ヴォルツ



「………………」

プロフィール

年齢:31歳
出身:オランダ
体得武術:プロフェッショナルレスリング

デッドダンスに登場するキャラクター。
打、蹴、投、極、と格闘技全ての要素を持つプロレスに独自のテクニックを取り入れ「獅子王」の異名を持つ。
その異名どおり、どんな相手と闘う時も決して妥協はしない。
誰かを探して旅をつづけているが、それが誰なのか沈黙の王者ヴォルツは何も語らない。

格闘神ジャドーに立ち向かうべく死の塔を登るプレイヤーキャラの一人。
彼の場合はそれ以外にも行方不明の弟を探すという目的があるのだが、
肝心の弟であるガジェットは塔の番人の中におり、覆面で正体を隠して戦いを挑んでくる(エンディングを見るに元から覆面レスラーだった可能性もある)。
エンディングでは弟とプロレスジムを開き、子供たちに熱き技と心を伝えている。

性能としては、機動力が低い典型的な投げキャラ。
突進技の「ライトニングタックル」、対空(っぽい)技の「クライムアックス」を持つものの、いずれもダウンを奪えない。
前者は当て投げや距離を詰める用途に使えるが、後者は迂闊に振ろうものなら死あるのみ。
やはり最大の持ち味は強力なコマンド投げのキン肉バスター「マッスルバスター」と、プロレスラーらしく弱攻撃にまで割り振られた豊富な通常投げであろう。
ガード硬直も投げてしまえる本作では、画面端での投げハメが猛威を振るっており、そうした仕様と相まって非常に脅威である。
だが、ネックになるのはやはりその機動力の低さ。
ストーリーモードで最初に戦う相手は相性の悪いスピードタイプの琴乃のため、しょっぱなから非常に苦戦することになる。
原作TAS動画

なお、ストーリーモードで敵として相対した場合や、後述のMUGEN版ヴォルツを見ていると誤解されそうだが、
彼は確かに無口だが喋れないわけではなく、要所要所できちんと会話している。


MUGENにおけるヴォルツ

マッスルボマーキン肉マンなど多数のプロレスキャラを手がけた、ですからー氏によるものが存在する。
他キャラと同じく我慢補正、11段階のAIなどを搭載。
原作における必殺技のレベルアップ制、空中投げなど一部が存在しない模様。

戦闘前には原作同様「沈    者」の字幕が流れる。
ラウンドごとにコメントをするのも原作通りだが、 全部「………………」で統一。 まさに沈黙の王者。
一応、戦闘中は完全に無言ではないが、攻撃時の掛け声「たあっ」とKOボイス「うおぁ」の二つだけ。台詞らしい台詞は全くない。・・・・静かな漢だ。

負けるとちょっとグロめの負け顔で「………………」と字幕を表示。
次のラウンドになるとすぐまた元の顔に戻って「………………」になるのがシュール。

波動拳コマンドで出せる無敵対空技「クライムボンバー」は攻撃判定発生まで無敵が持続するので反撃に使えることは使えるのだが、
かなり上まで飛び上がってからでないと攻撃が発生しないので、相手と互いに攻撃が空振りして、
相手は無傷で着地してしまって、ヴォルツは無防備に落下してくる……という事になりがち。
しかも相手はダウンしないので当てても先に着地されて反撃されそうである
(この技は後の更新版で強化された)。

マッスルバスターというコマンド投げがあり、動作も間違いなくアレなのだが、
原作では真横から映しているアングルなので対応済みキャラの開脚を拝む事はできなかった。
AIは容赦なくこれで投げハメを繰り出してくる。

2017年7月に更新され、それまでほぼ死に技だった必殺技が強化されてまともに活用できるようになったり、超必殺技が追加された。
キン肉バスター専用やられポーズにも対応。

AIの動きも投げハメ一辺倒ではなくなっている。
無敵対空技クライムボンバー改めクライムアックス(本当はこの名前が正しかったらしい)による迎撃が以前との大きな違い。
なお、フォルダネームが0D_Voltzから0D_Vortsに変更されており、ファイルを上書きしてそのまま使おうとしても実は上書きされていない。
select.defの方も新しく変えておこう。

この他、専用ステージもJAM氏によって公開されている。






          ヴォルツはしんじていた

          子どもたちが自分のあつき思い、技をうけつぎ

          明日をきりひらいていくことを

出場大会