」ものがあり、そこからは憎しみが透けて見える。

仮面と名前の元ネタは『ロボット刑事』に登場した犯罪捜査用ロボット「K」、風貌自体は『バビル2世』に出てきたロボットが元ネタと思われる。
オロによると25年前程前にも見かけたらしい。ゲーム出荷当時から25年を遡ると、調度『ロボット刑事』の放送時期に重なったりする。

プレイヤーが最初から選択できるキャラクターではあるが、通常のCPU戦では特定条件の下で登場する乱入キャラクターとなっている。
Qの神出鬼没ぶりを表現した演出かと思われるが、そのへんの設定を知らない人に「なんでコイツだけ特別待遇されてるんだよ?」などと言われる事もしばしば。
この乱入はQがプレイヤーキャラでも登場する為、上記の設定も相まってトゥエルヴと同様に複数体が存在しているのではないかと囁かれていたりする。
そう考えると同一人物説が上がっているとの関連性がますます気になるところではあるが、
これらはあくまで憶測であり、スタッフ側のコメントを待つばかりである。

アレックスのエンディングでは、彼の父親の親友兼トレーナーを勤めるトムが「戻ってきたら確かめてやるぞ。」という旨の発言をしている。
そのときの服装がトレンチコートの様に見えるので、発言と相まって「 後のQである。 」とよく字幕が付いたりする。
もしそうだったらパトリシアちゃん泣くよ。


キャラクター性能

性能的には「デカイ・遅い・硬い・重い」の打撃型パワータイプ。
特に硬さは元々高いがPA(パーソナルアクション)で更に硬くすることが可能。
PAの効果は三回まで重複し、三回成功したQは「最終形態」とも呼ばれる。
最終形態となったQはまさに鉄壁。スパロボで言うと「鉄壁掛けたマジンカイザー」並に硬い。
中間距離牽制を振ったり意表を突くように突進系の技を出し、隙あらばコマンド投げから追撃したり、
高い防御力を盾に強気なブロッキングから高威力SAを叩き込み一気に勝負を決めるのが常道。

しかし動作・移動の遅さ、長身故の当たり判定の大きさ、ガードした際の硬直が他キャラよりも長い等の弱点から
手数の多いキャラに始終攻められ固められ続け、1チャンス巡ってくる前に負ける事が多い弱キャラ。
コンボキャラ相手に最終形態になってしまうとジワジワと嬲り殺される可能性が高い。
とはいえ勝てないキャラでは無い。実力が反映されやすいため、愛用しているプレイヤーもそこそこ存在する。
参考動画
有名なプレイヤーはTM氏やクロダ氏など。


MUGENにおけるQ

下記の3つが存在していたが、現在はいずれも入手不可。

  • 海平氏製作のQ
2017年4月のサイト閉鎖を以て公開終了。動画で最も見かけるのがこちら。
ブロッキングの反応が異常に鋭いAIを搭載しているため、タグに「最終鬼畜装甲ブロッキング・Q」と付けられることもしばしば。
仕様なのか記述ミスなのかは定かで無いが、 ブロッキングを行えないはずの攻撃動作中でも平気でブロってくる 為、動画で使う場合はその辺の注意が必要。
ちなみにそのAIだが、ブロッキングから捕獲で掴み、突進から超必殺技(腹部及び…)へ繋げ、
さらに突進で追い討ちする高難度高威力コンボを平気で繋げてくる為、爆発力が高く、追い詰められた状況から一気にひっくり返す事も少なくない。
ただ、かなりのブロッキング精度とはいえ完全ではないので、弾幕を張られると処理しきれずに負けることも少なくない。

  • ドロウィン氏製作のQ
メルブラモードと北斗の拳モードと3rdモードを選択可能。
もちろん北斗の拳モードでは七星ゲージや一撃技等も搭載されている。
現在サイトで公開されておらず、入手できない模様。

  • Fido氏製作のQ
ストリートファイターキャラのMXシリーズでお馴染みのMX仕様。
ブロッキングやジャストディフェンスを搭載。氏のMXシリーズ共通のシステムを持つ。
エフェクトが非常に綺麗。現在は入手不能。

動画での活躍

大会でもそこそこ活躍しているが、昨今ではあまり目立った活躍は見えない。
PA三積みで鬼畜化する一方、やはりモーションの大きさが肝なのか相性差が大きく出ることが多い。
特にブロッキングの特性上、投げには弱いため、そこからコンボを叩きこまれると鬼畜化する前に落とされることもある。
ストーリーでは立場はいろいろ。
原作準拠で謎の存在だったり、量産型のザコやロボットという扱いもある。
そしてついに主役の動画が登場し、こちらだと
海外の過激派ヒーローのごとく駆け付け一発をやらかす危険な探偵だったりする。



   カシィン!        カシィン!
       カシィン!
      カシィン!               カシィン!
カシィン!         カシィン!

最終鬼畜装甲ブロッキング・Q
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3654630


・オススメ・基本コンボ他
コマンド 備考
捕獲→突進 基本だがタイミングが難しい。SAキャンセル可
強捕獲→突進x2 捕獲、突進中先行タメ
弱捕獲→突進→4強P 突進を相手の足あたりに当てると裏回るのでそこを追撃。
捕獲→EX突進 EX突進がクリティカルワイヤーなので追撃可能。
SAキャンセル可。
J大P→立中K→突進 要中足ヒット確認

『 DANGER!! 』


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー