エルフ・ジーニー


「わかんない人ね。わざわざ負けにくるなんて!
 もしかしてあなた、あぶない趣味の人なの!?」

3Dキャラと2Dキャラが混在するプレイステーション初の格ゲー「ツインゴッデス」の敵キャラ。
カーミラの5人の手下の一人であり、最初にニーナシリンが戦うことになる相手。
「風の魔法を使う森の魔物」という設定のようだ。 今作唯一の萌えキャラである。

ちなみにこのキャラに限らず、敵キャラのアニメーションはアニメーターの福田道生氏が担当している。
CVは永島由子氏。

見た目はエルフというよりガングロになったフェアリーのような細いシルエットだが、
実は隙あらばコマンド投げ「ひっさつ脳天落し」を狙ってくる投げキャラである。
投げキャラにしてはワープ技や飛び道具も持っているため、ツインゴッデス勢の中では割と使いやすい方。

ゲームの難易度を上げると超反応でコマンド投げを使ってくるので、
下手するとシリンの飛び込み強攻撃を当てても脳天落としが確反になる。
この場合ひたすら相手の飛び込みやワープの隙を狩る待ちプレイが基本になってくる。


MUGENにおけるエルフ・ジーニー

masa00341氏が製作したエルフ・ジーニーが存在する。
原作は弱強魔法の3ボタン(+アイテムボタン)だが4ボタン仕様になっている。
また、原作ではゲージ技のヴィーゼルカッターをゲージ消費無しで出すことができる。
マジックガードは専用ゲージを利用して、飛び道具技のみダメージを無効にできる。
全体的により使いやすくなるようなアレンジ仕様である。
何気にブリスにも対応している。
最近、ちぃたま氏によってAIパッチが作成されたようだ。

+ 技表


出場大会




添付ファイル