星咲緋色

「正義のPDF捜査官。星咲緋色!!」

戯画から発売された百合ゲー 美少女タイマンアクションアドベンチャー『オトメクライシス』の主人公兼メインヒロインの一人。
「ほしざきひいろ」と読む。ガンダムのパイロットではない。CVは一色ヒカル。

普段は学院に通っている女子学生だが、次元を移動する犯罪者を捕まえるために結成された国際警察内極秘機関
PDF(Plural-Dimensional Force = 多次元警察)の見習い捜査官の一員でもある。
今回は事故で流れ着いた世界の人達と協力して次元犯罪者を追っている。

性格は比較的真面目で優しい熱血的。
行動は正義のヒーローそのもので、自分が正しいと思ったら突っ走る単純直情型タイプ。
正義のヒーローとして高らかに名前を名乗り、騒ぎを大きくする元凶でもある。
好きなことはヒーロー番組を見ることと、お風呂に入ること。
戦闘時にはPDFが開発した対次元犯罪者用強化スーツを装着して戦う。
このスーツは運動能力を何十倍に高めるだけでなく様々な機能がついている。
なお、彼女はこのスーツを「ヒーロースーツ」と呼んでいる。
また、スーツに描かれている星のマークや、彼女自身の趣味で、掛け声に必ず「流星」と付ける。
スーツを着た緋色は当初、当真未亜から新たな敵の将と勘違いされてしまった。
(遭遇の際に緋色は全力疾走をして息切れをしているという状況ではあるが)

彼女には女性を限定に惚れさせる(また、淫らな気持ちにさせる)特殊なホルモンを分泌してしまう。
特にスーツを着た後での運動後には激しく分泌してしまう。
彼女は初等部の頃からこの体質で、女の子からファーストキスを奪われたり、
女の子のみの親衛隊ができ男の子には全くモテなかった。
ちなみに彼女はいたってノーマルで、この体質でいつも悩んでいる。
一人称は「ボク」

キャラクター性能

TEAM BALDRHEAD製作のデュエルセイヴァー系のアクションゲームである
『オトメクライシス』に登場。

豊富な格闘攻撃を持つ緋色は動きが素早い分、攻撃力は低い
また飛び道具性能に乏しいが、インファイトに持ち込む突進技が豊富であり
コンボを叩き込み正義のヒーローっぽく戦いましょう。

原作オトメクライシスのシステムであるサブアタッカー
で仲間の援護攻撃も可能。
パワーゲージを大きく消費してサブアタッカーとの合体技
ダブルジョイントアタックという大技も持つ。

基本的には多くの技が未亜の兄で『DUEL SAVIOR』の主人公である当真大河に似通っているが
剣を基本形とした召喚器トレイターを持っていないためかリーチがやや短めになっていたり等する代わり
サブアタッカーが固定されている他のキャラと違い、サブアタッカーを選択できるという特徴を持っている。

+ 余談だが

MUGENでの星咲緋色


劇的ビフォーアフター


特殊イントロに定評のあるbara氏により製作、β版が公開されている。
原作の永久コンボなどを調整して原作再現風に制作されている。

見切りガードやソウルエクスプロージョン、
原作クロススクランブル内のパワーゲージ(赤、青ゲージ)も完備されている。
赤ゲージを消費することにより必殺、超必殺キャンセルしてのコンボが可能
ゲージが潤沢にあれば超必殺→超必殺→超必殺→超必殺が可能(原作ではこれが普通)

ブースト流星キックという技でこの技でトドメを刺すと相手を爆殺する。(設定で爆殺のON、OFF可)
また一部キャラとタッグを組んだ際はダブルジョイントアタックも使用可能となる。
5P以上は特殊カラーで、技が追加される。

【製作者のマイリスト】

出場大会