タブンネ

「タブンネ~」

ブラック
みみの しょっかくで あいてに ふれると しんぞうの おとで たいちょうや きもちが わかるのだ。

ホワイト
けたはずれの ちょうりょくを もつ。かすかなおとで まわりの ようすを レーダーのように キャッチする。

分類:ヒヤリングポケモン
タイプ:ノーマル
高さ:1.1m
重さ:31.0kg
特性:いやしのこころ(ダブルバトル・トリプルバトル限定で、自分以外の味方の状態異常を治すことがある)
   さいせいりょく(交代した時、HPを1/3回復する)
   ぶきよう(持っているアイテムを使えなくなる/ポケモンドリームワールド限定特性(未解禁))

任天堂の育成RPG「ポケットモンスター」に登場するポケモン。初出は第5世代『ブラック・ホワイト』。
ピンクと肌色を基調とする体を持ったかわいらしいポケモン。
大きく特徴的な耳を持ち、桁外れの聴力を備える。かすかな音でまわりの様子をレーダーのようにキャッチするという。
耳の触覚で相手に触れると、心臓の音で体調や気持ちも分かる。
ちなみに海外名は「Audino」。


性能

種族値

HP: 103
攻撃: 60
防御: 86
特攻: 60
特防: 86
素早: 50

ダブル・トリプルバトル用の技を多く覚えるサポート役。
「いやしのはどう」による体力回復や、特性を強制的にに変える「なかまづくり」「シンプルビーム」などはサポート技として重宝する。
反面、攻撃技の火力は皆無であると言わざるを得ず、高威力で機能するのは反動も大きい「すてみタックル」ぐらいしかない。
わざマシン等をうまく使わないと戦わせるのは少々無理がある性能。 多分ね
生かすとしたらダブルバトルにて特性:いやしのこころによる状態異常回復、いやしのはどうによるHP回復や、
シンプルビームを使い、味方の特性を「たんじゅん:能力変動の幅が2倍になる」に変える事で、
かげぶんしんやのろい等の積み技の効果を倍加させたり、マイナス特性が足を引っ張るポケモンの特性を打ち消し、
1ターンおきにしか働かないケッキングや5ターン目まで本気が出せないレジギガス。HPが減ると攻撃力がガタ落ちするアーケオスのサポートに向いている。 多分ね
標準以上の耐久力と特性のさいせいりょくをフルに活かせると非常に長持ちするため、使い回せるサポート役としてシングルでもお呼びがかかる事がある。
多分ね

+ これだけだと普通のサポート向けポケモンだが……

+ アニメでの扱い

+ そしてORASでは


MUGENにおけるタブンネ

全自動氏による手描きのタブンネが公開されている。
正面へのダッシュが出来ないが、技の数が多彩で近距離から遠距離まで幅広く戦える。
自分だけでなくタッグ時の味方の体力を回復する技も持つので、味方のサポートも行える。
まさに、オールマイティなキャラクターと言えよう。多分ね。
コンボも簡単に出来るので慣れれば思い通りに操作する事が出来るようになるだろう。多分ね。
攻撃力は最初は低めだが、挑発の「ふるいたてる」により最大6段階まで強化できる。
ただ、技の中には自分自身も反動でダメージを受けてしまうものがある点に注意(ただし反動で自分が倒れる事は無い)。


出だしの一瞬で全身が大きな攻撃判定に包まれるので切り返しや対空に使える「ワイルドボルト」
画面端まで届き威力もそこそこの飛び道具「だいもんじ」
この2つの必殺技はゲージを0.5消費するもののタブンネの技の中でもかなり優秀である。
さらにこれらの技は「弱>中>強>すてみタックル>弱>ワイルドボルト」など、コンボに入れる事が可能。
どちらも相手をダウンさせる効果があるのでダウンした隙に「ふるいたてる」を使って火力アップをはかりたい。

最大の特徴は、バトル開始時に「もちもの」を選べる事。
もちものの選び方によって、戦い方も性能も大きく変わってくるので、重要な選択になる。
「なし」にする事も可能だが、キャラの性能だけで使う場合以外はメリットが無いので、何かしらのアイテムは持たせたい。
なお、消費アイテムはラウンドごとに補充する。

+ アイテム一覧

ちなみに、このタブンネはトウコ *1 のポケモンという設定のようで、超必殺技の時には彼女のカットインが入る。

デフォルトのAIは搭載されてない。mugenファイルアップローダに作者不明のAIがあげられていたが、アップローダー運営業者廃業により入手不可。

また、更新で動画での使用に条件が追加された。
以下の要素を含む動画では使用禁止である(readmeより抜粋)。
  • 虐待&フルボッコ要素(例:AI無しvsAIあり,狂ランク以上とされるキャラクターとの対戦,サンドバッグ目的での対戦)
  • それを楽しむようにコメントを誘導する内容
「これらの要素を含んでいる動画は投稿時期に関係なく削除してください」とのこと。
ルールを守って楽しく遊べるようにしよう。

出場大会