アクセル・ストーン

セガがメガドライブで展開していたベルトスクロールアクション作品『ベア・ナックル』シリーズ(海外名:『STREETS OF RAGE』)の登場人物。
鎌使いロックマンXシリーズに登場するバーローやバスチューアップや「がんばってねぇん」ではない。
あとよく誤解されるが、タイトルの『ベア・ナックル』は、素手(グローブなし)で戦うことを指すボクシング用語から来ている。
ベア(bare)とは英語で「むき出しの」という意味で、クマとは無関係。あっちは「bear」である。
ゲーム中のボイスは『ベア・ナックル』シリーズの音響も務めている古代祐三氏が担当。

元警官の青年(後述の3では復職している)。金髪に青いバンダナ、白いシャツにジーンズシンプルなデザインの主人公
誠実で悪を憎む性格の持ち主で、趣味はビデオゲーム
『1』ではシンジケートに占拠された街を救うため立ち上がり、『2』では復活したシンジケートに誘拐された仲間のアダムを救うために戦い、
『3』では警察官として魔の原子・ラクシンに関わるうちにまたしても復活したシンジケートと戦っている。
マーシャルアーツの使い手で、シリーズを通してバランス型で扱いやすいキャラという位置づけになっている。
ただし、ジャンプ力が低く全体的にリーチが短い欠点も存在する。
さすがにシリーズの顔ということだけあってか紅一点の柔術家「ブレイズ・フィールディング」ともどもシリーズ皆勤である。

『ベア・ナックル』では元同僚の警官に援護を要請して ナパーム弾や砲弾の雨で敵をなぎ倒す スペシャル攻撃が存在したが、
さすがに荒唐無稽すぎると思ったのか『ベア・ナックル2』からはシステムが変更された。 屋内では使えなくて不便だったし
『ベア・ナックル2』から使用可能になった技グランドアッパーはとても強力。
いわゆるダッシュ攻撃だが、超強判定・大ダメージ・リーチ有り・対地対空両用・隙ほぼ無しという性能。
ベルトスクロールが苦手なプレイヤーでもこの技をうまく活用すればゲームを有利に進められる。
というか、ぶっちゃけ これだけでもクリア可能。
流石に開発側が強すぎると判断したのか『3』では弱体化してしまったものの、ダッシュ攻撃の成長という新要素が追加されたことで
グランドアッパーのバリエーションが増えている。また、何故か刀を使用した特殊技を使用できるようになった。
マーシャルアーツと日本刀に一体何の関わりがあるのかはわしにもわからん……。
何?マーシャルアーツとはすなわち武術なんだから日本の武術の技が使えてもおかしくはないって?

余談になるが、『ベア・ナックル3』ではアクセルの姿を模したアンドロイド兵器「ブレイク」と対決するシーンが存在する。
アクセルの反対だからブレーキとか超安直!

2015年に発売された『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』にセガ枠で参戦。
ワルキューレの冒険』や『キャプテンコマンドー』といったレトロゲーム枠が参戦しているためか。
今回のCVは杉田智和。なくはなかったー!このキャスティングは初代声優の古代祐三氏による指名である。
時系列的にはシンジゲートを壊滅させた後であり、知り合いの春麗S.I.Nを追っていた模様。
掛け合いや会話ではやたらとコーディーを意識した内容が多い。格ゲー勢とも結構絡む。
ソロユニットの性能としては何といっても攻撃力を大幅に上げるスキルの存在だろう。XPを増やすスキルも持つため、ボス戦アタッカーとしては優秀。

リュウ「さすが刑事だな、アクセル。これなら、どの街に行っても通用するぞ」
ケンメトロシティの市長を紹介しようか?あそこは大変だからな…」
アクセル「誰だろうと!俺がぶっ潰してやるぜ!
掛け合い集


MUGENにおけるアクセル・ストーン

+ Buckus氏製作
+ Splode氏製作

出場大会

  • 「[大会] [アクセル・ストーン]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル