マスター・バーンズ

「どこからでも、かかってきなさい!」

プロフィール

年齢 : 30歳
身長 : 203㎝
体重 : 162㎏
出身 : オランダ
好物 : チーズフォンデュ
趣味 : ドライブ(カーコレクション)

原作でのキャラクター

SNKのプロレスゲーム『ファイヤースープレックス』の登場人物。バーン家とかバーンシュタイン家とはおそらく関係ない。
同作品のラスボスだが、主人公と因縁があるとか悪の組織の総帥とか悪役プロレス団体の主宰という「悪の大物」ではなく
大会出場選手の中で一番強いから最後に戦うという「決勝戦の対戦相手」タイプの最終ボス。

かつてアムステルダムの暗黒街で用心棒をしていた経歴を持つ、闘うことが何よりも好きなパワーファイター。
ボンバーダーに負けない怪力で、豪快な技を放つ。
現在SWF第18代ヘビー級チャンピオンの座を6度防衛。人間とは思えない強さゆえに「無敵のサイボーグ戦士」と呼ばれ、
全レスラーから一目置かれている。
決め技は「ハイパーダイビングボム」。パワーボムをさらに強化した技で、多くのレスラーをKOしている。
現ヨーロッパチャンピオンのロイ・ウィルソンとは用心棒時代の仲間だった。

出身地や異名、風貌などから、モデルはディック・フライと思われる。

『ファイヤースープレックス』は普通のプロレスゲームであるため、
レスラーたちが掌にオーラをまとうとかパワーボムで爆発を起こすといった
格ゲーではおなじみの派手な演出がなく、登場人物の技はほとんど地味に見えるのだが
バーンズの「千斬蹴撃」は 百裂キック 高速の蹴り連打のため足に見えない部分があるという描かれ方で、
彼だけは別格という扱われ方が見て取れる。
一般的な格ゲーのレベルに達してるのがラスボスだけという印象にも取れてしまうのだが。
どおりで誰もKOFに呼ばれないわけでうわなにをするやめ


余談だが、初代『餓狼伝説』のボーナスステージは「試合の合間にゲーセンでアームレスリングを遊ぶ」という設定で、
ボタン連打の腕相撲勝負を行うのだが、このゲーム機に表示される対戦相手の顔の一つがバーンズによく似ている。
テリーがバーンズに会ったら驚くのではないだろうか。
なにしろ初代餓狼のアームレスリング(特に3回目のボーナスステージの奴)は要求される連打が異様に厳しく、
餓狼史上最強の敵はあのアームレスリングマシン と言われているのだ。
初代餓狼の時点ではバーンズの設定が存在したかどうかは分からないので、これだけで
「餓狼1の頃からプロレスで活躍していたバーンズが、作中のゲーム機に登場している」とは断定できないが…
あるいはハルク・ホーガンそっくりな顔のゲーム機もあるので、バーンズではなくディック・フライなのかもしれない…


MUGENにおけるマスター・バーンズ

マッスルボマー』のレスラーたちを全員製作した、ですからー氏によるものが存在。
セービング、我慢補正、11段階のAIなど、おなじみの仕様。

原作はプロレスゲームなのでガードモーションがなく、ガードっぽく見える画像で代用しているのだが
バーンズは 両手を背中の後ろに回して直立ポーズで相手の攻撃を迎え撃つ という実に漢らしいガードポーズ。
レスラーには自らの肉体で敵の攻撃を受け止めるというキャラもいるのだが、
ここまで来ると何か別のものを想像せざるを得ない。しゃがみガードは結構かっこいいのだが…


必殺技はキック連打の千斬蹴撃の他、当て身技のパワーボム、対空っぽいが無敵は無いラウンドハウスキックがある。
超必殺投げはハイパーダイビングボム
1ゲージ版はジャンピングパワーボム一発だが、レベルが上がるとその場でパワーボムを何度も決めてからジャンピングパワーボムに移行する。
叩き付けている間に「ハイパー」飛び上がったら「ダイビング」着弾時に「ボッ」の字幕が流れる日も遠くない。はず。
もうひとつの超必殺技は強烈な体当たり「クラッシュアウト」。
1ゲージでも突進力があり、飛び道具と投げに対して無敵なので遠くから飛び道具で押された時に頼りになる。
+ 大会ネタバレ

出場大会

プレイヤー操作