葛西


「3分以内でお前はやられるって事だよ」

原作でのキャラクター

週刊少年ジャンプで掲載されたマンガ「ろくでなしBLUES」の登場人物。
主人公の前田太尊と、強敵 鬼塚と薬師寺に続く「東京」の4人目として登場した。
しかし本人は「最強は4人も要らない」と四天王という呼び方を嫌い、
登場して間もなく鬼塚と薬師寺に圧倒的な差を見せ付けて勝利。
さらに2人のあばら骨を折るという「儀式」を行い、これまでの誰よりも「強くて怖い奴」という強い印象を読者に与えた
(強くて怖いという点は鬼塚も同じだが、鬼塚はヤクザのような「絡まれる怖さ」なのに対し
 葛西は「戦ったら無事ではすまない」という類の怖さを放っていた)。

程なくして東京四天王の最後の1人、太尊との対決となるが、太尊の健闘も空しく葛西が圧勝。
しかし、ある人物に諭され、あばら折りの儀式は行われなかった。

雛見沢のマダオではないし、MUGENにも同名の制作者が居るがこのキャラが由来ではない。

+ その後の展開

MUGENにおける葛西

  • humi氏作
SFCソフト「ろくでなしBLUES 対決!東京四天王」のグラフィックを用いたキャラ。
誰が見ても明らかな狂キャラである。
暗転中に攻撃するストライカーや、判定の持続が長く高威力な投げを持つが
何よりも防御性能が高く、常時アーマーとステート抜けを展開しており、しかも
受けたダメージは微弱ダメージに変換するので、とにかく硬い。
倒すには重い一撃よりヒット数の多い攻撃が有効だろう。
一方、攻撃性能は狂キャラにしては大人しく見えるが、見た目が地味なだけで
ゼットンを倒せるくらいの火力を有しており、 狂最上位~準神クラスの強さを持つ。
「何びびってんだよ!」

+ おまけ~ストライカーは誰?

出場大会