ロイ・ウィルソン

「俺様の怪力でお前をバラバラにしてやる!」

プロフィール

年齢 : 32歳
身長 : 198.1㎝
体重 : 133.7㎏
出身 : ドイツ
好物 : ローストビーフ
趣味 : 山登り

原作でのキャラクター

SNKのプロレスゲーム『ファイヤースープレックス』の登場人物。
ドイツの山奥できこりをしていた時にに出会い、格闘の末3分間で絞め殺してしまったという怪力男。
それ以前は用心棒をしていたという噂もあり、現マネージャーは、そんな彼をプロレス界に引き込んだ。
通称「熊殺しバーバリアン」、怒ると相手に噛み付く悪い癖がある。現在は、ヨーロッパチャンピオンだ。
決め技はサンダーボルト・バスター。ジャンピングパイルドライバーである。
現SWFチャンピオンのマスター・バーンズとは用心棒時代の仲間だった。

きこりをしていたところをスカウトされたというのはアンドレ・ザ・ジャイアント
熊を絞め殺したというのはトニー・ガレント、全体的な風貌はブルーザー・ブロディ
当時有名だった強豪レスラーの要素をいろいろと併せ持ったキャラクター。
これはSNKお得意のパク……超オマージュというわけではない。
マッスルボマーのキャラも多くはそうだし、実在のプロレスラーや格闘家をモデルにしたキャラが出てくるのは別に珍しい時代ではなかった。
熊殺しネタはターナー氏もやってるし。


MUGENにおけるロイ・ウィルソン

マッスルボマー』のレスラーたちを全員製作した、ですからー氏によるものが存在。
セービング、我慢補正、11段階のAIなど、おなじみの仕様。

今にも掴みかかろうという立ちポーズや噛み付き攻撃などのいかめしい印象の裏で
勝利ポーズやガードポーズなど突然コミカルな事をやってくれてギャップに驚かされるキャラクター。
同じ ブロディ バーバリアン系のレスラーキャラと並べると、
マーストリウスは堅実な戦いぶりで「外見とは裏腹に冷静沈着な頭脳派」という個性を確立しているし
某ミッシングIQすでに人類より猿に近いため「時々見せる愛嬌」というレベルを超越しており
先人たちとの住み分けは十分に出来るだろう。

必殺技は、飛びかかって噛み付きに行く「噛み付き攻撃」と、対空投げ「パワースラム」。
対空投げと言うと自分もジャンプする空対空か、斜め上に手を伸ばして掴みかかる地対空を想像するものだが
ロイのパワースラムはどう見ても外見上は地上の突進投げ
相手が地上にいると単に走っていくだけで、何故相手を捕まえる事が出来ないのか不思議に思うかもしれない。
そしてジャンプして襲いかかる噛み付き攻撃は空中の相手を掴めない。
見た目と属性が一致しない、奇襲攻撃で構成されたキャラクターと言える。

超必殺技は普通のコマンド投げ「サンダーボルト・バスター」と、強烈なラリアートを繰り出す「バーバリアン・ハンマー」。

+大会ネタバレ
MUGENプロレス チャンピオンシップバトル!2で、技巧派の強豪ミステリアス・ブドーと対決。
立ち回りでは終始ブドーに圧倒されるものの、押されていたために体力差や我慢補正などが完璧な状態で働いた結果
試合の終盤まで温存した3ゲージ版サンダーボルト・バスターで一撃で10割消し飛ばした。

おっさん投げのレオ・ブラッドレイ餓狼関係で悪名高いビッグ・ボンバーダーを除いて
いまいち知名度が高くないファイヤー・スープレックス勢の中で
強烈なパワーでMUGENプロレス愛好家たちに名を知らしめたと言えよう。
試合は3:55から

なお、この試合の視聴者から「ブドーの技巧を強力で破壊してやれーっ」「なにが技巧だ!」などの声援が飛んでいる。肉ネタ好き過ぎである。


出場大会

プレイヤー操作