モニターサイボーグ

[サーチ中です…

   メモリーに記録しました]

1994年に公開されたアニメ映画『ストリートファイターII MOVIE』に登場するシャドルー製の量産型サイボーグ。
(タイトルがややこしいが、ハリウッドの実写映画とは全くの別物)
翌年発売のアドベンチャーゲーム『ストリートファイターII ムービー』ではなんと 主人公 になっている。
ゲーム中の格闘パートでの名前表記は単に「Cyborg」。

プロフィール

シャドルーが開発した、成人男性を模した量産型二足歩行ロボット。
優れた格闘能力を持つ素体を見つけるためのスパイロボットであり、映像から能力を分析する能力を持つ。
世界中の色々な場所に潜り込み、シャドルー本部に映像やデータを送信している。

ゲームに登場するものは、さらに戦闘能力を身に付けさせた新型のバトルサイボーグで、
最終的に伝説の格闘家リュウを倒すのが目的。

シャドルーが開発した量産型兵器であることや、技をコピーするという共通点から、
『月刊アルカディア』No.135では『ストIV』のセスの元ネタではないかと言われていた。
GUILTY GEAR』シリーズのロボカイファクトリーモードのロボカイMk-IIとも似ている。

その後、「シャドルー格闘家研究所」で設定が追加された。

身長:215cm
体重:200kg
血液型:無し
製造年月日:不明
出身国:シャドルー
好きな物:情報収集
嫌いな物:水

また、モニターサイボーグのページでは「我々の持つ技術力の結晶!」とか「ハイテク」とか言われる反面、
「すっかりシャドルー兵であることを忘れていました」とか言われたり「(シャドルー研究員の)深夜残業と休日出勤から生まれた」とか言われたりしている。

ゲーム版におけるモニターサイボーグ

『ストIIムービー』は、アニメ映画を元にした、サイボーグを育てる育成シミュレーションのようなゲーム。
ただし、格闘パートのみ『スパIIX』形式で実際に格ゲーで戦える。
+ 当時のCM(YouTube)

ゲームの流れは、サイボーグが各地に派遣され、映像(アニメ映画の一部)から「サーチ」を行なって能力を得るというもの。
サイボーグには必殺技・守備・スピード・投げ技・パンチ・キックという6つのステータスが設定されており、
ゲーム中にサーチを行うことでこれらの能力を向上させていく。
例えば、パンチを繰り出しているシーンで拳にカーソルを合わせてサーチするとパンチの能力が上がる、など。
ただし、1ステージ中でサーチできる回数には上限があり、残り回数が0になるとそのステージ内ではそれ以上記録できなくなる。
当然「サーチ失敗」することもあり、タイミングがシビアな箇所も多いため、思ったように能力を上げられないことも多い。
+ 実際のプレイはこんな感じ(YouTube)

+ エンディングネタバレ

格闘ゲームパートにおける性能

原作の格闘ゲームパートでは、洗脳したケンの能力をそのままコピーしたものになっており、
技構成は『スパIIX』のケンそのままとなっている。残念ながらサーチしまくってもケン以外の技は使えない。
さらにサーチ無しの初期状態では非常に弱く、攻撃力・防御力・スピードどれもが低いダメキャラ。
ストーリーモードで能力を吸収しまくらないとまともに戦えない性能となっている。
このため、サーチが不十分だとラスボスのリュウに勝つのは非常に難しい。
(上記のエンディングの分岐条件からすると、むしろ負ける展開の方をメインとして想定しているのかもしれない)

対戦モード「模擬戦モード」では、育てたサイボーグを使って格ゲーで戦うことができる。
CPUリュウのホログラムと戦うモードと、サイボーグ同士の対人戦を行うモードが存在。
サイボーグの育成データは20桁のパスワードかメモリーカードから読み込む。
…しかし、対戦するためにいちいちDISC2への入れ替えを強いられ、さらに サイボーグだけしか使えない ため、
対戦ツールとしてはあまりオススメできない。ゲームのメインは映画なのでこちらはあくまでもオマケ要素か。


MUGENにおけるモニターサイボーグ

+ Zion氏製作 アレンジ仕様
+ Kamekaze氏製作 ShotoBorg Mk. II
+ Basara-kun氏製作 原作+アレンジ仕様
+ MASA@DAS氏製作 原作再現仕様

出場大会