ナターシャ


プロフィール

生年月日 1872年12月26日生 33歳
身長 202cm
出生地 ロシア
体重 ?kg
血液型 O型
職業 サーカス場 調教師
性格 すっかり不道徳で愚鈍欠陥しかない。自身が弱気だと勘違いしている。
(翻訳の正確性は保証しない。特に職業)

ご存知ビッコム社が放つ純韓国産対戦格闘テコンドーゲーム、『ファイトフィーバー
…の続編である『極超豪拳(海外名The Eye of Typhoon)』に登場するキャラクター。
日本国内においては1996年のAOUにマスターアップ版が出展されていたが、残念ながら発売中止となり
韓国で末期の3DOに移植され発売された作品のためか、国内における知名度は皆無。

ゲームの資料が少ないため詳しく分からないが、一目見ればだいたい分かる豪快おばさん。
明らかに人間規格外の巨体を誇る、ターナー氏をそのまま女体化したかのような女傑。
もはや韓国製みすずと言っていいだろう。 ……いえロシア人ですけど。

+ストーリー
ナターシャは自身の体重とスタイルをいつも気にしていたので、
とある老人に拳法を…それが極超豪拳を基にした拳法だという事実を知らないまま習っていた。
ある日拳法を習うために訪ねに行った老人が倒れているのを見て、
ナターシャはその老人の仇を討つべく旅に出た。

必勝技:
インビンシブルハンマー、マイトプレス、マンモスショルダーアタック、アトミックダンク、
シベリアンネックブレーカー、メガトンプレス、ダイナミックプレス
(翻訳の正確性は保証しない)

+驚愕の事実?
なんと エンディングでは痩せている。
普通に美人さんになった。あまりにも極端な変貌である。
上記のプロフィールから考えてみると、30歳越えてこの美貌なら世間の女性から羨ましがられるレベルである。
身長が2m超えてるが、そちらもたぶん縮むのだろう
原因は極超豪拳のダイエット効果か、ラスボスが邪神なので魔法か何かなのだろうか……?
このゲームのエンディングは全キャラ共通で全員分の一枚絵が連続表示されるというもの(前作『ファイトフィーバー』でも同じ)なので、
テキストが一切無いためストーリーの結末の詳細は不明である。


原作中の性能

原作における必勝技はインビンシブルハンマー、マイトプレス、マンモスショルダーアタックの三種類。
MUGENでは再現されていないが、超必勝技ではなんと 巨大化 して攻撃する様だ。


MUGENにおけるナターシャ

死門氏製作のものが存在したが現在は入手不能。
同氏のSAURIと同じく原作とは異なるアレンジ仕様で、外見通りの豪快なパワーキャラ。
原作でのコマンド投げ「マイトプレス」がキックボタンでの通常投げになっており、これ一発で体力1/4持っていく。
またLife1200、Defence120と通常キャラとしては異様なほど耐久力があるが(ヒューゴーがLife1130、Defence100である)
どう見てもそれぐらい頑丈そうなのでセンチネルより硬くても全く違和感は無い。
Attackに関しても110と、見た目に違わぬパワーが与えられている。武器を持たない女性キャラだけどな!
なお、ボイスは別キャラのものを使用している。誰のものかって?負けボイスを聞けば分かる。あべばー!

必勝技は両手で相手を打ち上げ、追撃が可能な打撃技「インビンシブル・ハンマー」と
足下に衝撃波を発生させ、ヒットすると自動で追撃を繰り出す「マンモス・ショルダーアタック」。
前述のとおり「マイトプレス」は通常投げに降格……された割に威力は絶大。
そしてこの超巨体が物凄い勢いで宙を舞う超必勝技「イン・ザ・スカイ」がある。
コンボや防御システム、アシストキャラなど最近のゲームの派手なシステムは搭載されていないが
圧倒的な破壊力と耐久力で有無を言わさずねじ伏せるというキャラクターになっている。

Nori氏がAIを制作。5段階にレベルを調節可能。
パワーとタフネスで相手を圧倒する強さを見せてくれる。
意外に鋭い通常技で相手を押し込み、一発当たったらキャンセル必殺技に繋いで4~6割はあっさりと消える。
対空に超必殺技「イン・ザ・スカイ」を活用。無敵はないのだが判定が物凄く広く、発生1フレームかつ空中ガード不可。
空中ガードを予定して飛び込んだり、発生が遅い技を低めに当てようとする相手はことごとく返り討ちに遭い
一撃で体力半分くらい軽々と持って行かれる。

+大会ネタばれ
+影慶主催愾慄流良調整大武会
影慶主催愾慄流良調整大武会にて大会動画デビュー。
同じ大会動画デビュー組のサウリイヴが先鋒、黄白虎が次鋒として参戦する中、ナターシャはいきなり大将に抜擢される。
この大会ではチーム名の募集が行われたが、審査員との試合結果からチームが割り振られる仕様のため、なかなか共通点が揃わないチームが多発する中、
ナターシャが大将を務めるチームはヨーコルーシーワンダーウーマンと肉体美を誇る女性が揃ったため、
ついたチーム名は「一人の女性の成長過程を追ってみました」。いやその成長過程はおかしい。

ナターシャチームが配されたBブロックの他チームの大将は、
ギース壬無月斬紅郎サウザー白レンルガールとMUGEN動画の常連どころが揃っていたが、
彼らMUGEN動画実績持ちの強豪を相手にワンマンチームながら暴力を見せつけ、無敗で予選を突破した。
(ただし、ナターシャが苦手な斬紅郎相手には、ワンダーウーマンが大暴れした)
なお、24チーム中無敗で予選を突破したのはこのチームだけであった。
+決勝ネタばれ
トーナメント進出後、1回戦は「DIOと半裸の日本人」を暴力で降し、準決勝はドラクロ相手に激戦の末、薄氷を踏む勝利を得た。
そして迎えた決勝戦、相手は本命、「ホラーガール危険な漢」を大将を3人がかりで倒すチーム力で降した、
ニコMUGENのアイドルの呼び声も高いイングリッド率いる「SNKカプコン連合」。
奇しくもワンマンチームVSチーム力の形となった決勝戦の結末は――
+2011年公開キャラorAIでランセレタッグサバイバル
2011年公開キャラorAIでランセレタッグサバイバルでは初登場の際に
視聴者にターナー氏ターナー氏じゃないか!」ターナー氏ブリスキャラいたのか」等と、
すっかり女ターナー氏扱いされてしまった。まあ仕方ないよね。

しかし極超豪拳の舞台は結構昔の時代。時系列を考えればむしろターナー氏の先祖であろう。
……いやロシア人アメリカ人の違いはあるが。

そんな扱いもされつつも持前のパワーを存分に振るい、ボーナス戦(という名のボス戦)においてを相手に
2回の勝利を収めるといった戦果を挙げながら順調に勝利を重ねていき、決勝まで勝ち残った。
+決勝ネタバレ
決勝戦ではXehrnythとタッグを組み、息のあった連携を見せるほたるロックを相手にした。
巨体でタフなパワーキャラであるナターシャと、小柄で打たれ弱いスピードキャラのXehrnythという対照的な2人であったが、
互いの長所を生かした戦いで相手タッグを破り、見事優勝を飾った。

余談だが、今大会のボーナス戦において2勝できたのは出場者88人中、
優勝したナターシャとXehrnyth、そして決勝を目前に惜しくも脱落してしまった弓塚さつきの3人だけであった。
+MUGENプロレス チャンピオンシップバトル!
MUGENプロレス チャンピオンシップバトル!には追加枠として参加。
最初から出場していなかったためポイントを稼げず決勝トーナメント出場こそ逃したものの、
驚異の火力を見せつけ、視聴者に強いインパクトを与えた。
特にコンドル・ヘッズロビンマスクの二人を次々に薙ぎ倒した試合は圧巻。

続編には最初から参戦、ここでも強い存在感を見せつけた。
+おっぱぁい!トーナメント
まさかの巨乳キャラとして参戦。その結果はなんと…?

出場大会