天人



プロフィール
年齢:14歳
獣神珠:鷹珠
武器:呪符
職業:刑事の息子


アイオーンが1996年に発売した格闘ゲーム『羅媚斗』(ラビット)のキャラクター。
名前の読みは「てんれん」。「あまんと」ではない。
あと名前が「天人」であり別に有頂天から降りてきてもいない

イギリス人であり刑事である父「雷星」と中国人の母の間に生まれたハーフの少年。
母親から「白鷹拳」、母の祖父からは符を操る不思議な力「符術」を伝授されており、性格は負けん気が強くて曲がった事が大嫌い。
町で見かけた少女(烏鈴)のことが気にかかり、持ち前の正義感から獣神珠を巡る戦いに参加する。
また、父を殺した男を捜してもいる。

+ EDでは

戦闘中は動きやすそうな導師服カンフー服をミックスしたような服を着ているが、勝ちポーズでは様々な服に着替えたり
時々ズボンが落ちたりするつまり玉蘭とは別方向で羅媚斗におけるサービス要員。


性能

地上戦も十二分に戦えるが、本領は空中戦。
デフォルトで持っている鷹獣神を召還することで空中をホバリングできたり、空中で飛び道具が撃てるようになり、
空戦能力が大きく向上し、トリッキーな闘い方が可能になる。
しかし必殺技はどれもクセがあり反撃確定なものも多いため、慎重な戦い方が求められる。


MUGENでの天人


他の羅媚斗キャラと同じく、mass氏が制作したものが存在している。
立ち通常攻撃が空中ガード可になっていたりダウン攻撃喰らい中無敵が廃止されたりなどの違いもあるがだいたい原作再現されている。
原作における全ての必殺技を搭載し、自身の獣神である鷹はもちろんのこと、その他7つの獣神珠も搭載。
「獣神召還」や「獣神セレクト」もコマンドが異なるが再現されている。
また、獣神アタックも一試合に何度でも使えるようになっており、「→+Z」という超簡単コマンドで出せるためプレイヤー操作に優しい。
サービス要員として ブリスにも対応。
10段階のAIも入っている。

出場大会

プレイヤー操作